ギフト券チャージで1000円もらおう

買う前に知っておきたい2つの電動ドライバー「インパクトドライバー」と「ドリルドライバー」の違い

2つの電動ドライバー「インパクトドライバー」と「ドリルドライバー」の違い

この記事では、はじめて電動ドライバーを買う方に向けて、2種類ある「インパクトドライバー」「ドリルドライバー」の違いをまとめました。

マキタ10.8VインパクトドライバーTD090D
マキタ10.8VドリルドライバーHP330D
  • インパクトドライバー:回転+打撃で力強いトルク(ネジ締め力)
  • ドリルドライバー:用途に合わせた設定(回転速度・トルク・クラッチ等)が可能

インパクトドライバー、ドリルドライバーのどちらもあると便利な工具ですが、用途によって向き不向きがあります。

この記事では、下の2つの電動ドライバーを例にどんな違いがあるか詳しく解説していきます。

  1. マキタ10.8VインパクトドライバーTD090D
  2. マキタ10.8V震動ドリルドライバーHP330D

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いはなに?

回転方向の打撃があるどうか

インパクトドライバーは回転+打撃でネジ締め
インパクトドライバー:回転+打撃
ドリルドライバーは回転のみでネジ締め
ドリルドライバー:回転のみ

インパクトドライバーとドリルドライバーはどちらでもネジ締めや穴あけはできます。しかし、一番の大きな違いは、インパクトドライバーは回転とともに打撃が入ることです。

回転方向に打撃が入ると、力強いトルク(締め付け力)が発生します。

注意
マキタHP330Dには「震動ドリルモード」がありますが、この振動はコンクリートなどの穴あけ用に軸方向に振動するのでトルクは強くなりません。

下の動画は、インパクトドライバーでのネジ締めとドリルドライバーのネジ締めの様子です。

インパクトドライバーでのネジ締め

ドリルドライバーでのネジ締め

どちらも木材に下穴なしでネジ締めできますが、インパクトドライバーの方が容易にねじ込みできます。

一方、ドリルドライバーにはインパクトドライバーにはない3つの機能があります。

  1. クラッチ機構
  2. トルクの設定
  3. 回転速度の設定

それぞれどんな機能なのか見ていきましょう。

クラッチ機能があるかどうか

インパクトドライバーにはクラッチ機能がない
インパクトドライバー:クラッチ機能なし
ドリルドライバーにはクラッチ機能がある
ドリルドライバー:クラッチ機能あり

ドリルドライバーには、モードの設定で「ネジ締めモード」があります。一方インパクトドライバーにはありません。

ドリルドライバーの「ネジ締めモード」でネジ締めすると、クラッチが働いて指定したトルク以上になると回転しないようになります。

下の動画は、ドリルドライバーの「ネジ締めモード」でネジ締めしている様子です。

ネジ締めの最後のところで、いくら引き金を引いてもクラッチが働いて回転しない様子が分かります。

ネジ締めモードでネジ締めしている様子
ネジ締め途中
ネジ締めモードのクラッチが働く様子
クラッチが働いてネジ込まない

ドリルドライバーの「ネジ締めモード」では設定したトルクでネジ締めできるので、同じ材料・同じネジを何度もネジ締めするときに、木材を傷めずに簡単にネジ締めできます。

注意
トルク設定は、材料やネジ径、ネジの長さによって変える必要があります。

では、トルク設定を変えるとどうなるか、詳しく見ていきましょう。

トルクの設定ができるかどうか

インパクトドライバーはトルク設定できない
インパクトドライバー:トルク設定不可
ドリルドライバーはトルク設定できる
ドリルドライバー:トルク設定可能

ドリルドライバーには、トルク設定用の回転リングがあります。この機能もインパクトドライバーにはありません。

トルクの設定を大きくすると、より大きなトルクがかかるようになります。

MEMO
最大トルクはインパクトドライバーの方が大きいです。

下の動画は、ドリルドライバーのトルク設定値(1〜18)を変更して、「ネジ締めモード(クラッチ付)」でネジ締めしている様子です。

トルクの設定を変えてネジ締めした様子
トルク設定値によるネジ締めの違い
木材へのネジ締めの最適なトルク値
トルク設定値によるネジ締めの違い(拡大写真)

左から順にトルク設定値を1・2・4・6・8・10・12・14・16・18と変えていきました。

この木材の場合、10に設定すると木材とネジがぴったりになるネジ締めができました。一方、16や18にするとネジ込みすぎて木材に埋もれてしまいました。

このようにドリルドライバーでは、トルクの設定をすることで必要以上にネジ込まないようにできます。一方、インパクトドライバーでは引き金を使って手動で調整しなければいけません。

回転速度の設定ができるかどうか

インパクトドライバーは回転速度の切り替えができない
インパクトドライバー:回転速度の切替不可
ドリルドライバーは回転速度の切り替えができる
ドリルドライバー:回転速度の切替可能

インパクトドライバー・ドリルドライバーの両方とも、引き金の引き具合に応じて回転速度を調整できます。

ドリルドライバーでは更に「回転速度切り替えスイッチ」によって、低速・高速の切り替えが可能です。

高速モードの回転

低速モードの回転

ドリルドライバーでは、鉄などの穴あけには高速回転にするなどの用途に合わせた設定ができます。

先端工具の固定方法の違い

インパクトドライバーのドリルチャック
インパクトドライバー:スリーブで先端工具を固定
ドリルドライバーのドリルチャック
ドリルドライバー:3つの爪で先端工具を固定

先端工具(ドリルや+ビットなど)を取り付ける部分のことをドリルチャックといいます。

インパクトドライバーのドリルチャックは、六角軸のみに対応。ドリルドライバーは丸軸・六角軸の両方に対応しています。

インパクトドライバーのドリルチャックはワンタッチで取り付けられます。

インパクトドライバーの先端工具の取り付け1

インパクトドライバーの先端工具の取り付け2

インパクトドライバーの先端工具の取り付け3

  • 六角軸の先端工具のみ対応
  • 先端工具はワンタッチで取付可能

一方、ドリルドライバーのドリルチャックは3つの爪で固定するタイプ。ドリルチャックをクルクル回してドリルやビットを固定します。

ドリルドライバーの先端工具の取り付け1

ドリルドライバーの先端工具の取り付け2

ドリルドライバーの先端工具の取り付け3

  • 六角軸・丸軸の先端工具に対応
  • いろんな径(太さ)の先端工具に対応
  • ドリルチャックを回転して取り付け・取り外し

このように、インパクトドライバーとドリルドライバーでは先端工具の取り付け方法が違います。

 

インパクトドライバーとドリルドライバーはどんなときに使うの?

インパクトドライバーの主な用途

マキタ10.8VインパクトドライバーTD090D

インパクトドライバーは力強いトルクが特徴。

インパクトドライバーの得意分野

  • 長いネジ・太いネジのネジ締め
  • 硬い素材へのネジ締め
  • 大きなボルトやナットの締め付け
  • 木材への穴あけ

インパクトドライバーの苦手分野

  • タイルなど壊れやすい素材の穴あけ

インパクトドライバーは、回転+打撃による力強いトルクが特徴です。一方、打撃があるので割れやすい素材に対しては使わないほうが無難です。

ドリルドライバーの主な用途

マキタ10.8VドリルドライバーHP330D

ドリルドライバーは、用途に合わせた設定(回転速度・トルク・クラッチ等)ができることが特徴。

ドリルドライバーの得意分野

  • 短いネジ・細いネジのネジ締め
  • 木材・鉄・壊れやすい素材(タイル等)への穴あけ

ドリルドライバーの苦手分野

  • 大きなトルクが必要なネジ締め(硬い素材、太いネジ・ボルト等)

ドリルドライバーの特徴は、用途に合わせた設定(回転速度・トルク・クラッチ等)ができることです。

インパクトドライバーのように打撃がないので、タイルなどの穴あけにも適しています。

ドリルドライバーを使ってタイルに穴をあける方法はこちらの記事で詳しく解説しているので、興味のある方はご覧ください。

電動ドリルを使ってひび割れせずにDIYでタイルに穴あけ加工する方法電動ドリルでひび割れせずにタイルに穴あけする方法|下穴不要で簡単DIY!

 

まとめ|インパクトドライバーとドリルドライバーの違いは「力強いトルク」か「用途に合わせたネジ締めや穴あけ」

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いは

  • インパクトドライバー:回転+打撃で力強いトルク(ネジ締め力)
  • ドリルドライバー:用途に合わせた設定(回転速度・トルク・クラッチ等)が可能

どちらも一長一短。

はじめて電動ドライバーを買うなら、僕はインパクトドライバーをおすすめします。

こちらの記事に、今回の記事の解説でも使用したマキタ10.8VインパクトドライバーTD090Dを詳しくレビューしています。よかったら覗いてみてくださいね。

マキタの10.8VインパクトドライバーTD090DのレビューDIY初心者におすすめ!マキタ10.8Vインパクトドライバー「TD090D」レビュー・評価

マキタ10.8VインパクトドライバーTD090Dは初心者向けで扱いやすいモデルなので、はじめて電動ドライバーを買う方にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)