ギフト券チャージで1000円もらおう

ネジ締めからコンクリートブロックの穴あけまで!DIY初心者におすすめのマキタ10.8V電動ドライバドリル「HP330D」レビュー・評価

マキタの10.8V震動ドリルドライバHP330D

この記事では、マキタの10.8V震動ドライバドリル「HP330D」をレビューしました。

DIYしていると、木材へのネジ締めや穴あけ、タイルやブロック塀の穴あけなど、色んな場面が出てきます。

そんなときに役に立ってくれるのがマキタの10.8V震動ドライバドリル「HP330D」です。

HP330Dのモードの切替
  1. ネジ締めモード
  2. ドリルモード
  3. 震動ドリルモード

HP330D」には3つのモードがあるので、木材への加工だけでなく硬い素材のコンクリートブロックの穴あけまでできる便利な電動ドライバーです。

電動ドライバー選びで悩んでいるなら、ぜひ「震動ドリルモード」付きの電動ドライバー「HP330D」を選んでください。色んな場面に幅広く使えるのでDIY初心者の方におすすめですよ。

マキタの10.8V震動ドライバドリル「HP330D」ってどんなもの?

外観・内容物

マキタの10.8V震動ドライバドリルHP330D
マキタの10.8V震動ドライバドリルHP330D
取り外せるバッテリー
取り外せるバッテリー

マキタの「HP330D」は10.8Vシリーズの電動ドライバー(ドリル)です。10.8Vのバッテリーは取り外して、同じシリーズの工具に流用できます。

  1. ネジ締めモード
  2. ドリルモード
  3. 震動ドリルモード

の3つのモードがあるのが特徴で、木材のネジ締めや穴あけだけでなくブロック塀にも穴あけできます

HP330D」にはラインナップ(セット)が2つあります。

HP330Dの商品ラインナップ

主な違いは本体以外の付属品の有無だけで、電動ドライバドリル本体は同じです。

  1. 本体のみ
    10.8Vバッテリーを持っている人向け。
  2. フルセット
    ドライバー本体、バッテリー2本、充電器、ビットの必要なものが揃ったフルセット。

はじめて電動ドライバーを買う方はフルセット「HP330DWX」がおすすめです。

おーき

僕は10.8Vバッテリー・充電器を持っているのに、間違ってフルセットを買ってしまいました。。

幸か不幸かフルセットを購入して付属品がすべて揃っているので、詳しく紹介していきます。

HP330Dのセット内容物
HP330Dの内容物
震動ドライバドリル
ドライバドリル本体
+ビット6-25
+ビット 6-25
10.8Vバッテリー
10.8Vバッテリー(2本)
10.8V専用充電器
10.8V専用充電器
ホルスター
ホルスター
小物ケース
小物ケース
ハードケース(外箱)
ハードケース(外箱)
取扱説明書
取扱説明書

HP330DWX」には

  1. 電動ドライバドリル本体
  2. +ビット
  3. 10.8Vバッテリー✕2本
  4. 10.8V専用充電器
  5. 小物ケース
  6. 取扱説明書
  7. ハードケース

が入っています。

はじめて電動ドライバーを買おうと思っている方は、必要なものがすべて入っているフルセットの「HP330DWX」がおすすめです。

他の工具で10.8Vバッテリーを持っている方は、本体のみの「HP330DZ」で良いと思います。

重さ・サイズ

HP330Dの重さ
重さは1kg程度
HP330Dのサイズ
コンパクトサイズ

HP330D」はバッテリーを取り付けた状態で1kg程度と軽量です。

バッテリーを含めてもコンパクトとなるように、グリップ内部にバッテリーが入り込む構造になっています。

HP330Dのバッテリー収納部
グリップの内部はバッテリースペースのために空洞になっています。

基本機能・使い方

HP330Dの機能(横から見た図)
HP330Dの機能(上から見た図)

HP330D」に付いている機能は次の通りです。

  1. 穴あけ・ネジ締め
  2. ドリルチャックによるビットの固定
  3. LEDライトの点灯
  4. 回転速度の切り替え
  5. トルクの設定
  6. モードの切り替え

メインとなる穴あけ・ネジ締め機能だけでなく、いろんな穴あけやネジ締めに対応できるように細かな調整ができるようになっています。

①穴あけ・ネジ締め|メイン機能

HP330Dでネジ締めしている様子
ネジ締めしている様子
HP330Dで穴あけしている様子
穴あけしている様子

引き金のスイッチ(トリガー)を引くと、ビットの部分が回転します。

無段階変速なので引き金を引く量に応じて回転速度を自由に調整できます。後で説明する3つのモードを使い分けて、木材のネジ締め・穴あけからコンクリートの穴あけまで幅広く使用できます。

②ドリルチャックによるビットの固定|丸軸・六角軸

HP330Dのドリルチャック
HP330Dのドリルチャックと3つの爪

HP330D」は3つの爪でビットやドリルを固定します。

3点で固定できるので

  • 丸軸
  • 六角軸

のドリルやビットどちらでも取り付けられます。

+ビットを固定した様子
六角軸の+ビットを固定した様子
丸軸のドリルを固定した様子
丸軸のドリルを固定した様子
細いドリルでも取り付けられる
こんな細いドリルでも取り付けられる

ドリルチャックは自由に調節できるので、六角・丸軸もそうですが、太い・細いも関係なく取り付けられるのが特徴です。

MEMO
ドリルチャック能力:0.8mm〜10mmの径のドリル・ビットに対応

③LEDライトの点灯

HP330DのLEDライト
引き金を引くとLEDライトが点灯する

HP330D」には、ドリル部分の少し下にLEDライトが付いています。

引き金を引くと、LEDライトが点灯するようになっており、暗くて狭いスペースなどでの作業を助けてくれます。

実際にどんな感じに光るかというと、こんな感じ↓

LEDライト点灯前
LEDライト点灯前
LEDライト点灯後
LEDライト点灯後

おーき

棚の中のネジ止めなど照明の届かない場所で、意外と役立ってくれます。

④回転速度の切り替え|高速・低速

回転速度の切り替え
HP330Dの回転速度の切替

回転速度は一番上の回転速度切り替えレバーで、高速・低速のどちらかに切り替えられます。

  • 高速:0 ~ 1500回転/分
  • 低速:0 ~ 400回転/分

高速回転の様子はこちら↓

低速回転の様子はこちら↓

MEMO
引き金をわずかに引いた最低回転速度も、低速モードの方が遅いです。(動画の一番最初の方)

⑤トルクの設定|18段階

HP330Dのトルク調整リング
HP330Dのトルクの設定

トルク(締め付け力)は、トルク調整リングの数字で調整できます。1にするとトルクは小さくなり、18にすると一番大きなトルクが掛けられるようになります。

下の図は、トルクの設定(1~18)を変えてネジ締めした様子です。

トルクの設定を変えてネジ締めした様子
トルク設定値:左から1, 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18
木材へのネジ締めの最適なトルク値
10以上にするとネジが木材にめり込む

ネジ締めモードのクラッチによって、指定以上のトルクがかからなくなり途中でネジ締めが止まっています。

この場合だと「10」がちょうどよいトルクの設定値だということがわかりますね。逆に12以上にすると、木材にめり込んでしまいます。

このように、トルク調整リングでトルクの上限を設定できます

⑥モードの切り替え|ネジ締めモード・ドリルモード・震動ドリルモード

HP330Dのモード切替リング
HP330Dのモードの切替

HP330D」の一番の特徴が3つのモードです。

  1. ネジ締めモード
  2. ドリルモード
  3. 震動ドリルモード

何が違うの?という疑問に簡単に答えると

モード動作用途
①ネジ締めモード回転+クラッチネジ止めなどトルクを制限したいとき
②ドリルモード回転のみ木材などの穴あけ
③震動ドリルモード回転+震動コンクリートなど硬い素材への穴あけ
MEMO
クラッチとは、設定したトルクに達したらそれ以上トルクかからなくなる機能のことです。
HP330Dでネジ締めしている様子
木材へのネジ止め
HP330Dで穴あけしている様子
木材の穴あけ
HP330Dでセメントブロックに穴あけしている様子
コンクリートブロックの穴あけ

HP330D」は3つのモードを使い分けることで、木材のネジ締めや穴あけだけでなくコンクリートでも穴あけできるので、インターホンの取り付けなどでブロック塀に穴あけしたいときにも便利です。

充電時間・使用可能時間

マキタのバッテリーを充電中

充電完了はランプでお知らせ

充電方法はとても簡単。

専用充電器を電源コンセントに繋ぎ、バッテリーを差し込むだけ。充電時間は約50分です。

充電完了はランプの色で分かるようになっています。

使用可能時間は、メーカーホームページにネジ締め・穴あけできる数が記載されているので、載せておきます。

ネジ締め・穴あけの種類施工可能数
木材へのネジ締め
Φ3.5mm✕板厚22mm
約350本
木材へのネジ締め
Φ4.1mm✕板厚38mm
約130本
木材への穴あけ
Φ9mm✕板厚25mm
約190個
鋼板への穴あけ
Φ3mm✕板厚1.8mm
約250個
モルタルへの穴あけ
Φ8mm✕深さ30mm
約15個
レンガへの穴あけ
Φ6.5mm✕深さ30mm
約35個

(出典:マキタホームページ

 

マキタの10.8V震動ドライバドリル「HP330D」の実際の使用感は?

「ネジ締めモード」で木材にネジ止め

ネジ締めモードは「回転+クラッチ」。クラッチ機能によって、設定したトルク以上かからないようにできます。

下の動画は、トルクの設定10にしてネジ締めモードで木材にねじ締めした時の動画です。

動画の最後の方では、いくら引き金を引いても回転せず、空回りのようになっている様子がわかります。

「ネジ締めモード」は、あらかじめ設定したトルク以上かからないように締め過ぎを防いでくれる便利な機能です。

「ドリルモード」で木材に穴あけ

ドリルモードは「回転」のみ。木材やキッチンパネルなど穴あけしたいときに使用します。

下の動画は、木材をドリルで穴あけしている様子です。

「ドリルモード」では、「震動ドリルモード」のような振動がないのでタイルなどのデリケートな素材の穴あけに適しています

「震動ドリルモード」でコンクリートやレンガに穴あけ

最後の震動ドリルモードは「回転+震動」。

ドリルモードに震動が入ることで、硬いコンクリートなどの素材でも穴あけしやすくなっています。

下の動画は、セメントブロック(コンクリートブロック)に震動モードで穴あけしている様子です。

コンクリートブロックに穴あけできるので、ブロック塀などにモノを取り付けたいときに便利です。

注意
インパクトドライバーの衝撃とは異なり、上下方向(軸方向)に振動して穴あけアシストしてくれます。トルクが強まるわけではありません。

 

マキタの10.8V震動ドライバドリル「HP330D」レビュー・評価まとめ

今回レビューした「HP330D」の一番の特徴は次の3つのモードです。

  1. ネジ締めモード(回転+クラッチ)
  2. ドリルモード(回転のみ)
  3. 震動ドリルモード(回転+振動)

3つのモードがあるので、木材のネジ締めや穴あけだけでなくコンクリートブロックやレンガの穴あけまで幅広く使えます。

DIYをしているとインターホンの取り付けなどでブロック塀に穴あけしたい時があるので、この電動ドライバー1本あると便利ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)