ギフト券チャージで1000円もらおう

和室の木枠や柱をDIYで塗装する方法|木部をペンキで塗っておしゃれにリメイクしよう

和室の木枠をDIYでペンキ塗装する方法

この記事では、和室の木枠や柱をDIYで塗装する方法をまとめています。

と言っても、ウォルナット色の水性塗料をただ塗っただけなので、特別な下地処理もしていません。

和室の木部を塗装するとこんな感じにイメージが変わるよ、と参考になれば幸いです。

  • 塗装だけなら数千円〜
  • 水性ペンキでもきれいな仕上がり!

ビフォーアフター

Before
木部塗装前の和室
After
木部塗装後の和室

上の写真では、木部の塗装以外にも次のリフォームをしています。詳しい内容はリンク先の記事をご覧ください。

木部の塗装以外のリフォームはこちら
この記事で分かること
  • 和室の木部をDIYで塗装する方法
  • リフォームに必要な資材・道具
  • リフォーム費用と作業時間の目安

今回ペンキを塗ってリメイクする和室の様子

リメイク前の和室の様子
元々の和室の様子
木部塗装前の和室
砂壁の壁紙を剥がした状態

リフォーム前の貸家の和室の様子がこちら。あまりいい写真が残っていないのですが、よくある一般的な6帖の和室です。

これまで砂壁に壁紙を貼るリフォームをしたことがあったのですが、木枠の塗装は未経験だったので今回チャレンジすることにしました。

 

和室の木枠をペンキで塗装するために用意したもの

ウォルナット色の水性ペンキ

和室の木枠の塗装に使用する水性のウォルナット色ペンキ
コーナンオリジナルの水性木部保護塗料(ウォルナット色)。

今回は木枠を濃い茶色に塗ることにしました。

扱いの簡単な水性ペンキで色はウォルナット。ホームセンターコーナンで売っている1.6リットル缶です。

もう販売終了品ですが、似たような商品は色んなメーカーから出ているようです。

木枠の塗装に必要な道具

  1. 刷毛
    木枠の端など細かなところを塗るときに使います。
  2. ローラーバケと容器
    広範囲の塗装に使います。容器もセットになっているので便利です。
  3. 養生シート
    ペンキが付着すると困る畳や窓枠などをカバーするために使用します。

 

和室の木枠をペンキで塗装する方法

リフォーム手順

木部表面をきれいに掃除しておく

塗装前に雑巾などで表面の埃や汚れをきれいに掃除しておきます。

周囲を養生する

床の畳などペンキが付いて困る場所を養生しておきます。窓枠との境界はテープなどでマスキングしておくと良いです。

水性ペンキを塗る
水性ペンキを一度塗りしたときの木枠
水性ペンキで木枠を塗っていきます。写真は一度塗りの状態。
乾燥させる

重ね塗りが必要になるので、少なくとも半日は乾燥させましょう。

塗装→乾燥を繰り返す
二度塗りしたときの木枠
2度塗りするとこんな状態。まだ塗り足りない気がします。
3度塗りしたときの木枠
3度塗りするとようやく濃い茶色になりました。
障子の木枠を塗装する
障子の木枠の塗装
障子の木枠も忘れずに塗装します。
養生を取り外す

最終の乾燥前にテープなどの養生を撤去しておきます。

和室の木枠の塗装完了

ビフォーアフター

Before
木部塗装前の和室
After
木部塗装後の和室

拡大写真はこちら↓

木目がうっすら見える程度ですが、良い感じに仕上がりました。
OKI
OKI

木枠の塗装後に、壁紙の張替えや障子の張替え、畳の表替えをしています。

木部の塗装以外のリフォームはこちら

リフォームに必要な資材・道具の一覧

画像名称

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • ペンキ:2500円
  • 刷毛:150円
  • ローラーバケ・容器セット:600円
  • 養生シート:200円
  • 合計:3450円

作業時間

  • 塗り作業:6時間(3度塗り、乾燥時間を除く)

 

まとめ|和室の木部をDIYで塗装するとイメージがガラッと変わる!

木部塗装後の和室

今回はじめて和室の木部の塗装をしました。

3度塗りもしたので結構手間でしたが、織物調の壁紙ともマッチしていい感じに仕上がったと思います。

和室のイメージを変えてみたい方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

あわせて読みたい

和室で僕が実際にやってきたリフォームを、ビフォーアフター写真付きでこちらのページにまとめています。ぜひご覧ください。

和室のDIYリフォーム事例集和室のリフォームビフォーアフター事例集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)