ギフト券チャージで1000円もらおう

古い電気スイッチやコンセントの化粧カバー(プレート)をDIYで交換する方法|ドライバー1本で簡単取り外し&取り付け

コンセントカバー交換のアイキャッチ

この記事では、古い電気スイッチやコンセントの化粧カバー(プレート・パネル)をDIYで交換する方法を写真付きで解説しています。

古くなった電気スイッチやコンセントのカバーって、日光で色あせたり汚れで黄ばんだりしていると見栄えが悪いですよね。

実は壁に付いている電気スイッチやコンセントの表面の化粧カバー(パネル、蓋)は専門資格も必要なく、とても簡単に交換できます。

  • 化粧カバー1枚たった100円
  • ドライバー1本で簡単交換

費用も安く、はじめての方でも簡単に交換できるコスパのいいリフォームなので、ぜひ挑戦してみてください。

ビフォーアフター

Before
交換前の古い電気スイッチ・コンセントカバー(プレート・パネル・蓋)
After
交換後の古い電気スイッチ・コンセントカバー(プレート・パネル・蓋)
MEMO
この記事では「フルカラー」という種類のカバーの交換方法を解説していますが、「コスモシリーズ」のカバーでも交換方法は同じです。

交換前の古い電気スイッチ・コンセントの化粧カバー(プレート)

交換前の古い電気スイッチ・コンセントカバー(プレート・パネル・蓋)
今回交換する古いタイプのコンセントカバーです。

今回の作業場所は平成3年築の貸家。キッチン横にある少し古いタイプのコンセントカバーを交換します。

キッチンだからか油汚れまで付いていますね。コンセントカバーはわざわざ掃除して綺麗にするより、交換して新しくする方が時間もかからず楽ちんです。

新しいコンセントカバーを用意する前に、家の電気スイッチ・コンセントがどの種類のものか調べておく必要があります。

 

電気スイッチ・コンセントの化粧カバー(パネル)の種類を確かめよう

規格は大きく分けて「フルカラー」「コスモシリーズ」の2つ

Panasonic フルカラーのコンセントカバー
フルカラー
Panasonic コスモシリーズのコンセントプレート
コスモシリーズ ワイド21

一般的な家庭だと電気スイッチ・コンセントの規格はだいたい次の2つのどちらかです。

  1. フルカラー
  2. コスモシリーズ ワイド21

古い住宅だと「フルカラー」のコンセントパネルの場合が多いです。一方、最近の住宅だと「コスモシリーズ」が多いですね。

ちなみに「フルカラー」と「コスモシリーズ」には互換性はありません。(詳細は後ほど。)

フルカラーのスイッチカバーが取り付いているなら、フルカラー用のカバーを買いましょう。

フルカラーとコスモシリーズの規格の違い

「フルカラー」と「コスモシリーズ」のカバーの取付ネジの位置は同じなので、実はカバー自体はどちらでも取り付けられます。

なら、どっちのカバーでもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、実は土台となる金属取付枠(スイッチを固定する金属プレート)の厚みが違います

  1. フルカラー:厚さ4mm
  2. コスモシリーズ:厚さ5.6mm

コスモシリーズのスイッチカバーは、フルカラーよりも厚みがあるように作られています。

そのため、フルカラーの金属取付枠に厚みのあるコスモシリーズのカバーを取り付けると、スイッチやコンセントがカバーよりへこんだカッコ悪い状態になります

参考 スイッチ・コンセントがカバーよりへこんでしまった例Yahoo!知恵袋

一方、コスモシリーズの金属取付枠にフルカラーのカバーを取り付けると、金属取付枠の方が厚みがあるので、壁とカバーの間に隙間ができてしまいます。

こういった理由から、金属取付枠の規格に合ったカバーを選ぶ必要があります。

規格の違いまとめ
  1. カバーの取付穴の位置は同じ
  2. 金属取付枠の厚みが違うので、互換性はない

スイッチ(コンセント)の種類と必要枚数を調べておく

フルカラーのコンセントカバー・スイッチプレートのラインナップ
出典:Panasonicホームページ

電気スイッチ・コンセントのカバーにはスイッチ(コンセント)の数に応じてたくさん種類があります。

照明のスイッチ用のカバーなら「1コ用」のものが多いと思います。一方、一般的な電源コンセント用だと「3コ用」です。

またテレビのアンテナ線などが電源コンセントと一緒になった2列(2連用)のカバーもよく見かけますね。

交換するときは、事前にカバーの種類と必要枚数を調べておきましょう

 

電気スイッチ・コンセントの化粧カバーの交換に用意したもの

電気スイッチ・コンセントカバー|Panasonic フルカラー

コンセントカバー(プレート・パネル)の構成部品
新しく購入したPanasonic フルカラーの3コ用のコンセントカバーです。

電気スイッチ・コンセントのカバー(プレート)は2つの部品で構成されています。

  1. 表面プレート
  2. 土台プレート

1枚100円ほどでホームセンターやネットショップで売っています。バラ売りで買うより、10枚セットなどを購入した方が1枚当たりの値段が安くなります。

電気スイッチ・コンセントカバーの交換に必要な道具

  1. ドライバー
    コンセントカバーの分解・取り付けに使います。マイナスドライバーを既存のパネルの分解に使う場合があります。
  2. 電動ドライバー
    コンセントカバーの分解・取り付けに使います。手動より電動のほうが作業が楽なのでおすすめです。
  3. ぞうきん
    コンセントカバーを取り外すと周囲が汚れている場合があるので、掃除するときに使います。

 

電気スイッチ・コンセントの化粧カバーをDIYで交換する方法(外し方・取り付け方)

リフォーム手順

古い表面プレートを取り外す
古いスイッチカバー・コンセントプレートの表面カバーを取り外す
古いコンセントカバーの「表面プレート」は土台プレートとの隙間にマイナスドライバーを差し込むと外れます。
古いスイッチカバー・コンセントプレートの表面カバーを取り外す
このようにパカっと外れます。とても簡単ですね!
注意
カバーの種類によって取り外し方は異なりますが、はめ込みタイプやネジ止めタイプなどがあります。
古い土台プレートを取り外す
古いスイッチカバー・コンセントプレートの土台プレートを取り外す
古いコンセントカバーの「土台プレート」は、内側の電源コンセントを支える金属取付枠にネジで固定されています。
古いスイッチカバー・コンセントプレートの土台プレートのネジを緩める
上下2つのネジを外すと「土台プレート」が外れます。
古いスイッチカバー・コンセントプレートの土台プレートを取り外した様子
古いコンセントカバーの土台プレートが外れました。
【汚れている場合】周囲を清掃する
コンセントやスイッチ周りの汚れを雑巾で拭き取る
古いコンセントカバーを取り外したあと、汚れている場合は雑巾などで拭いて綺麗にします。
新しい土台プレートを取り付ける
コンセントカバー(プレート・パネル)の構成部品
新しいコンセントカバーを取り付けていきます。まずは「土台プレート」(写真右)から取り付けていきます。
土台プレートと金属取付枠のネジ穴を合わせる
「土台プレート」の付属のネジ(上下二つ)の位置を金属取付枠(プレート)のネジ穴に合わせます。
新しいコンセントプレートの上側のネジを締める
穴とネジを合わせて、そのままネジを締めます。
新しいコンセントプレートの下側のネジを締める
上下2つのネジを固定しました。
MEMO
土台プレートに元々付いているネジはそのまま回るので、取り外してから締め直す必要はありません。
新しい表面プレートを取り付ける
新しいコンセントプレートの表面カバーを土台プレートに取り付ける
最後に表面プレートを取り付けます。
新しいコンセントプレートの表面カバーを土台プレートに取り付ける
土台プレートに合わせてパチっとはめ込みます。
新しいコンセントプレートの表面カバーを土台プレートに取り付けた様子
パチン!と上手くはまったらおしまいです。
スイッチカバー・コンセントプレートの交換完了

ビフォーアフター

Before
交換前の古い電気スイッチ・コンセントカバー(プレート・パネル・蓋)
After
交換後の古い電気スイッチ・コンセントカバー(プレート・パネル・蓋)

リフォームに必要な資材・道具一覧

外観リンク

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • コンセントカバー(1枚):100円

作業時間

  • 交換時間:3分

 

まとめ|「フルカラー」「コスモシリーズ」の種類に注意して交換しよう

古いスイッチカバー・コンセントプレートの表面カバーを取り外す
新しいコンセントプレートの上側のネジを締める

電気スイッチ・コンセントのカバーの交換はドライバー1本あれば誰でもできる簡単な作業です。費用も1枚100円ほどで、業者さんに頼むほどのものではありません。

注意点としては、カバーの規格「フルカラー」か「コスモシリーズ」の違いだけ。

カバーの交換はとてもコスパのよいリフォームなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

カバーを購入するときは10枚入で購入するのがお得です。こちらに10枚入で売られているカバーをまとめたので必要な方はご覧ください。

あわせて読みたい

電気スイッチ・コンセントのカバー交換のように「コスパの良いリフォーム」は色々あります。

僕が実際にしたDIYリフォームの中から厳選したコスパの良いリフォームをまとめているので、ぜひご覧ください。

予算3万円!自分でもできるコスパのいいDIYリフォーム特集予算3万円!自分でもできるコスパのいいDIYリフォーム特集

6 COMMENTS

アバター コロビビ

 100円未満とは知りませんでした。
これで、印象ずいぶん変わりますね。
でも、家じゅう変えないといけないので、この価格でないと、逆に困っちゃうってことですね。
今まで、歯ブラシで綺麗に掃除してましたが、今度からは交換します。

返信する
アバター 大家の孫

コンセントプレートの交換は、費用対効果の大きいセルフリフォームだと思いますね。
作業も簡単だし、絶対やるべきですよね^^

返信する
アバター cocoyou

ステキでつ(* ̄∇ ̄)ノ
こーいう内容の記事書いてくれるセルフリフォーム大家さんいないんですよね、あんまり。
これからも、楽しみにしてます。

返信する
アバター 管理人おーき

コロビビさん、こんばんは^ ^
そうなんです!100円で交換できちゃいます☆ただ、コンセントの差し込み口の面はそのままなので、そこは歯ブラシとかで電気に気を付けながら綺麗にする必要があります〜。

返信する
アバター 管理人おーき

大家の孫さん、こんばんは^ ^
コンセントプレート交換良いですよね♪簡単に見た目が良くなる作業なので、この作業結構好きです☆

返信する
アバター 管理人おーき

cocoyouさん、こんばんは^ ^
そう言ってもらえるととても嬉しいです〜☆
作業のイメージができて、これなら自分でも出来る!って思えるようになってもらえたらな〜と思って記事にしてます。また色々記事にしていきますね!

返信する

管理人おーき へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)