ギフト券チャージで1000円もらおう

リョービ取替用ドアクローザーの選び方|購入前の注意点と取付寸法まとめ

リョービ取替用ドアクローザの対応寸法・注意点まとめ

この記事では「玄関扉のドアクローザーの交換方法」の記事で使用していた、リョービ取替用ドアクローザーの選び方を解説しています。

リョービ取替用ドアクローザーの取り付け完了
実際に取り付けたリョービ取替用ドアクローザー。

リョービ取替用ドアクローザーは、いろんなメーカーのドアクローザーの交換に対応できるとても便利な製品です。

ドア枠への固定方法やドアクローザーの種類によって対応寸法が違うので、メーカーカタログを参考に確認が必要なポイントをまとめました。

注意
メーカーカタログ情報を基に記事を作成していますが、購入前には念の為に製品情報を再度ご確認ください。
参考 取替用ドアクローザ Webカタログリョービ

ドアクローザー交換のために事前に確認しておくこと

リョービ取替用ドアクローザーで交換可能かどうか調べるために、今取り付いているドアクローザーについて次の3点の事前確認が必要です。

  1. ドアクローザーの種類|パラレル型・スタンダード型
  2. ブラケットの取付位置|ドア枠の下面・側面
  3. ブラケットの穴の数|3つ穴・4つ穴

それぞれ簡単に解説するので、既存(交換前)のドアクローザーがどれに当てはまるか確認してください。

ドアクローザーの種類を確認する|パラレル型・スタンダード型

ドアクローザーの種類と違い(パラレル型・スタンダード型)
画像出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログ

ドアクローザーには大きく分けて2つのタイプがあります。

大きな違いは、ドアクローザーのアーム部分がドアに平行(パラレル)か垂直かです。

パラレル型とスタンダード型で購入するリョービ取替用ドアクローザーの製品が違うので、交換前にドアクローザーの種類を確認しておきましょう。

ドアクローザーの種類
  1. パラレル型
    アーム部品がドアに対して平行。ドアクローザーが見える位置から、ドアを押して開けるタイプ。
  2. スタンダード型
    アーム部品がドアに対して垂直。ドアクローザーが見える位置から、ドアを手前に引いて開けるタイプ。
注意
スタンダード型のドアクローザーの場合、確認事項はこれで終わりです。「リョービ取替用ドアクローザー対応寸法|スタンダード型」に飛んでください。

ブラケットの取付位置を確認する|ドア枠の下面・側面

ドアクローザーのブラケットのドア枠固定位置を確認する
画像出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログ

パラレル型のドアクローザーでは、ドア枠への固定金具(ブラケット)の取り付け方法に次の2つの違いがあります。

ブラケットの取付位置がドア枠の下面か側面かによって、取替用ドアクローザーの対応寸法が違うので注意しましょう。

またドア枠側面にブラケットが固定されている場合、別売の「L型プレート(LP-1)」が必要です。

ブラケットの取付位置
  1. ドア枠の下面に固定されている
    ブラケットは平型または段付。
  2. ドア枠の側面に固定されている
    ブラケットはL型。別売の「L型プレート(LP-1)」が必要

ブラケットの穴の数を確認する|4つ穴・3つ穴

ドアクローザーのブラケットの種類と穴の数
画像出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログ

先ほど調べたブラケットには、ドア枠にネジ止めする穴の数に違いがあります。

ネジ止め固定している穴の数によって、取替用ドアクローザーの対応寸法が違うので注意が必要です。

ブラケットの穴の数
  1. 4つ穴タイプ
    ブラケットが4つのネジでドア枠に固定されている。
  2. 3つ穴タイプ
    ブラケットが3つのネジでドア枠に固定されている。ドア枠下面固定の場合、追加で穴あけ加工が必要
注意
ドア枠下面固定の3つ穴タイプのブラケット場合、穴を1つ追加でドア枠側に加工する必要があります。

 

リョービ取替用ドアクローザーの対応寸法

今取り付いている交換前のドアクローザーの事前確認が終わったら、ようやく対応寸法の確認です。

今取り付いているドアクローザーが次のどれかに該当しているはずです。

ドアクローザーの種類
  1. パラレル型ドアクローザー ▶ ドア枠下面固定 ▶ 4つ穴①へ移動
  2. パラレル型ドアクローザー ▶ ドア枠下面固定 ▶ 3つ穴②へ移動
  3. パラレル型ドアクローザー ▶ ドア枠側面固定 ▶ 4つ穴③へ移動
  4. パラレル型ドアクローザー ▶ ドア枠側面固定 ▶ 3つ穴④へ移動
  5. スタンダード型ドアクローザー⑤へ移動

注意
上の5つの対応寸法について全て読む必要はないので、ご自身のドアクローザーに該当する部分の対応寸法をご確認ください。

①パラレル型ドアクローザー ▶ ドア枠下面固定 ▶ 4つ穴

リョービ取替用ドアクローザー対応寸法:パラレル型ドアクローザー|ドア枠下面固定|4つ穴
出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログを基に作成

「パラレル型ドアクローザー・ドア枠下面固定・4つ穴」の場合、既存のアナを利用してドアクローザーを取り付けます。

寸法の確認ポイントは次の通りです。

寸法の確認ポイント
  1. A寸法:34〜80mm
    ブラケット取付ネジ穴の外側2つの穴の距離
  2. B寸法:12mm以上
    ブラケット取付ネジ穴の内側2つの穴の距離
  3. C寸法:38〜80mm
    ブラケット取付面からドアクローザー取り付け穴の上側
  4. D寸法:0〜15mm
    ドア枠ネジ穴の外側・内側の穴のズレ
  5. E寸法:0〜15mm
    戸当りの高さ
  6. F寸法:19mm
    ドアクローザー取付穴の上下の穴の距離
  7. G寸法:138〜232mm
    ドアクローザー取付穴の左右の穴の距離
注意
A寸法はB寸法より8mm以上大きくないと取付できません。

②パラレル型ドアクローザー ▶ ドア枠下面固定 ▶ 3つ穴

リョービ取替用ドアクローザー対応寸法:パラレル型ドアクローザー|ドア枠下面固定|3つ穴
出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログを基に作成

「パラレル型ドアクローザー・ドア枠下面固定・3つ穴」の場合、追加で穴をあけてドアクローザーを取り付けます。

寸法の確認ポイントは次の通りです。

寸法の確認ポイント
  1. A寸法:34〜80mm
    ブラケット取付ネジ穴の外側2つの穴の距離
  2. C寸法:38〜80mm
    ブラケット取付面からドアクローザー取り付け穴の上側
  3. E寸法:0〜15mm
    戸当りの高さ
  4. F寸法:19mm
    ドアクローザー取付穴の上下の穴の距離
  5. G寸法:138〜232mm
    ドアクローザー取付穴の左右の穴の距離

リョービ取替用ドアクローザーは4つの穴でブラケットを固定するので、既存のネジ穴が3つ穴の場合は新しく穴をあける必要があります。

新しくあける穴の位置は「A寸法」の長さによって違います。

  1. A寸法が50mm未満の場合
  2. A寸法が50mm以上の場合

それぞれ解説します。

リョービ取替用ドアクローザーの取り付けに新しいネジ穴加工が必要な場合の寸法|A寸法が50mm未満の場合
出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログを基に作成

A寸法が50mm未満の場合は「縦枠から一番遠いネジ穴から更に遠くへ20mm」の位置に新しい穴をあけます。


リョービ取替用ドアクローザーの取り付けに新しいネジ穴加工が必要な場合の寸法|A寸法が50mm以上の場合
出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログを基に作成

A寸法が50mm以上の場合は、3つの穴のうち「真ん中の穴の12mm横」の位置に新しい穴をあけます。(左右どちらの横でもOK)

MEMO
リョービ取替用ドアクローザーの商品の中に、「穴あけ用ネジ」が入っているので、アルミなどはドライバーで穴あけできます。

③パラレル型ドアクローザー ▶ ドア枠側面固定 ▶ 4つ穴

リョービ取替用ドアクローザー対応寸法:パラレル型ドアクローザー|ドア枠側面固定|4つ穴
出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログを基に作成

「パラレル型ドアクローザー・ドア枠側面固定・4つ穴」の場合、別売の「L型プレート(LP-1)」を使用してドアクローザーを取り付けます。

寸法の確認ポイントは次の通りです。

寸法の確認ポイント
  1. A寸法:76mm以下
    ブラケット取付ネジ穴の外側2つの穴の距離
  2. B寸法:25mm以上
    ブラケット取付ネジ穴の内側2つの穴の距離
  3. F寸法:19mm
    ドアクローザー取付穴の上下の穴の距離
  4. G寸法:138〜232mm
    ドアクローザー取付穴の左右の穴の距離
  5. H寸法:58〜100mm
    ブラケット取付ネジ穴からドアクローザー取付穴(上)の長さ
  6. I寸法:35mm以下
    ブラケット取付ネジ穴から戸当り下面までの長さ

別売の「L型プレート(LP-1)」とはこんな商品。

L型プレート自体もいろんな寸法に対応できるようにフリーアジャスト設計になっています。

④パラレル型ドアクローザー ▶ ドア枠側面固定 ▶ 3つ穴

リョービ取替用ドアクローザー対応寸法:パラレル型ドアクローザー|ドア枠側面固定|3つ穴
出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログを基に作成

「パラレル型ドアクローザー・ドア枠側面固定・3つ穴」の場合も、別売の「L型プレート(LP-1)」を使用してドアクローザーを取り付けます。

穴の追加加工は必要ありません。

寸法の確認ポイントは次の通りです。

寸法の確認ポイント
  1. A寸法:25〜76mm
    ブラケット取付ネジ穴の外側2つの穴の距離
  2. F寸法:19mm
    ドアクローザー取付穴の上下の穴の距離
  3. G寸法:138〜232mm
    ドアクローザー取付穴の左右の穴の距離
  4. H寸法:58〜100mm
    ブラケット取付ネジ穴からドアクローザー取付穴(上)の長さ
  5. I寸法:35mm以下
    ブラケット取付ネジ穴から戸当り下面までの長さ

⑤スタンダード型ドアクローザー

リョービ取替用ドアクローザー対応寸法:スタンダード型ドアクローザー
出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログを基に作成

「スタンダード型ドアクローザー」の場合、既存の穴を利用してドアクローザーを取り付けます。

寸法の確認ポイントは次の通りです。

寸法の確認ポイント
  1. A寸法:40〜45mm
    ブラケット取付ネジ穴2つの距離
  2. F寸法:19mm
    ドアクローザー取付穴の上下の穴の距離
  3. G寸法:162〜232mm
    ドアクローザー取付穴の左右の穴の距離
  4. J寸法:9〜30mm
    ブラケット取付ネジ穴からドア枠下面までの長さ
  5. K寸法:22〜36mm
    ドア上面からドアクローザー取付穴(上)の長さ
  6. L寸法:50mm以上
    ドア枠下面から天井までのスペース

 

リョービ取替用ドアクローザーが取り付けできないケース

リョービ取替用ドアクローザーは、先ほど解説したような寸法が合っていても取り付けられないケースがあります。

こちらのサイトに写真付きで載っているのでご覧ください。

参考 リョービ取替用(万能型)では交換不可の実例Dr.クローザ

取り付けできない例を参考に記載しておきます。

リョービ取替用ドアクローザーが取り付けできない例(交換できない例)
  1. ネジとブラケットが干渉
    ドア枠に取り付けるブラケットの近くに別のネジ頭が出ていると干渉する場合があります。(平らなネジ頭ならOK)
  2. ブラケット位置が遠い
    ドアクローザー本体からブラケットまでの距離が遠すぎると取り付けられない場合があります。
  3. ドアの段差が干渉
    ドアクローザー本体の取り付けネジ穴の近くに段差があると、段差が干渉して上手く取り付けられない場合があります。
  4. ネジとドアクローザー部品が干渉
    ドアクローザーの取り付けネジ穴の近くに別のネジ頭が出ていると干渉する場合があります。(平らなネジ頭ならOK)
  5. ドアクローザーが2ヶ所のみで固定
    リョービ取替用ドアクローザーは4ヶ所固定のドアクローザーのみ対応しています。

 

リョービ取替用ドアクローザーのラインナップ

リョービ取替用ドアクローザーのラインナップ

リョービ取替用ドアクローザーには、パラレル型・スタンダード型の2種類あります。

パラレル型ドアクローザーは4種類の色から選べます。スタンダード型はシルバーのみです。

  1. パラレル型ドアクローザー
    シルバー・ブロンズ・ホワイト・ブラック
  2. スタンダード型ドアクローザー
    シルバーのみ
MEMO
パラレル型なら型番末尾に「P」が付いています。

パラレル型・スタンダード型ドアクローザーのそれぞれに、さらにドアのタイプによって次の2種類があります。

  1. 木製・アルミドア用
  2. スチールドア用

リョービ取替用ドアクローザーのカタログによると、以下の表を目安に「木製・アルミドア用」か「スチールドア用」かを決めます。

用途ドア重量ドア幅
木製・アルミドア用45kg以下900mm以下
スチールドア用65kg以下950mm以下(*1)
出典:リョービ取替用ドアクローザー Webカタログ
MEMO
(*1)マンション等の集合住宅玄関扉はドア幅900mm以下を目安としてください。

パラレル型ドアクローザーの一覧

パラレル型 ▶ 木製・アルミドア用

木製・アルミドア用のパラレル型ドアクローザーには、次の4種類の色から選べます。

  1. シルバー
  2. ブロンズ
  3. ホワイト
  4. ブラック

取り付け先のドアに合う色のドアクローザーを選んでください。

パラレル型 ▶ スチールドア用

スチールドア用のパラレル型ドアクローザーは、

  1. シルバー
  2. ブロンズ

の2種類から選べます。

L型プレートが必要な方

既存のドアクローザーがドア枠側面に固定されている場合には、L型プレートが必要です。

ドアクローザーの色に合わせて選んでください。

スタンダード型ドアクローザーの一覧

スタンダード型のドアクローザーの色は、シルバーのみが販売されています。

スタンダード型 ▶ 木製・アルミドア用

スタンダード型 ▶ スチールドア用

 

まとめ|既存のドアに対応したリョービ取替用ドアクローザーを選ぼう

リョービ取替用ドアクローザーの選び方をおさらいします。

購入する前には、次のポイントに注意して対応寸法を確認します。

寸法確認での注意点
  1. ドアクローザーの種類:パラレル型・スタンダード型
  2. ブラケットの固定方法:ドア枠下面・ドア枠側面
  3. ブラケットの穴の数:4つ穴・3つ穴

対応寸法を確認したら、ようやく商品選びです。

リョービ取替用ドアクローザーは商品の外観形状が同じなので、間違った商品を買わないように注意が必要です。

商品選びでの注意点
  1. ドアの種類:木製・アルミドアまたはスチールドア
  2. ドアクローザの色:ブロンズ・シルバー・ホワイト・ブラック

リョービ取替用ドアクローザーはとても便利な商品なので、ドアクローザーが故障して困っている方はぜひ交換してみてくださいね。

あわせて読みたい

リョービ取替用ドアクローザーの詳しい交換方法は、こちらの記事で解説しているので、参考にしてください。

リョービ取替用ドアクローザーの交換・取り付け玄関扉のドアクローザーをDIYで交換・取り付けする方法|リョービ取替用ドアクローザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)