1mわずか100円!巾木(幅木)をDIYで交換・取り付けリフォームする方法

巾木の取り付け

この記事では、巾木(幅木)をDIYで取り付ける方法を写真付きで解説しています。

壁と床の境界に取り付いている巾木。実は一般的な巾木ならホームセンターで1mあたり100円ほどと格安で手に入ります。

取り付けもボンド付けと釘打ちだけの簡単な作業です。

  • 材料代1mあたり100円〜
  • 取り付けはボンドと釘打ちだけ

この記事に巾木をDIYで取り付ける方法を詳しくまとめたので、是非チャレンジしてみてください。

 

ビフォーアフター

Before

クッションフロアの貼付け完了

After

巾木取付後

この記事で分かること
  • 巾木(幅木)をDIYで交換する方法
  • リフォームに使用した資材・道具一覧
  • リフォーム費用と作業時間の目安

DIYリフォーム前の巾木(幅木)を取り付けるの洗面所の床の様子

巾木を取り付ける前の洗面所の床の様子

巾木を取り付ける前の洗面所の床の様子。

今回巾木を取り付けるのは洗面所の床です。

もともと塩化ビニール製のソフト巾木が取り付いていましたが、見た目が安っぽかったので木製の巾木を取り付けます。

巾木の取り付け前に壁紙やクッションフロアを交換しています。

クッションフロアを張り替える方法」の記事に詳しいやり方をまとめているのでぜひご覧ください。

クッションフロアの張り替え洗面所の床のクッションフロア(CF・床シート)をDIYで張替える方法(貼り方)

 

巾木の交換・取り付けするために用意したもの

木製の巾木(ファイバーボード製)

購入した巾木

ビバホームで購入した木製の巾木。

木製といっても、木の粉を固めたファイバーボード(繊維板)の表面に木目調のシートが貼られているものです。

巾木って高そうなイメージがあったのですが、ビバホームでなんと4mで398円!1mあたり100円です。安い!

しかも20円でカットしてくれるので、あらかじめサイズを測っておいて希望のサイズを言えば、カットの手間もかかりませんでした。

コーナーキャップ(入隅材)

巾木の入隅材と釘

巾木の角の部分に使用するコーナーキャップ。

コーナーキャップには、凹んだ角に使用する入隅材、出っ張った角に使用する出隅材の2種類あります。

角のつなぎ目はコーナーキャップで隠せるので便利です。

巾木を取り付けるために用意した道具

巾木の取り付けは釘打ちなので「ハンマー(トンカチ)」が必要です。

また巾木の表面を傷つけないように「釘締め」があるととても便利です。(ドライバーのようなものでも代用できます。)

木製巾木の場合は、内側に「木工用ボンド」を塗るので準備しておきましょう。

 

巾木をDIYで交換・取り付けする方法

リフォーム手順

STEP1
取付場所の寸法を測る

巾木を取り付ける箇所の寸法測定

巾木を取り付ける場所の長さを測っておきます。
STEP2
巾木を必要長さにカットする

あらかじめ巾木を必要な長さにカットします。

MEMO
ホームセンターで巾木を購入すると20円ほどでカットしてくれるので便利です。
STEP3
巾木の裏にボンドを塗る

巾木にボンド付け

巾木の裏に木工用ボンドを塗ります。
MEMO
リフォーム業者さんによると釘だけではなくボンドを少量塗っておくと良いようです。

 

STEP4
巾木を壁に貼り付ける

巾木の取り付け前

裏にボンドを塗った巾木を貼り付けます。

巾木の取り付け

ここではまだボンドでくっ付いているだけです。
注意
湿気の多くなる部屋では、膨張を見越して少しだけ隙間をあけておくと良いです。
STEP5
巾木を釘で固定する

巾木を釘打ち

取り付け位置を決めたら釘打ちして固定します。巾木と同じような色の短い釘(ふすま用釘)を打ちました。

巾木の釘打ち

釘打ちの最後は、巾木を傷つけないように先の細いモノ(釘締)を介してハンマーで叩きます。
STEP6
コーナーキャップを取り付ける

巾木の入隅材と釘

巾木の角の部分には専用のプラスチックの部品を使います。(写真は入隅材)

巾木のつなぎ目になる角を入隅材で固定する

入隅材には釘打ち用の穴があいているので、そこを釘打ちして固定します。

巾木のつなぎ目になる角を入隅材で固定した様子

釘打ちして入隅材を固定しました。
MEMO
へっこんだ角には入隅材、出っ張った角には出隅材を使用します。

おーき

入隅のプラスッチック部品、ビバホームで1つ300円位しました。なんと巾木とほぼ同じ値段。こっちで利益を稼いでるんですかね。
巾木の取り付け完了

 

ビフォーアフター

Before

クッションフロアの貼付け完了

After

巾木取付後

おーき

やっぱり巾木のありなしでは大違いですね!とても安かったので大満足です。

 

リフォームに使用した資材・道具一覧

使用資材 説明
使用道具 説明

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • 巾木代:398円(4m) × 2
  • カット代:80円
  • 角の部品(コーナーキャップ):348円 × 2
  • 合計:1572円

作業時間

  • 巾木の取り付け:30分(カット時間除く)

 

まとめ|巾木の材料代は意外と安く施工も簡単!

今回初めて巾木を取り付けましたが、材料代はわずか1600円でした。

巾木のカットもホームセンターでやってもらったので、実質作業は貼り付けて釘打ちするだけととても簡単なものでした。

巾木はプラスチック製の柔らかいソフト巾木よりも木製(風)の角ばった巾木のほうが見栄えが良いと思います。

釘打ちする際は釘締めがとても便利なので用意しておくことをおすすめします。

 

あわせて読みたい

クッションフロアを張り替える場合は、巾木の取り付け前にリフォームしておきましょう。DIYでする場合はこちらの記事で解説しています。

クッションフロアの張り替え洗面所の床のクッションフロア(CF・床シート)をDIYで張替える方法(貼り方)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)