ギフト券チャージで1000円もらおう

DIYにおすすめ!8つのメーカー50種類の中から選んだ3万円台で買える安い洗面化粧台5選!

DIYにおすすめ!3万円台で買えるおしゃれな洗面化粧台特集

この記事では、古くなった洗面化粧台を交換する人に向けて、3万円台で買える洗面化粧台をまとめています。

洗面化粧台メーカーって調べてみると8社近くありラインナップを含めると50種類以上の洗面化粧台があります。

高価なものでは数十万円もする洗面化粧台もありますが、新築じゃないしなるべく安いものを買いたいですよね。

この記事に、3万円台で購入できる洗面化粧台とその型番、検索方法をまとめたので、ぜひご覧ください。

洗面化粧台メーカーとラインナップ

洗面化粧台を作っているメーカーは次の8社あります。(他にもあれば教えて下さい。)

  1. Panasonicサイトはこちら
  2. クリナップサイトはこちら
  3. ノーリツサイトはこちら、2020年6月製造終了)
  4. TOTOサイトはこちら
  5. アサヒ衛陶サイトこちら
  6. LIXILサイトはこちら
  7. トクラスサイトはこちら
  8. タカラスタンダードサイトはこちら

各メーカー、ラインナップを含めると全部で50種類以上。たくさんありすぎて全部見てられないんですよね。

なるべく安いものを探したい!というわけで、各メーカーの一番安価かつ3万円台で買える洗面化粧台をピックアップしました。

  1. Panasonic エムラインサイトはこちら
  2. クリナップ BGAサイトはこちら
  3. TOTO Vシリーズ(サイトなし)
  4. アサヒ衛陶 ALBAサイトはこちら
  5. LIXIL oftサイトはこちら

この中から選べばいいのか!と思うかもしれませんが、実はこれで終わりではありません。

同じ商品名でも、細かな仕様の違い(間口サイズ、鏡の数や水栓など)で値段が1万円以上変わってきます。

ですので、洗面化粧台選びの前にある程度仕様を固めておく必要があります。

 

洗面化粧台選びで見るべきポイント

洗面化粧台は同じ商品名でも、細かな仕様の違いで値段が変わるので、次の4点はあらかじめ検討しておく必要があります。

  1. 横幅(間口)
    50cm・60cm・75cm
  2. 鏡の数
    1面鏡・3面鏡
  3. 水栓の種類
    シャワー付シングルレバー水栓・シングルレバー水栓・2ハンドル水栓・単水栓
  4. 収納方法
    扉タイプ・扉+引き出しタイプ・引き出しタイプ

横幅(間口)については、取り付け先の洗面所のスペースによって決まるので、あらかじめ設置場所の寸法を測っておきましょう。

MEMO
高さの目安は180cm、奥行の目安は50cmです。洗面所が狭い場合は、寸法も詳しくチェックしましょう。

ミラーキャビネットの仕様

ノーリツ シャンピーヌのミラーキャビネット(3面鏡・1面鏡)
出典:ノーリツ シャンピーヌ オンラインカタログ

ミラーキャビネットには1面鏡と3面鏡があります。(一部メーカーでは2面鏡もあります。)

3面鏡なら鏡内部に収納があるので物が隠せてスッキリします。特に必要ないなら1面鏡の方が安くなります。

MEMO
他にも「くもり止め機能」や「電球の種類(LED・蛍光灯・白熱電球)」などの違いがあります。

洗面台の仕様

洗面化粧台の水栓(シャワー付シングルレバー水栓・シングルレバー水栓・2ハンドル水栓・単水栓)
画像引用:LIXIL oft ホームページ

一番使い勝手に影響するのが水栓です。4種類ありますが、僕が買うときはいつも「シャワー付シングルレバー水栓」を選んでいます。

シャワー付きシングルレバー混合栓
画像出典:Panasonic エムライン

シャワー付シングルレバー水栓は内部にホースが格納されているので、シャワー部分を引っ張ると延長できるようになっています。

洗髪はもちろんのことバケツなど大きい容器に水を入れるときにも便利ですよ。

ノーリツ シャンピーヌ 洗面台収納(引き出し・扉)
画像引用:ノーリツ シャンピーヌ オンラインカタログ

洗面台の収納方法については、扉タイプが一番安いです。

引き出しタイプの方が奥の方に物を入れても取り出しやすいですが、その分価格が高くなります。

MEMO
他にも洗面台の仕様には「洗面ボウルの材質(陶器製・人工大理石製)」や「排水栓の種類(ゴム栓・プッシュタイプ)」などがあります。

なるべく安いかつ使い勝手もよい洗面化粧台選びのポイントをまとめると、

チェックポイント
  • 横幅(間口):洗面所スペースで決める
  • 鏡の数:「1面鏡」が安い
  • 水栓:「シャワー付シングルレバー水栓」一択!
  • 収納方法:「扉タイプ」が安い

 

3万円台で買える低価格帯の洗面化粧台

仕様を決めたらようやく洗面化粧台選びです。

ここでは、次の仕様を例に3万円台で買える洗面化粧台を探します。

  • 75cm幅
  • 1面鏡
  • シャワー付シングルレバー水栓
  • 扉タイプ

探し方は簡単。「洗面台の型番」を楽天などで検索して価格の安い順に設定。そしてミラーキャビネットとのセットを探すだけです。

ミラーキャビネットの仕様は、画像で1面鏡・3面鏡の違いが簡単に判別できます。

あとは値段を見て安いものを探しましょう。

注意
寒冷地仕様のものが必要な場合は、購入時に寒冷地用の洗面化粧台を注文しましょう。

Panasonic エムライン

Panasonic洗面化粧台 エムライン
画像出典:Panasonic Webカタログ

Panasonicの「エムライン」は3万円台〜販売されていることが多いです。

ちなみに3面鏡の洗面化粧台でも4万円台で買えるので、ちょっとグレードアップしたいという方にもおすすめです。

詳しい仕様は、メーカーホームページでご確認ください。

参考 エムラインPanasonic

エムラインの洗面化粧台を探すときは、洗面台の型番「GQM75KSCW」を楽天などで検索すると便利です。 ( 75cm幅・シャワー付水栓・扉タイプの洗面化粧台を検索できます。)

クリナップ BGA

クリナップ洗面化粧台BGA
画像出典:クリナップ Webカタログ

クリナップはレンジフードなども製造しているメーカーですが、洗面化粧台も作っています。

クリナップの「BGA」は価格3万円台〜、ミラーキャビネットを3面鏡に変更しても4万円台で購入できます。

詳しい仕様は、メーカーホームページでご確認ください。

参考 BGAクリナップ

BGAの洗面化粧台を探すときは、洗面台の型番「AL75TNMKW 」を楽天などで検索すると便利です。 ( 75cm幅・シャワー付水栓・扉タイプの洗面化粧台を検索できます。)

TOTO Vシリーズ

TOTO洗面化粧台Vシリーズ
画像出典:TOTO オンラインカタログ

TOTOの「Vシリーズ」の洗面化粧台も3万円台〜購入できます。

こちらも3面鏡にグレードアップしても4万円台とコスパが良いです。

「Vシリーズ」は、なぜかメーカーホームページには説明ページがなく、カタログ内でのみ確認できます。

詳しい仕様は、カタログでご確認ください。

参考 Vシリーズ カタログTOTO

「Vシリーズ」の洗面化粧台を探すときは、洗面台の型番「LDPB075BAGEN1」を楽天などで検索すると便利です。 ( 75cm幅・シャワー付水栓・扉タイプの洗面化粧台を検索できます。)

アサヒ衛陶 ALBA

アサヒ衛陶洗面化粧台ALBA
画像出典:アサヒ衛陶 WEBカタログ

アサヒ衛陶は「洗面化粧台の交換方法」の記事でも使っていた洗面化粧台のメーカーです。

洗面化粧台の交換方法」の記事で使用していた「Kシリーズ」は生産終了となり、代わりに「ALBA」が登場しました。

こちらも3万円台〜購入できます。詳しい仕様は、メーカーホームページで確認してください。

参考 ALBAアサヒ衛陶

ALBAの洗面化粧台を探すときは、洗面台の型番「LKAL750TUN」を楽天などで検索すると便利です。 ( 75cm幅・シャワー付水栓・扉タイプの洗面化粧台を検索できます。)

LIXIL oft(オフト)

LIXIL洗面化粧台oft
画像出典:LIXIL WEBカタログ

LIXIL oftは、他の洗面化粧台と比べてちょっと高め。もらえるポイントを考慮するとギリギリ3万円台になるときがあるので、一応掲載しておきます。

洗面ボウルは陶器製なのでやや重いのが難点ですが、陶器は傷がつきにくく汚れに強いのが特徴です。

詳しい仕様は、メーカーホームページでご確認ください。

参考 オフトLIXIL

oftの洗面化粧台を探すときは、洗面台の型番「FTV1N-755SY 」を楽天などで検索すると便利です。 ( 75cm幅・シャワー付水栓・扉タイプの洗面化粧台を検索できます。)

 

まとめ|安い価格の洗面化粧台は洗面台の型番で検索しよう

3万円台で購入できる洗面化粧台は次の5つです。

  1. Panasonic エムライン楽天で検索する
  2. クリナップ BGA楽天で検索する
  3. TOTO Vシリーズ楽天で検索する
  4. アサヒ衛陶 ALBA楽天で検索する
  5. LIXIL oft楽天で検索する

「洗面台の型番」で検索すると安い洗面化粧台を見つけやすいので、試してみてください。

あわせて読みたい

洗面化粧台をDIYで交換する方法は、こちらの記事に詳しく解説しています。

洗面化粧台の取り付け意外と簡単!洗面化粧台(洗面台)をDIYで交換する方法|取り付け・設置編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)