インターホンをテレビモニターホンにDIYで交換・取り付けする方法【後付でも簡単設置!】

テレビモニターホンの交換のアイキャッチ

家の古いインターホンが昔ながらの「音が鳴るだけの呼び鈴タイプ」または「受話器で通話だけできるタイプ」という方。

実は簡単にカメラモニター付きのテレビモニターフォン(ドアホン)に交換できるって知っていましたか?

 

<音が鳴るだけのチャイム(ベル)>

交換前の古いインターホン(室内2)

交換前の古いインターホン(屋外)

<受話器で通話だけできるインターホン>

受話器で通話するタイプのインターフォン

通話タイプのインターフォン

 

上の写真のような古いインターホンでも、既存の配線を使ってカメラ付きのインターホンにリフォームできます。

配線がないという方でも、今ならワイヤレスのテレビモニターホンもあります。

 

テレビモニターホンになればモニター越しに来客の様子が見れるので、変な営業などの不要な来客には居留守を使えるのでとても便利です。

価格も1万円ほどとお手頃で、取り付けもドライバーとカッターナイフがあれば簡単に交換・設置できます。

この記事でDIYで取り付け設置する方法を細かくまとめていますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

ビフォーアフター

Before

交換前の古いインターホン(室内2)

After

テレビモニターホンの取り付け完了

Before

交換前の古いインターホン(屋外)

After

テレビモニターホン(カメラ)の取り付け完了

 

この記事で分かること
  • テレビモニターホンをDIYで取り付け・交換する方法
  • リフォームに必要な資材と道具
  • リフォーム費用と作業時間の目安

 

交換前の古いインターホン(呼び出しベルタイプ)

交換前の古いインターホン(室内)

交換前の古いインターホン(室内2)

テレビモニターホンに交換しようと思って家の中を見てみると、インターホンが鳴ったときに通話するところがありません。

元々インターホンが取り付いていたと思われるところから配線が伸びているので辿っていくと、和室の柱の床付近に変な装置を発見!

外の呼び出しベルを鳴らすと「チーン」って鳴ります(笑)

 

外の呼び出しベルは昔ながらのベル(チャイム)タイプ。

交換前の古いインターホン(屋外)

貸家(物件3号)に元々付いていた呼び鈴タイプのインターホン。

今どきこんなインターホンは珍しいですよね。中の人と話もできず、ただ音がチーンと鳴るだけ。

今回は呼び鈴タイプのインターホンを、カメラ付きの新しいテレビモニターホンに交換します。

MEMO
受話器で通話できるタイプのインターホンも交換方法は同じです。

新しく取り付けるパナソニックのテレビモニターホン(TVドアホン)

パナソニックテレビドアホン内容物

今回購入したPanasonicのテレビドアホンです。

ホームセンターで安いのを探すと、だいたいこの商品に行き着きます。今回で3回目のテレビモニターホンの交換ですが、3回ともこの商品になりました。

パナソニックのテレビモニターホンは価格も1万円弱とお手頃で、コンセントから電源を取るタイプなので、近くにコンセントがあれば電気工事も必要ありません。

 

ちなみにインターホンの配線自体がない!という方にはワイヤレスのテレビモニターホンもあります。

電池式ですが、2年近く持つようなので十分使えると思います。

 

テレビモニターホンをDIYで取り付け・交換する方法

リフォーム手順

手順1
屋外の古いインターホンの取り外し

交換前の古いインターホン(屋外)

古いインターホン(呼び出しベル)を取り外します。

屋外の古いインターホンの分解1

表面のカバーは手でパカッと外れました。

屋外の古いインターホンの分解2

土台の部品はブロック塀とネジで固定されていたのでドライバーで外します。

インターホンの配線(屋外)

古いインターホンを取り外すと二つの配線があるはずです。新しく取り付けるテレビモニターホンも同じ配線を使用します。
MEMO
配線がない場合は、ワイヤレステレビドアホンを取り付けます。
手順2
新しい屋外カメラの準備

新しく取り付けるテレビモニターホンのカメラ

屋外カメラは「土台部品」と「本体部品」の2つで構成されています。開封時は土台部品とくっ付いている状態ですので分解しておきます。

新しく取り付けるテレビモニターホンのカメラの分解

写真の矢印の箇所が開くようになっており、ネジ止めされています。ドライバーで回して取り外します。

新しく取り付けるテレビモニターホンのカメラの土台部品と本体部品

こんな感じで土台部品と本体部品に分かれました。
手順3
屋外カメラの土台部品の取り付け

テレビモニターホンの取り付け穴

屋外カメラの土台部品からブロック塀に取り付けます。通常、古いインターホン取り付け用の穴をそのまま活用できます。

テレビモニターホンの土台部品の取り付け

土台部品をブロック塀の穴に合わせてねじ止めします。
MEMO
取り付け用の穴がない場合は、ブロック塀に穴をあける必要があります。
手順4
屋外カメラ(本体部品)に配線を接続する

テレビモニターホンに配線を接続1

屋外カメラに配線を接続します。ブロック塀から配線が二本出ているので、これらを本体部品に接続します。

テレビモニターホンに配線を接続2

本体部品の裏側の穴に配線を差し込みます。差し込む穴はどっちでもOK。配線を差し込むときはネジを緩めて、差し込んだらネジを締めて配線を固定して下さいね。

テレビモニターホンのカメラ調整箇所

屋外カメラ向きは自由に調整できるようになっており、裏側のレバーで好きな方向に向けられます。
注意
カメラの向きはテレビモニターホンの取り付けが全て完了後、室内モニターで映像を確認して調整します。
手順5
屋外カメラの取り付け

テレビモニターホン(カメラ)の取り付け

屋外カメラ(本体部品)を土台部品にはめ込んでネジで固定します。

テレビモニターホン(カメラ)の取り付け完了

これで屋外カメラの取り付けは完了です!
手順6
室内の古いインターホンの取り外し

交換前の古いインターホンの分解

室内の古いインターホンを分解します。元々付いていたインターホンを分解したら、インターホン用配線(2本)と電源があることを確認してください。
MEMO
壁紙張り替えを予定している場合は、先に壁紙を張り替えておくと良いです。

壁紙をDIYで張り替える方法はこちらの記事で解説しています。

壁紙交換のアイキャッチリビングの壁紙をDIYで張り替え・交換する方法
手順7
金属の土台プレートの取り付け

室内モニター用土台部品

室内モニターを取り付けるための金属の土台プレートを壁に取り付けます。

室内モニター用土台部品の取り付け1

通常、インターホン用に壁に穴があいており壁の内部にボックスがあります。この壁の中のボックスにネジで固定します。なければ内側に板を入れて壁と挟み込んで固定すれば良いです。
手順8
室内モニターに配線を接続する

室内モニターにインターホンの配線を接続1

配線を室内モニターに差し込みます。この作業は屋外カメラのときと同じで差し込むだけです。

室内モニターにインターホンの配線を接続2

差し込む場所は上の写真の赤丸のところ。室内モニターの裏面です。

室内モニターにインターホンの配線を接続3

配線を接続しました。
MEMO
配線の先をねじって少し硬くしておくと差し込みやすいです。
手順8
室内モニターを取り付ける

室内モニターの取り付け

最後に金属の土台部品に室内モニターを取り付けます。金属の土台部品に引っ掛けるように装着します。

室内用モニターの取り付け完了

これで完成です!電源は近くのコンセントに差し込んでも良いですし、見栄えを気にするのであれば電源の配線も壁内部に収納しておくと綺麗になります。
手順8
映像の確認

テレビモニターホンの取り付け完了

モニターボタンをポチっと押すと、バッチリ外が映ります。
MEMO
カメラの向きを変えたい場合は、屋外カメラの向きを変更してください。
テレビモニターホンの交換完了

ビフォーアフター

Before

交換前の古いインターホン(室内2)

After

テレビモニターホンの取り付け完了


Before

交換前の古いインターホン(屋外)

After

テレビモニターホン(カメラ)の取り付け完了

リフォームに必要な資材・道具

使用資材 説明
使用道具 説明

リフォーム費用・作業時間の目安

リフォーム費用

  • テレビモニターホン代:9000円

作業時間

  • テレビモニターホンの分解・取り付け:20分

 

まとめ

古いインターホンからテレビモニターホンに交換すると見栄えがとても良くなり、機能も格段に向上しました。

たった1万円でカメラ付きのインターホンにできるんですから、やらなきゃ損!というくらいオススメのリフォームです。

簡単に交換できるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

あわせて読みたい

テレビモニターホン以外に低価格で見た目の大きく変わるリフォームとして、コンセントプレートやレンジフードの交換があります。ぜひご覧ください。

コンセントカバー交換のアイキャッチ古いコンセントカバー(プレート)をDIYで交換する方法(外し方と取り付け方) レンジフード取り外しのアイキャッチレンジフードと換気扇を自分(DIY)で交換する方法【取り外し編】

4 COMMENTS

アバター バーダック

私も以前はホームセンターで新品のモニタホンを購入してましたが、
最近はネットで中古品を3,000~4,000円で入手してます。
物件が中古なので、モニタホンも中古でいいやろ、という理屈です。^_^;

返信する
アバター 管理人おーき

バーダックさん、こんにちは^ ^
モニターホンにも中古があるんですか!普段は中古とかよく見るのに、モニターホンに関しては全然見てませんでした。
次回から見てみます☆ありがとうございます^ ^

返信する
アバター tambs5

相変わらずすごいね~!
エンジニアっていうのはリフォームにむいてるんかもしれんね。
エンジニア + リフォーム
ってなんか新しいメシの種になりそう

返信する
アバター 管理人おーき

ばっしー、コメントありがとう^ ^
会社の試験とかで必要なものを自分で何でも作ったりできるのが結構役立ったよ〜☆
会社で物を発注するとなるとどうもスピード感がなくてねぇ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)