ギフト券チャージで1,000円もらおう

ふすま張り替えの値段・相場はいくら?張替えで実際にかかった費用や仕上がり、おすすめ会社まとめ

ふすま張り替えの値段・相場はいくら?張替えで実際にかかった費用や仕上がり、おすすめ会社まとめ

この記事では、僕がふすま張り替え(DIY・外注)でしたときに実際かかった費用と利用した業者さん(三条たたみさん)についてまとめています。

  • 業者に依頼するといくら?
  • DIYならいくら?
  • 業者に依頼するときの流れ
  • 実際に利用した張り替え業者さん三条たたみさん)

これまで合計3回ふすまの張替えをしました。DIYで2回、業者さん(三条たたみさん)で1回。

ふすま張り替えは作業の大変さの割にそんなに安上がりにできるわけでもないので、外注で頼むのが手間もかからず楽チンでおすすめです。

DIY・外注それぞれについて実際にかかった費用の詳細をまとめたので、これからふすま張り替えを考えている人の参考になれば幸いです。

MEMO

ふすま張り替え費用は、DIYだと1枚1,000円程度、業者さんに頼むと2,000円前後が目安になります。(大きなのサイズのふすま、片面張り替えの場合)

ふすま張替えをしたことがない人にとって、実際どれくらいの値段が妥当なのか想像がつきにくいと思うので、

それぞれについて実際に掛かった費用を解説します。

DIYでのふすま張り替え

ふすま張り替えする前の古くて汚れた襖
張り替え前のふすま
落書きやタバコのヤニで茶色いふすま
ふすまに書かれた落書き

上の写真は平成2年築の貸家を購入したときの和室のふすまです。

全体的に汚れていて、いくつかのふすまには落書きもあり、当時DIYで張り替えをしました。

ふすまの左右の木枠を取り外す
木枠の分解
ふすま紙の裏面にのりを塗り終えた様子
ふすま紙にのり付け
のりの水分が乾燥してピンピンに張ったふすま
ふすま紙貼付け後の乾燥
新しい引き手をふすまにはめ込む様子
引き手の取付

ふすまの張り替えって意外と手間がかかります。

  1. 木枠の分解
  2. ふすま紙のカット&糊付け
  3. ふすま紙の貼り付け
  4. 乾燥
  5. 木枠の組み立て
  6. 引き手の取付

などなど、作業工程が多く結構大変です。

ふすま1、2枚ならまだいいのですが、押入れや引き戸も含めて家中のふすまを張り替えるとなると気が遠くなります・・・。

当時、DIYでふすまを張り替えした時の様子は「ふすまをDIYで張り替える方法」の記事に詳しく解説しているので、興味のある方はご覧ください。

関連記事のリンク

こちらがDIYでふすまを張り替えしたときのビフォーアフターです。

Before

ふすま張り替えする前の古くて汚れた襖

After

襖張り替えしたあとのおしゃれでモダンな襖

DIYで表面だけ張り替えしたときの原材料費の一覧がこちら。

項目数量単価金額
ふすま紙(2枚分)2枚400円800円
ふすま用のり1個200円200円
ふすまの引き手2個500円1,000円
ふすまの引き手用釘1袋100円100円
合計2,100円

ふすま2枚でだいたい2,000円ほどなので、1枚あたり1,000円あればふすまを張り替えできます。

ただ、DIYをしたときは2014年だったので、原材料費は当時より少し高くなっているかもしれません。

DIYでのふすま張り替え費用
  • ふすま1枚1,000円ほど(大きなふすま、片面のみ場合)

外注でのふすま張り替え

三条たたみさんでふすま張替えする前の様子
ふすまに付いた汚れ

こちらは、物件1号の入居者さんが退去したときの和室のふすま。

実はこのふすまは初めてDIYで張り替えしたときのふすまです。ただ、7年近くも賃貸しているとふすまには汚れがついてしまっていました。

DIYでの大変さを知っているので、今回は「三条たたみ」さんといういつもお世話になっている業者さんにお願いすることにしました。

三条たたみさんによるふすま張替えの見積もり

ふすま張り替えの見積もり詳細。

こちらが当時の見積もり内容です。

項目単価
ふすま(大・表面)1,800円
ふすま(大・裏面)1,000円
ふすま(小・表面)1,080円
ふすま(小・裏面)600円
戸ぶすま(大・片面)1,800円

DIYだと1枚1,000円ほどでしたが、業者さんに頼んでも2,000円ほどから張り替えできます。

自分で張り替えするときの労力や作業時間を考えると、僕はもう外注一択になりました。

MEMO

ふすまの張り替えをするとふすま紙の乾燥時に縮む力が働くので、表面だけ張り替えすると反りの原因になることがあります。予算に余裕のある方は、両面張替えがおすすめです。

ふすまを回収する様子

業者さんがふすまや障子を引き取る様子。

上の写真は、三条たたみさんがふすまや障子を回収する様子です。見積もり時に工事を依頼すると、そのまま引き取ってくれます。

数日後、張り替えたふすまを運んできてくれました。

ふすま張り替え前後のビフォーアフターがこちら。(と言っても遠目ではそこまで見た目は変わりませんが・・・。)

Before

三条たたみで張り替え前のふすま

After

三条たたみで張り替え後のふすま

業者さんにふすまの張替えをお願いしたときの費用をおさらいしておきます。

業者によるふすま張り替え費用
  • ふすま張り替え(大・表面):1枚1,800円
  • ふすま張り替え(大・裏面):1枚1,000円
MEMO

こちらの値段は2019年当時の値段です。現在は原材料費や燃料費、人件費等が値上がっているので、もう少し高くなるかもしれません。

 

おすすめのふすまの張り替え業者「三条たたみ」さんについて

ここでは、僕が実際に利用しているふすま張り替え業者さんと申し込みの流れを説明します。

知り合いのリフォーム屋さんに教えてもらった「三条たたみ」さん

「ふすま、張り替え」というキーワードでネットで検索すると、地域ごとにいろんな業者さんが出てきます。

正直、ホームページだけを見ていても業者さんの良し悪しは分かりませんよね。この記事も結局同じなのですが、ネットに載っている口コミも正直どこまで信じでいいかわかりません。

僕自身、最初はネットに出てくる一番安い業者さんを利用していました。何度か利用しているうちに、よくわからない費用を見積もりに入れてくるトラブルを経験しました。

業者さん選びに困っていたところ、知り合いのリフォームやさん経由で教えてもらったのが「三条たたみ」さんです。

三条たたみホームページ
出典:三条たたみホームページ

ネットによく出てくる地域最安価格でのご提供!とはいきませんが、誠実に対応してもらえているので僕はこれまで何度も畳の表替えや障子の張替えなどで利用しています。

調べてみると創業昭和9年の老舗。

  • 畳の新調・張替え
  • 襖の新調・張替え
  • 障子の張替え

などなど、和室のリフォーム専門の会社なのでふすまの張替えも安心してお願いできると思います。

三条たたみさんでのふすまの張り替えの流れ

ホームページで必要事項を入力する
見積もり日時調整する

後日、三条たたみさんから連絡が来るので、見積もりに来てもらう日時調整をします。

見積もり・ふすまの引取り
障子の引き取りの様子

担当の方が家に来て見積もりをしてくれます。

見積もりの際に

  • ふすま紙の材料
  • ふすま紙の柄
  • 納入日時

を決めます。

ふすまの仕様と納入日時を決めたら、担当の方がそのままふすまを運んでいってくれます。

MEMO

代金の支払いはクレジットカードや銀行振込などが可能です。

ふすまの張り替え

三条たたみさんの方でふすまの張替えをします。早いと翌日以降に返却してくれます。

ふすまの納入

担当の方がふすまを設置してくれます。

ふすまの張替え完了
三条たたみで張り替え後のふすま

 

まとめ|ふすまの張り替え価格相場は片面1枚2,000円程度から

三条たたみで張り替え後のふすま
三条たたみさんで張替え後のふすま

最後にもう一度DIY・外注それぞれのふすま張り替え費用をおさらいしておくと

  • DIY:約1,000円(大サイズ・片面)
  • 外注:約2,000円(大サイズ・片面)

DIYでの張替えは結構大変ですし仕上がりの良さことも考えると、ふすま張り替えは外注を強くおすすめします!

ネットでは安い価格をうたっている業者さんもいますが、不要な費用を見積もりに入れてくるところもあるので注意してくださいね。

三条たたみ」さんなら安心して依頼できるのでおすすめです。

Amazonギフト券チャージで1,000ポイントもらおう

はじめてAmazonギフト券に5,000円チャージをすると1,000ポイントもらえます。まだもらっていない人はキャンペーンにエントリーして1,000ポイントゲットしよう!

  • 初回限定!5千円チャージで1,000ポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)