ギフト券チャージで1000円もらおう

マキタ10.8Vインパクトドライバー『TD090D』レビュー・評価|DIY初心者におすすめの使いやすいコンパクトモデル

マキタの10.8VインパクトドライバーTD090Dのレビュー

この記事では、僕がDIYで使っているマキタの10.8Vインパクトドライバー「TD090D」をレビューしました。

DIYリフォームするなら持っておきたいインパクトドライバー。その中でも比較的コンパクトで安価な初心者向けのモデルが「TD090D」です。

マキタのインパクトドライバーTD090D
軽くてコンパクトな初心者向けのマキタ10.8VインパクトドライバーTD090D

コンパクトながらDIYリフォームする分にはパワーは十分。初心者の人がはじめて買うインパクトドライバーにおすすめの一品です。

おーき
おーき

5年ほど前にはじめて購入して以来、ずっと愛用しています。

マキタの10.8Vインパクトドライバー「TD090D」ってどんなもの?

外観・内容物

マキタのインパクトドライバー「TD090D」
マキタ10.8VインパクトドライバーTD090D
取り外せるバッテリー
取り外せるバッテリー

マキタの「TD090D」は、ネジ締め時にガンガンガンと打撃が入る10.8Vシリーズのインパクトドライバーです。とにかくトルクが強いので、木材には下穴なしで簡単にネジ止めできます。

バッテリーが取り外せるコードレスタイプ。取り外したバッテリーはマキタ製の電動ドライバーなどと流用できます。

TD090D」には3つのラインナップ(セット)があります。

マキタのインパクトドライバーTD090Dのラインナップ

主な違いはバッテリー本数で、インパクトドライバー本体はどのセットでも同じです。

  1. 本体のみ
    他の工具などで10.8Vのバッテリーをすでに持っている人向け。
  2. 基本セット
    バッテリー、ビット、充電器が付いた基本セット。
  3. バッテリー2本セット
    予備バッテリーが必要な人向け。腰につけられるケース(ホルスター)も付属。

僕が購入した②基本セット「TD090DWSPW」の内容物を詳しく見ていきましょう。

マキタのインパクトドライバーTD090DWSPWの内容物
TD090DWSPWの内容物
TD090D本体
インパクトドライバー本体
+ビット2-65
+ビット2-65(1本)
マキタの10.8Vバッテリー(充電池)
10.8Vバッテリー(1本)
10.8Vバッテリー専用充電器
10.8V専用充電器(1台)
TD090Dのケース
ソフトケース(外箱)
TD090Dの取扱説明書
取扱説明書

僕が購入した「TD090DWSPW」には

  1. インパクトドライバー本体
  2. +ビット
  3. 10.8Vバッテリー
  4. 10.8V用充電器

の使い始めに必要なものがすべて付属しているので、初心者の方がはじめてインパクトドライバーを購入するなら、このセットを買っておけば大丈夫です。

おーき
おーき

僕がこれまでリフォームで使ってきた中では、複数のバッテリが必要だとは感じませんでした。

重さ・サイズ

マキタのインパクトドライバー「TD090D」の重さ
重さは1kg以下
女性でも持ちやすいコンパクトサイズ
コンパクトサイズ

TD090D」の重さは、バッテリーを取り付けた状態でも1kg以下と軽量。バッテリーを含めてもコンパクトなサイズに抑えられているのが特徴です。

このコンパクトな理由の秘密は、インパクトドライバーのグリップの内部にあります。

TD090Dのグリップ内部に充電池が入る
TD090Dには、グリップ内部にバッテリー収納スペースがあります。
バッテリー装着方法の比較

一般的なインパクトドライバー(写真左)は、四角いバッテリーをグリップの下にスライド装着させるタイプが多いです。

一方、「TD090D」ではバッテリーの一部がグリップ内部に収納されるのでコンパクトな設計になっているんですね。

基本機能・使い方

TD090Dの基本機能(できること)

TD090D」は、サイズだけでなく機能もとてもシンプル。ネジ締めに必要な最低限の機能が備わっています。

  1. ネジ締め
  2. 回転方向の切り替え
  3. LEDライト
  4. スリーブによるビットの固定

①ネジ締め

TD090Dのネジ締めトリガー
引き金を引くとビットが回転
td090dでのネジ締めの様子
木材へのネジ締め

ネジ締め機能は言うまでもなくインパクト(衝撃)付き。

引き金を引くとビットがぐるぐる回転します。無段階変速なので、引き金を引く量に応じて回転速度が変わります。

引き金を強く引きながらネジ締めすると、ガンガンガン!と衝撃が入って力強いトルクでネジ締めできます。

インパクトドライバーでのネジ締めの様子は、記事後半のこちらに動画を掲載しています。

MEMO
穴あけ用のドリルとしても使用できます。

②回転方向の切り替え

TD090Dの回転切り替えレバー
回転方向切替レバー
TD090Dの回転切り替えレバーは押しやすい位置にある
片手で操作できる

TD090D」はグリップの上部についている正・逆回転の切り替えレバーで、ネジを締める方向・緩める方向を簡単に切り替えできます。

親指が届くところにレバーがあるので片手で持ちながら操作できます

MEMO
レバー位置を真ん中(ニュートラル)にすると、回転できなくなるようにロックが掛かる機能もあります。(引き金が引けなくなる。)

③LEDライト

TD090DのLEDライト(点灯後)
引き金に連動してライトが点灯
TD090DのLEDライト(点灯後)
暗い場所でも作業しやすい

作業中になにげに便利なのが手元を照らすライト。

ビットの付け根の下にLEDライトがあり、引き金を引くと同時に点灯します。放置しておくと自動的に消灯します。

LEDライト点灯の様子は、記事後半のこちらに動画を掲載しています。

④スリーブによるビットの固定

ビット固定用スリーブ
ビット(先端工具)を固定するスリーブ
スリーブを引っ張るとロックが外れる
ワンタッチでロックが外れる

ビットの取り付けはとても簡単。

スリーブ部分を引っ張るとロックが外れビットを差し込めるようになります。ビットを差し込んだら、スリーブを戻すだけロックされ、ビットが固定されます。

トルク(締め付けパワー)

さて、マキタのインパクトドライバーを買うにあたり、気になるのが締め付けパワー(トルク)ですよね。

マキタのインパクトドライバーは、バッテリーの電圧によってシリーズ分けされています。

  1. 18.V
  2. 14.4V
  3. 10.8V ← 今回の商品
  4. 7.2V

今回の「TD090D」10.8Vシリーズはマキタのインパクトドライバーのラインナップの中でも下位モデルです。

他の電圧のモデルが実際どれくらいのトルクが出るか簡単にまとめました。

マキタのインパクトドライバーのトルクの比較

TD090D」の最大トルクは90Nm。一番トルクの高い上位モデルと比べるとトルク値は約半分なのでだいぶ小さく感じるかもしれません。

でも、僕がこれまでやってきたリフォーム(このサイトにまとめているようなリフォーム)でパワー不足を感じた場面はありませんでした。

参考に、下穴なしでネジ締めしたときの様子をご紹介します。

インパクトドライバーでネジ締めしている様子
TD090Dでのネジ締め
インパクトドライバーでネジ締めするとネジが木材にめり込む
木材にめり込むほどのトルク

インパクトドライバーでのネジ締めの様子は、記事後半のこちらに動画を掲載しています。

普通にねじ締めしただけで、木材内部にネジがめり込んでしまいました。10.8Vのインパクトドライバーでもネジが木材にめり込むほどトルクが強いことが分かると思います。

充電時間・使用可能時間

マキタのバッテリーを充電中
10.8Vバッテリーの充電
充電完了はランプでお知らせ
充電完了はランプでお知らせ

TD090D」で使用するバッテリーはBL1013(1.3Ah)の10.8Vタイプです。

充電方法はとても簡単。充電器をコンセントに差し込み、バッテリーを充電器に取り付けるだけ。充電完了はランプの色で教えてくれます。

充電時間は約50分です。

一度フル充電すると、Φ3.8✕45mmの木ネジでラワン(木材)に約170本締め付けられます。(材質により変動します。)

種類 サイズ 締め付け本数
木ネジ Φ3.8✕45mm 約170本
Φ4.2✕65mm 約90本
ネジ・ボルト M8✕16mm 約550本

(出典:TD090D取扱説明書

木ネジを170本も締め付ける機会なんてめったにありませんから、作業中に電池が足りない!ということはほとんどないです。

TD090D」に使われているリチウムイオンバッテリーは自己放電が少ないので電池の持ちがとてもよいです。(長期間放っておいても電池が減りにくい)

OKI
OKI

はじめて買ったコー◯ンの3千円くらいの電動ドリルは、数年でバッテリーがダメになってしまいました(泣)

 

マキタの10.8Vインパクトドライバー「TD090D」の実際の使用感は?

木材へのネジ止めがとにかく簡単

木材に木ネジを直接ネジ止めする動画(11秒)です。

これぞインパクトドライバー!リフォームしていると床や壁の木部に直接ネジ止めする機会がたくさんあるので大活躍します。

これくらいの木材ならサクッとネジ止めできてしまいます。

手元を照らすライトが便利

TD090D」に付いているLEDライト。これが案外役に立つんです。

どんな感じで点灯するかは動画(4秒)をご覧ください。

リフォームでは、棚の中などの狭くて暗い場所でネジ締め作業することがあります。「TD090D」はネジ締めと同時にライトが点灯するので意外と助かりますよ。

無段階変速だから微調整がしやすい

TD090D」のネジ締め速度は、引き金の引き具合に応じて自由に変えられる無段階変速。

回転速度は0〜2400回転/分です。といってもイメージがつかないと思うので、まずは動画をご覧ください。

TD090D」を使っている中で特に重宝するのが、すごーく遅い回転です(動画の最初と最後の方)。少しだけ引き金を引くと、ノロノロノロとゆっくり回ってくれます。

MEMO
ゆっくりな回転ではインパクトは入りません。

コンセントカバーの交換」などでは、トルクが強すぎるとカバーを壊してしまいますが、すごく弱いネジ締めもできるのでとても便利ですよ。

ネジ締めの微調整がしやすいのも「TD090D」の特徴です。

 

マキタの10.8Vインパクトドライバー「TD090D」レビュー・評価まとめ

TD090D」の特徴をまとめると

  1. 10.8Vシリーズだけどトルクは十分
  2. バッテリー挿入タイプだからコンパクトサイズで扱いやすい
  3. 手元を照らすLEDライトが意外と便利
  4. 無段階変速だから微調整も可能

特に、はじめてインパクトドライバーを買ってみようと思っている初心者の方には、扱いやすいインパクトドライバーだと思います。

購入する際は、バッテリー・充電器・ビットの一通り揃っている「TD090DWSPW」がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)