予算3万円!自分でもできるコスパのいいDIYリフォーム特集

予算3万円!自分でもできるコスパのいいDIYリフォーム特集

予算3万円。DIYならどんなリフォームができるかパッと思い浮かびますか?

3万円あると案外いろんなリフォームができます。僕はこれまで貸家4軒、DIYでたくさんリフォームをしてきました。

その中でも低価格(高くても3万円程度)でできて、しかも見た目も格段に良くなるリフォームをご紹介します。

自分でやると低予算でできるコスパの良いDIYリフォーム

  • 低予算でできる(3万円以内)
  • 見た目の印象が大きく変わる

特に大家さん業をしている身からすれば、なるべく低予算で見栄えが良くなるリフォームをして、入居者さんに選んでもらう必要があります。

この記事で「こんなリフォームならこれくらいの予算でできるんだ」というイメージが付けば幸いです。

予算100円〜|電気スイッチ・コンセントカバーの交換

Before

交換前の古いコンセントカバー(プレート・パネル・蓋)

After

交換後の新しいコンセントカバー(プレート・パネル・蓋)

電気スイッチやコンセントプレート(カバー)の交換は、必ずやってほしいリフォームの1つです。

お部屋探しで賃貸物件の内覧に行くと、コンセントプレートを交換していない物件をよく見かけます。

経年劣化や油汚れで黄ばんでいたり、皮脂汚れで黒ずんでいたり。

スイッチって、電気を付けるときに必ず目にするところですよね。コンセントプレートの値段はわずか100円。交換しない方がもったいないくらいです。

以前「全部で何枚?一戸建の電気スイッチ・コンセントカバーを全交換したので数えてみた。」の記事で数えたことがあるのですが、一戸建の中にある全部のコンセントプレートを交換しても30枚程度。費用もたった3000円です。

作業もとても簡単でコスパ抜群のリフォームなので、ぜひ試してみてください。

  • カバー1枚100円〜
  • 交換作業はドライバー1本でOK!
コンセントカバー交換のアイキャッチ古い電気スイッチやコンセントのカバー(プレート)の交換方法 ー 外し方・取り付け方【DIYリフォーム】

 

予算6千円〜|カーポートの波板交換

Before

リフォーム前の駐車場の波板

After

波板交換後のカーポート

駐車場のカーポートの波板の屋根って日光で色あせて黄ばんでいたり、汚れで黒くなっていたり放置されていることが多いです。

リフォーム業者に交換をお願いすると値段が高そうなイメージがあるかもしれませんが、材料代の6000円あれば交換できちゃいます。

用意する材料は「波板」と「取り付けフック」だけ。必要な工具も電動ドリル一つあればOK。実際の作業も波板を重ねて穴をあけてフックを掛けていくという簡単な作業です。

波板が汚れている場合は、ぜひDIYで交換しましょう!

  • 材料代は6000円〜
  • 電動ドリルがあれば交換できます。
波板交換のアイキャッチ駐車場のカーポートやベランダの屋根の波板をDIYで交換・張り替えする方法

 

予算1万円〜|古いインターホンをテレビモニターホンに交換

Before

交換前の古いインターホン(屋外)

After

テレビモニターホン(カメラ)の取り付け完了

最近の住まいでは当たり前になってきたテレビモニターホン。

安いものだとホームセンターで1万円を切る値段で買えちゃいます。もちろん画面もカラーです。電気工事士の資格もいらない簡単な工事なので、初心者でも交換できます。

家の中にインターホンの受話器しかない家でも大丈夫。古い配線をそのまま流用してモニター付きのインターホンに変更できます。

カメラモニター付きになると、モニターで来客の様子を確認できるので利便性がとっても良くなります。(出たくない来客には居留守が使える!)

「古い家で、そもそも配線がないよ」という家でも大丈夫です!最近はワイヤレスのドアホンもあります。

DIYならかかる費用は材料代の1万円だけなので、インターホンにモニターがない人はぜひテレビモニターホンの取り付けにチャレンジしてみてください。

  • テレビモニターホン代は1万円〜
  • ドライバー1本とカッターナイフがあればOK!
テレビモニターホンの交換のアイキャッチインターホンをテレビモニターホン(ドアホン)にDIYで交換・取り付けする方法【後付でも簡単設置!】

 

予算1万円〜|浴室タイル床に床シート『ペディシート』を貼り付け

Before

リフォーム前のタイル張りの浴室

After

ペディシート貼り付け後の浴室

ペディシートって知っていますか?

ペディシートは昔ながらのタイル張りの浴室のリフォームに使える床シート材です。タイルの上から直接貼れるので古いタイル張りの浴室でも施工できます。

ロール巻のペディシート

ベージュ色のペディシート。ネットで購入するとロール巻で送られてきます。

冬場のタイル床は素足で触れるととても冷たいのですが、ペディシートを貼るとひんやり感が大幅に改善されます。

なにより見た目の印象が良くなるので、個人的にはいち押しのリフォームです。値段も施工面積1m2あたり1万円ほどです。

施工もクッションフロアの張替えのようにできるのでとても簡単!ぜひチャレンジしてみてください。

  • 材料代は1万円〜
  • 加工はハサミとカッターでできます
ペディシートの貼り付け浴室タイル床の上に貼れるペディシートをDIYで貼り付けリフォームする方法

 

予算1万5千円〜|レンジフード・換気扇の交換

Before

交換前のレンジフード

After

レンジフードの取り付け完了

レンジフードって高いイメージがあるのですが、実は1万円台で売っています。

壁にプロペラタイプの換気扇が直付けの場合でも、スペースがあればレンジフードに変更できます。施工は壁にネジ止めするだけなので、はじめての方でも取付可能。

古い中古戸建を買うとだいたい油汚れがひどくて目も当てられない状態になっています。自分で掃除して綺麗にしてもいいですが、1万円台で買えるなら交換した方が良いと思います。

おーき

物件1号ではレンジフードが安いとは知らず、古いレンジフードを頑張って掃除した上にペンキで塗装までしていました・・。

最近のものだとライトも標準装備なので、見た目も格段に良くなるおすすめのリフォームです。ぜひチャレンジしてみてください。

  • レンジフード代は1万5千円〜(換気扇付)
  • 電源があれば電気工事士の資格も不要!
レンジフード交換のアイキャッチレンジフードと換気扇を自分(DIY)で交換する方法 ー 取り付け編

 

予算2万5千円〜|フロアタイル(塩ビタイル)の貼り付け

Before

フロアタイルの施工前

After

フロアタイルの施工後

洋室の床のリフォームでは、フローリングは値段が高いし、かといって広い部屋にクッションフロアだとチープ感が出てしまいます。

そこでおすすめしたいのがフロアタイルです。

東リのフロアタイル(プリントタイル・塩ビタイル)ロイヤルウッド(PWT1108)の表面

東リのフロアタイル(塩ビタイル)です。

フロアタイルは塩ビ製の硬めの床材です。タイルを1枚ずつ敷き詰めるように接着剤で貼り付けてリフォームします。

6帖の部屋なら材料代だけで2万3000円ほど。施工には少し時間がかかりますが基本的にカッターナイフがあれば加工できます。

フローリングを張り替えるほどお金をかけたくないというときに、ぜひ挑戦してみてください。

  • 材料代は2万3千円〜(6帖の部屋)
  • 加工はハサミやカッターでできます
フローリング床にフロアタイル(塩ビタイル)を貼る方法|東リ ロイヤルウッド編【DIYリフォーム方法・費用のまとめ】

 

予算3万円〜|洗面化粧台の交換

Before

リフォーム前の洗面所

After

新しく取り付けた洗面化粧台

以前「DIYにおすすめ!8社50種類の中から選んだ3万円台で買える洗面化粧台5選!」の記事にまとめたのですが、洗面化粧台のラインナップを調べると高いものだと何十万円もしますが、実は安いものだと3万円程度で購入できます。

なので、中古物件を見に行ったときに洗面化粧台がボロボロでも「3万円あれば交換できる!」と知っていれば、全く問題ありません。

洗面台を交換すると見違えるほど綺麗な洗面所になるので、ぜひDIYで交換してみてください。

  • 洗面化粧台代は3万円〜
  • インパクトドライバーがあると作業が楽になります
洗面化粧台の取り付け意外と簡単!洗面化粧台(洗面台)をDIYで交換する方法|取り付け・設置編

 

まとめ|予算3万円でもたくさんのDIYリフォームができる!

DIYでリフォームすると材料代だけ考えれば良いので、低価格でいろんなリフォームができます。

どれも3万円以下でできるので、気になるリフォームがあればぜひ挑戦してみてください。

 

あわせて読みたい

今回の記事で紹介したリフォーム以外にも、DIY向けのリフォームをこちらのページで紹介しています。ぜひご覧ください。

貸家(一戸建)のDIYリフォーム!ビフォーアフター事例集貸家のDIYリフォーム!ビフォーアフター特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)