初心者でも簡単DIY!1000円でモダンでおしゃれな襖に張り替える方法

ふすまの張替え

この記事では、襖(ふすま)をDIYで張り替える方法を写真付きで解説しています。

黄ばんだり破れたふすまは見た目が悪いですよね。そんなときはモダンな色合いのふすま紙にするととってもオシャレになります。

  • 材料代わずか1000円(襖1枚)
  • 初心者でも簡単張り替え!

ふすまの張り替えは初心者でも十分できる張り替えられます。ぜひチャレンジしてみてください!

 

ビフォーアフター

Before

リフォーム前のふすま

After

ふすまの張り替え完了

この記事で分かること
  • 襖(ふすま)をDIYで張り替える方法
  • リフォームに必要な資材と道具
  • リフォーム費用と作業時間の目安

 

今回DIYリフォームで張り替える和室の襖(ふすま)

リフォーム前のふすま

ふすまの落書き

今回張り替える貸家の襖(ふすま)です。遠目からはあまり汚れてないように見えるかもしれません。

しかし近くで見てみると、鉛筆かペンの落書き跡があります。またタバコのヤニのようなもので黄ばんでいたりします。

今回この襖を張り替えていきます。

襖の張替えに必要な材料・道具

今回貼り付ける「モダンな襖紙(ふすまがみ)」と「のり」

新しい襖紙

モダンなデザインの襖紙(のりなし)

ふすまのノリ

襖紙用のり

襖紙はホームセンターで800円(2枚入)でした。1枚あたり400円なので安いですね。

和室の壁は白色の塗り壁調の壁紙なので、ふすまをアクセントっぽくしようと茶色グレーっぽいやつを選んでみました。

今回の襖紙はのりなしタイプなので、襖紙とは別に専用のりも購入しました。

 

引き手の釘

襖の引き手と引き手を取り付ける襖用釘です。

襖の引き手も一緒に交換する方は、新しい引き手も用意しておきましょう。

古い引き手を取り外して、同じサイズのものをホームセンターなどで探すと良いです。

襖の張替えに必要な道具



「なでバケ」と「ペイントローラー」以外はたいていお家にあるものだと思います。「なでバケ」は600円ほど、「ペイントローラー」は1000円ほどで売っています。

ちなみにペイントローラーは色んな種類がありますが、スリムタイプのものが使いやすいのでおすすめです。

 

襖(ふすま)をDIYで張り替える方法

注意
今回の解説ではふすまの表面だけ張り替えています。ふすま紙は乾燥すると縮むので表面・裏面の両面張り替える方がふすまに歪みが出ずらくなります。

DIYリフォーム方法

STEP1
ふすまの左右の木枠を分解する

リフォーム前のふすま

ふすま紙を貼り付ける前にふすまの木枠を取り外します。まず左右の木枠から分解します。

ふすまの木枠の構造

ふすまを横にした状態で立てます。(ふすまの底を見ている状態)

左右の木枠の分解

木枠が傷がつかないように適当に当て木をしてハンマーで叩きます。

ふすまの木枠の分解(左右)

ハンマーで叩くと横の木枠がスライドした状態になります。

左右の木枠の取り外し

ちょうどいい位置にスライドさせると木枠がパカっと外れます。

木枠の内部構造

木枠の内部にはレール上の溝と穴が加工されており、穴の部分にネジ頭がくると外れる構造になっているんですね。

左右の木枠を外したふすま

左右の木枠を取り外すと上下の木枠だけ残った状態になります。
STEP2
ふすまの上下の木枠を分解する

上下の木枠の取り外し

上下の木枠は釘で固定されているので、木枠とふすまの間に薄い板(写真では地ベラ)を入れてグリグリして外します。

ふすまの木枠の分解(上下)

このようにパカっと外れました。写真には固定用の釘が写っていますね。

左右の木枠を外したふすま

ようやくふすまの上下・左右4つの木枠がすべて外れました。
注意
上下と左右の木枠では外し方が違うので注意してください。
STEP3
ふすまの引き手を取り外す

引き手の釘を抜く

ふすまの引き手は釘で固定されているので、ペンチで頑張って引っこ抜きましょう。

古い引き手の取り外し

釘を抜くとふすまの引き手が取れました。

ふすまの釘の頭を出すために引き手を叩く

釘の頭がつかめないときは釘の周りの「引き手側」をトントン押して釘の頭を出します。

引き手の釘の頭

釘の周りの引き手部分をトントン叩くと、引き手自身が少しずれるので釘の頭が出ます。
STEP4
ふすま紙の巻き癖を直しておく

ロールの型をなくす

ふすま紙は購入時のロールの巻き癖が付いているので、逆向きに巻いてなるべくまっすぐに伸ばしておきましょう。
STEP5
ふすま紙をカットする

ふすま紙をサイズを決めるために、ふすま紙の上にふすまを置きます。

ふすま紙ののりしろ部分

ふすま紙の大きさが「ふすまの大きさ+のりしろ」になるように位置調整します。のりしろはふすまの厚み分より少し短めです。

ふすま紙のカット

反対側に余分が出ているのではさみでカットします。ここでもふすまの厚さ分ののりしろを残して切りましょう。

ふすま紙ののりしろの様子

ふすま紙がふすまの上下左右の4辺すべてにのりしろがある状態にカットしました。
MEMO
4辺に残したのりしろが襖の側面に折り込まれて貼り付きます。
STEP6
ふすま用のりを準備する

ふすまのノリ

ふすまに塗るのりを準備します。のりは水で薄めてよく混ぜておきます。
MEMO
今回購入したのりの薄める割合は「のり1に対し水3」です。
STEP7
カットしたふすま紙にのり付けする

ペンキローラーでのり付け

カットしたふすま紙にペイントローラーでのりを塗っていきます。

襖紙にのり付け

のりをふすま紙全面に塗りました。のりを塗った後は5分くらい放置しましょう。
MEMO
のりの水分がふすま紙に浸透するのを待つ必要があります。

おーき

のり付けにはペンキ用のスリムローラーが便利です。
STEP8
のり付けしたふすま紙をふすまに貼る

ふすま紙にのり付けして放置

ふすま紙をふすまの横にセットしておきます。

ふすま紙の貼り付け

のり付けしたふすま紙をふすまの上に乗せます。
MEMO
ふすまの周囲にのりしろ分が残るように位置調整してください。すぐにくっ付かないので何度もやり直しできます。
STEP9
なでバケで空気を押し出す

内部の空気をなでバケで押し出す

ふすま紙を乗せる位置を決めたら刷毛で空気出しをします。真ん中から外側へ軽くシャッシャと空気を外に押し出してください。
注意
空気の押し出しは軽く撫でるだけで良いです。のりの水分でふすま紙がシワシワになっているので、いくらハケで伸ばしてもふすま紙はピンとは張りません。
STEP10
のりしろ部分のふすま紙を折り込む

ふすま紙の折り込み

ふすま紙ののりしろ分をふすまの側面へ折り込みます。

ふすま紙の折り込み

ふすまの周囲4辺にはみ出たのりしろ分をすべて折り込みましょう。
MEMO
折り込みの際、側面のネジ部分でふすま紙が破れても隠れるところなので大丈夫です。
STEP11
ふすまを乾燥させる

しわしわの乾燥前のふすま

ふすまを立て掛けて乾燥させます。写真のように貼りたてのふすまはシワシワです。

乾燥させてピンピンに張ったふすま

乾燥させるとピンピンに張って綺麗になります。

ふすま紙を乾燥させる

シワがすっかりなくなりました!だいぶ良い感じになってきましたね。
注意
乾燥時はエアコンなどの風は当てないでください。

おーき

以前、早く乾燥させようとエアコンの風に当てて乾燥させたら下地の紙ごとバリっと破れたことがあります(泣)
STEP12
ふすまの上下の木枠を組み立てる

上下の木枠の取り付け

分解したふすまの木枠を元に戻します。まずは上下の木枠からです。上下の木枠は釘で固定されていたので、元々の刺さっていた場所を手探りで探します。

上下の木枠の取り付け

木枠の釘が入る場所を見つけたらハンマーで木枠を叩いてはめ込みます。

上下の木枠は押入れのレールと擦れるところなので、釘が頭を出していたらすこし打ち込んでおきましょう。

おーき

釘の頭を打ち込むには釘締めという道具が便利です。
STEP13
ふすまの左右の木枠を組み立てる

木枠の穴とネジの頭の位置を合わせる

次は左右の木枠の取り付けです。木枠内側の穴にふすまのネジの頭を合わせます。

左右の木枠の穴とネジの頭の位置を合わせる

全部のネジの頭と木枠の穴が一致するようにセットします。

左右の木枠をはめ込む

位置があっていれば木枠がスッポリと納まります。

組み立て途中の木枠

ネジ頭の位置に合わせて木枠をはめただけなので、まだ木枠はずれた状態です。

木枠の組み立て

当て木をしてハンマーで叩いて元の位置に戻します。

組み立てた左右の木枠

底の部分は擦れるところなのでぴったりになるように調整します。

上下左右の木枠を全て元通りに組み立てました。
STEP14
新しい引き手を取り付ける

引き手のあった場所を探して切れ込みを入れる

元々引き手があったところを指で探ると円形に凹むところがあります。そこにカッターナイフを入れます。

引き手部分に切れ込みを入れる

8分割くらい切り込みを入れてふすま紙を手で押し込みます。

新しい引き手の取り付け

新しい引き手をはめ込みます。1個500円もしました。

ふすまの引き手

はめ込みました。ここではまだ固定されていません。
STEP15
新しい引き手を釘で固定する

引き手の釘

引き手は釘で固定します。ふすまの引き手用の釘は30本くらいで68円で売っていました。

引き手を釘で取り付け

引き手には釘が入る穴があります。釘をペンチで挟んでハンマーで少し叩いて固定します。ここでは仮止めで全部押し込みません。

引き手の釘打ち

仮止めした釘の角度がそのまま押し込んでいけそうなら、最後に釘締めを使ってハンマーで叩きます。

新しい引き手

引き手を取り付けたら完成です!
MEMO
引き手を傷つけないためにも釘締を使うと良いです。

おーき

僕が初めて引き手の釘打ちをした時はそのままハンマーで釘を叩いたので引き手を傷つけてしまいました。ここに失敗の教訓が隠れています。
ふすまの張り替え完了

 

ビフォーアフター

Before

リフォーム前のふすま

After

ふすまの張り替え完了

おーき

今回モダンな色のふすま紙を選んでみましたがちょっと高級感が出た気がします!

リフォームに必要な資材と道具一覧

使用資材 説明

 

使用道具 説明

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • ふすま紙:800円(ふすま2枚分)
  • 障子のり:200円
  • ふすまの引き手:1000円(2個)
  • ふすまの引き手用釘:100円
  • 合計:2100円(ふすま2枚)

作業時間

  • ふすまの張り替え:1時間/1枚(乾燥時間を除く)

 

 

まとめ:DIYならたった1000円でモダンでおしゃれな襖に大変身!

一見難しそうなふすま張り替えですが、実際にやっていることは簡単な作業です。

価格も1枚1000円程度と安く、張り替えるとガラッと見た目が変わるのでおすすめのDIYリフォームです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

あわせて読みたい

ふすまの張り替えに合わせて、和室の壁(砂壁・土壁・繊維壁)も一緒にリフォームするととても綺麗になります。昔ながらの砂壁等でも専用ボンドを塗るだけで壁紙が貼れるようになります。

砂壁・土壁・繊維壁に壁紙を貼る方法はこちらの記事をご覧ください。

砂壁の上に直接壁紙を貼る方法和室の砂壁・土壁・繊維壁の上に壁紙を貼ってDIYリフォームする方法

8 COMMENTS

アバター コロビビ

すっごくいいセンスですね。
これだけでも、全然雰囲気が変わりますね。
実家を貸家にする時、リフォームでぼったくられました。
自分でできないので、悔しいです。

返信する
アバター ぽん

はじめまして
のりのしわしわが無くなってますね
マジックです。
自分だと強引に乾いていなうちに
しわを伸ばしてしまいそうです。

返信する
アバター もみのり子

いつも丁寧に写真解説付きのリフォーム記事有り難うございます。ふすま貼りも自分で出来そうですよね。
シワシワでも後で伸びてくれるのだったら、安心です。
これもやってみたーい。
昨日はアドバイス有り難うございました。
つい遅い時間になってしまいごめんなさいね。
これから使いこなします!

返信する
アバター 管理人おーき

コロビビさん、コメントありがとうございます^ ^
中々の仕上がりになりました☆
ふすま貼り替えは枚数が多いと飽きちゃうんですよね(ーー;)本当は業者さんに頼むと良いんですけど、ケチってしまうんです(笑)

返信する
アバター 管理人おーき

ぽんさん、はじめまして!コメントありがとうございます^ ^
シワシワだと何だが心配なんですが、我慢して待つとびっくりするくらいピンピンになるんです☆面白いですよね。
あんまりいじってはダメですよ〜(笑)

返信する
アバター 管理人おーき

もみのり子さん、コメントありがとうございます^ ^
ふすまも案外簡単に出来るもんですよ〜。あまりにも枚数が多いと飽きちゃいますけどね(笑)今回は4枚だけだったので助かりました。
iPhoneアプリ、頑張って使いこなして下さい!

返信する
アバター 大家の孫

私がリフォーム中の祖父の家も、ふすまが10枚くらいありますので、張替えにチャレンジしようと思っています。
写真つきで大変参考になります。
実際にやるときは、この記事を見ながらやってみたいと思います☆

返信する
アバター 管理人おーき

大家の孫さん、コメントありがとうございます^^
10枚はなかなかヘビーですね( ̄O ̄;)
上手く張り替えられると良いですね☆大変かもしれませんが頑張ってください〜!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)