Amazon Black Friday 開催中!

玄関扉のドアクローザーをDIYで交換・取り付けする方法

ドアクローザーの交換・取り付け

この記事では、玄関扉のドアクローザーをDIYで交換・取り付けする方法を写真付きで解説しています。

貸家に元々ついていたドアクローザーが上手く機能せず困っていたところ、既存の取付穴をなるべく流用できる「リョービ 取替用ドアクローザー」という商品を見つけました。

今回はじめての交換でしたが案外簡単にできたので、作業の詳細や費用などを詳しくまとめました。

リョービ 取替用ドアクローザーは取り付けスペースと寸法さえ合えば交換できるので、ぜひチャレンジしてみてください。

ビフォーアフター

Before

交換前の古いドアクローザー

After

リョービ取替用ドアクローザーの取り付け完了

この記事で分かること
  • 玄関扉のドアクローザーをDIYで交換する方法
  • リフォームに必要な資材・道具
  • リフォーム費用と作業時間の目安

DIY交換前の上手く機能しないドアクローザー

交換前の古いドアクローザー

交換前の玄関扉のドアクローザーです。

貸家(物件3号)購入時からずっと気になってた玄関扉のドアクローザー。

何が気になるかというと、玄関扉のドアクローザーが全く機能していないんです。

 

  1. ドアを開けて離すとゆっくりと閉じてきます。(ここまではOK!)
  2. なぜか途中で停止。
  3. しばらく待つと、急にバタン!と閉じます。

おーき

もう全く機能していません(泣)

 

ドアクローザーと扉が擦る場所

よくよく見るとドアクローザーの根元部分と玄関扉の上端が擦れているようです。

相変わらず素人仕事が目立つ物件3号です。(僕も素人ですがきっちりしてるつもり!)

というわけで交換に初チャレンジ!

 

玄関扉のドアクローザーを交換するために用意したもの

リョービ 取替用ドアクローザー

リョービ取替用ドアクローザー外箱

リョービの取り替え用ドアクローザーの内容物

ホームセンターで店員さんに相談すると、ドアクローザーの交換にはリョービ 取替用ドアクローザーが便利とのこと。

何が便利かというと、いろんなメーカーのドアクローザーの取付寸法に対応しているので、だいたいこの商品で交換できるからです。

ビバホームで6780円でした。Amazonだともう少し安いようですね。

MEMO
右開き、左開きのドアどちらにも対応してます。

必要な道具はドライバー1本!

リョービ 取替用ドアクローザーの取り付けに必要な道具はドライバー1本あればOKです。

実は今回取り付けるドアクローザーの商品の中に「穴あけ用ネジ」が同梱されているので、取り付けの際に足りない穴はドライバーと穴あけ用ネジで新しくあけられます。

 

玄関扉のドアクローザーをDIYで交換・取り付けする方法

リフォーム手順

STEP1
古いドアクローザーを取り外す

まずは古いドアクローザーをドライバーで取り外しておきます。

STEP2
穴の位置・寸法を測る

ドアクローザーの取り付け寸法

ドアクローザーの取り付け寸法計測箇所

ドアクローザーの交換には寸法が合ってないといけませんから、必要な寸法をあらかじめ測っておきましょう。

寸法測定箇所
  1. 本体取り付け部分の穴の位置(幅×高さ)
  2. 本体取り付け位置とドアの上側サッシまでの距離
  3. ドアのサッシの固定部分の穴位置の長さ(4つの穴)
  4. 戸当りの高さは15mm以下
MEMO
穴の位置が合わない場合は付属の穴あけ用ネジで穴あけすればよいです。
STEP3
ドアサッシ(枠)に穴をあける

リョービ取替用ドアクローザー同梱の穴あけ用ネジでアルミサッシの穴あけ

上枠のサッシの穴の位置が1つ足りないので新しく穴をあけます。同梱の穴あけ用ネジを使ってドライバーで穴をあけます。

リョービ取替用ドアクローザー同梱の穴あけ用ネジでアルミサッシにあけた穴

穴があいて4つになりました。アルミって結構簡単に穴があくもんなんですね。
STEP4
ドアサッシ(枠)側の部品を取り付ける

リョービ取替用ドアクローザーのサッシ側のアーム部品

まずドアサッシ側に部品を取り付けていきます。

ドア枠へのリョービ取替用ドアクローザーの部品の取り付け

元々の穴3つと先ほど追加であけた穴(合計4つ)に合わせてネジで取り付けます。
リョービ取替用ドアクローザーの可動部品(クローズ)

閉じた状態

リョービ取替用ドアクローザーの可動部品(オープン)

開いた状態

MEMO
ドアサッシに取り付ける部品は可動式になっており、いろんな寸法に対応できるようになっています。
STEP5
玄関扉に土台部品を取り付ける

リョービ取替用ドアクローザーの土台部品とレール部品

今度は扉側に部品を取り付けていきます。写真の上の部品がレール部品、下の長方形の2つが土台部品です。真ん中の小さい部品はそれら2つの部品の固定に使用します。

リョービ取替用ドアクローザーの土台部品の取り付け

まず長方形の土台部品の取り付けです。元々あいていたドアの穴に合わせてネジで取り付けます。

リョービ取替用ドアクローザーの土台部品の取り付け2

どの穴を使うかはサッシと本体取り付け穴の長さで決まるので、説明書に従います。

リョービ取替用ドアクローザーの土台部品を扉に取り付け3

左右2つの土台部品を取り付けました。
STEP6
レール部品を取り付ける

リョービ取替用ドアクローザーのレール部品

次にレール部品を取り付けます。

リョービ取替用ドアクローザーのレール部品の取り付け

先ほど取付けた土台部品にでっぱりがあり、はめ込むようになっています。

リョービ取替用ドアクローザーのレール部品の位置調整

レール部品の取り付けの際に、サッシに取付けた部品の軸が写真に示す矢印マークの間に入る位置にように調整します。

リョービ取替用ドアクローザーのレール部品の固定

レール型部品を固定しました。これでドア側の部品の取り付けが完了しました。
STEP7
本体部品を組み立てる

リョービ取替用ドアクローザーの本体部品の組み立て

本体部品の取り付けのために少し組み立て作業をします。

リョービ取替用ドアクローザーのアーム部品

アーム部品を本体部品にはめ込んでネジで固定します。

リョービ取替用ドアクローザーの本体部品にアームをはめ込む

本体部品にアーム型部品をはめ込みました。

リョービ取替ドアクローザーのアームを本体部品にねじ止め

ねじ止めしてアーム型部品を本体部品に固定します。
STEP8
本体部品をドアに取り付ける

リョービ取替用ドアクローザーの本体部品の引っかかる棒

リョービ取替用ドアクローザーの土台部品側の本体部品をひっかける爪

本体部品の裏面には引っ掛け用の棒があり、ドアに取付けた土台部品には写真のような引っ掛かる爪があります。

リョービ取替用ドアクローザーの本体部品を引っ掛けて取り付ける

土台部品の爪と本体部品の棒が引っ掛かるように取り付けます。

リョービ取替用ドアクローザーの本体部品をネジ止めして扉に固定

先ほど爪と棒を引っ掛けた反対側(左側面)をネジで固定します。

リョービ取替用ドアクローザーの本体部品とアーム部品の接続前の様子

今こんな状態です。ドア側の土台と本体部品を取り付けただけで、まだサッシ側部品と本体部品は接続していません。
STEP9
アーム部品を接続する

リョービ取替用ドアクローザーの2つのアームを接続

サッシ側のアームと本体部品のアームを接続します。

リョービ取替用ドアクローザーのアーム部品の接続前の調整

サッシ側のアーム(棒)がネジ式になっておりクルクル回すと長さ調整でき、サッシ側のアームがドアと平行になるように取り付けます。

リョービ取替用ドアクローザーの2つのアームをねじ止め

2つのアーム部品の接続部分をネジで固定します。

リョービ取替用ドアクローザーのキャップの取り付け

最後に本体下のボルト部分をキャップをはめ込みます。

リョービ取替用ドアクローザーの取り付け完了

これでドアクローザーのひと通りの組み立てが完了しました。
STEP10
ドアの開閉を確認する
リョービ取替用ドアクローザーの機能確認1

①ドアを一番外まで開ける

リョービ取替用ドアクローザーの機能確認2

②ドアがゆっくり自動的に閉まる

ドアを目一杯開けても、ゆっくりスムーズに勝手に閉まるようになりました!

自分で組み立てて取り付けると、ドアクローザーってすごいんだなって感心しますよ!しかし実はまだ続きがあります

STEP11
ドア開放時の停止位置を作る

リョービ取替用ドアクローザーでドアの停止位置を作る

自分の好きなドアの角度で開けたまま、この部分をガッチリ閉めると・・・

リョービ取替用ドアクローザーの指定の位置でのドア停止機能

なんとストッパーいらずで止まるんです!もちろん軽い力で引くと動き出して閉まります。

おーき

普通の機能なのですが、自分で組み立てると、おおー!ってなります。
ドアクローザーの交換完了

ビフォーアフター

Before

交換前の古いドアクローザー

After

リョービ取替用ドアクローザーの取り付け完了

 

リフォームに必要な資材・道具の一覧

使用資材 説明
使用道具 説明

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • ドアクローザー:5100円

作業時間

  • ドアクローザーの交換:1時間程度

 

まとめ|リョービ取替用ドアクローザーはDIYでも簡単に交換・取り付けできる!

今回初めてドアクローザーを交換しましたが、ドライバー1本で案外簡単に交換できました。

古いドアクローザーの動作が悪くて困っている方は、ぜひDIYで交換してみてくださいね。

特に「リョービ 取替用ドアクローザー」はいろんなドアクローザーの取り付け寸法に対応できるようになっているので便利でおすすめです!

 

あわせて読みたい

この記事以外にも玄関まわりのリフォームは色々やっています。DIYリフォームのビフォーアフター写真でまとめているので、ぜひご覧ください。

玄関・ベランダのDIYリフォーム事例集玄関・ベランダのビフォーアフター!DIYリフォーム事例集

4 COMMENTS

アバター バーダック

ドアクローザー交換の記事は少ないので参考になりました!
うちの物件のドアクローザーにはストッパー機能が無いので、
ドアの前に物を置くか、スリッパ等をドアのすきまにかませて
閉まるのを防いでいますが、不便なんですよねー。

返信する
アバター 大家の孫

かなりスタイリッシュなドアクローザーになりましたね☆
こうやってDIYしていると物件への愛着がどんどん沸いてきますよね。沸きすぎてちょっとやりすぎちゃったりもありますが(笑)

返信する
アバター 管理人おーき

バーダックさん、こんにちは^ ^
ドアクローザーの取り付け記事ってあんまりないかなーと思って書いてみました☆
こんな感じなんだ〜と思って頂けると嬉しいです!
ストッパーも実は素人工事のモノが付いていまして、やはりしっかり機能しません(笑)
でも今回のドアクローザーでストッパーがあって解決しました☆
こういう商品ってホント素敵ですよね♪考えて作ってくれた会社に感謝です!

返信する
アバター 管理人おーき

大家の孫さん、こんにちは^ ^
そうなんです!至る所やりたい事が多くて困ってます(笑)費用対効果なんてないものもやってると思いますσ(^_^;)
だいぶ愛着沸いちゃってます☆

返信する

バーダック にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)