キッチン奥と壁の隙間をDIYでシリコンコーキングする方法

キッチン奥のシリコンコーキング

この記事では、キッチン奥と壁の隙間をDIYでシリコンコーキングする方法を写真付きで解説しています。

費用も材料代の数百円程度でできるので、カビや油で汚れている場合はDIYでシリコンコーキングするととても綺麗になります。

おーき

特にキッチンのコンロ奥は油汚れで黄ばみが気になりますよね。

シリコンコーキングはDIYでも簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてください!

この記事で分かること
  • キッチンまわりのシリコンコーキングの方法
  • リフォームに必要な資材と道具
  • リフォーム費用と作業時間の目安

 

作業前のキッチンのシリコンコーキングの様子

作業前のシリコンの様子

作業前のシリコンの様子

作業前の貸家(物件3号)のキッチン奥のシリコンコーキングの様子です。

遠目からでも分かるくらい油汚れやカビなどで茶色に汚れています。

せっかくのキッチン台の白さがもったいないですね。

作業前のシリコンの様子

作業前のシリコンの様子

拡大してみると黄ばみの汚れだけじゃなく、そもそもシリコンコーキングが直線になっておらず下手くそなんです。

おーき

この貸家(物件3号)は以前の所有者がDIYで色々手を加えているようなのですが、下手過ぎる気がします。おかげで手間がかかって仕方がない^^;

新しくシリコンコーキングをやり直して綺麗にしていきます。

キッチン奥と壁の隙間をDIYでシリコンコーキングする方法

リフォーム手順

  • 手順1
    古いシリコンを除去する

    古いシリコンにカッターで切れ込みを入れる様子

    まずは古いシリコンを除去します。

    シリコンは軟らかいのでカッターナイフで除去できます。

    カッターナイフで古いシリコンを除去

    今回は壁がタイルなのでカッターナイフでもほとんど傷付きません。

    キッチン側の白い台の部分はカッターを入れると削れちゃうので、傷つかないように慎重にシリコンを除去していきます。

    シリコンを除去している様子

    上手く切れ込みを入れると、ビヨーンと気持ち良く取れます。

    カッターでシリコンを除去したあとの様子

    細かいのがこべりついているのはカッターでカリカリして根気良く取ります。

    古いシリコンを除去した様子

    1時間くらいずっとカリカリしてようやく取れました!

    古いシリコンを除去した様子

    コンロ奥の黄ばんだシリコンも全部除去しました。

  • 手順2
    タイル目地などの周辺の美装(必要な場合)

    新しいシリコンコーキングをする前に、周囲の美装作業をしておきましょう。

    今回の場合は、壁がタイルなので事前にタイル目地を目地ペインターで綺麗にしました。

     

    あわせて読みたい

    タイル目地を綺麗にする方法はこちらの記事が参考になります。

    目地を白く塗って綺麗にする方法キッチンのタイル目地を白く塗って簡単に綺麗にする方法 タイル目地の補修キッチンのタイル目地の穴や隙間を簡単に補修する方法
  • 手順3
    マスキングテープを貼る

    マスキングテープの貼り付け

    シリコンコーキングのためにマスキングテープを貼ります。

    マスキングテープの様子

    マスキングテープを貼る幅は、中心から5mmくらい離れたところに貼っていきます。

    マスキングテープがないところをシリコンが覆うので、仕上がりをイメージしながら幅を決めてください。

    おーき

    前の所有者の人はマスキングテープを貼らずにシリコンコーキングしたんでしょうね。これをしないと一直線に仕上がりません!

  • 手順4
    シリコンを注入する

    シリコンシーラントとコーキングガン

    シリコンの注入には、コーキングガンとシリコンシーラントを使用します。

    キッチンは水仕事をするのでシリコンシーラントは防カビ剤入りが良いです。

    おーき

    一見、専門的な道具に見えますが1000円程度で購入できる単純な道具です!

    シリコンコーキングの様子

    マスキングテープの間に、にゅーっとシリコンを注入していきます。

    シリコン注入完了

    シリコンを注入しました。

  • 手順5
    シリコンを均す

    シリコンを指で均す様子

    シリコンをヘラなどで均します。僕は指でやっています。

    均した面がそのまま仕上がり面になるので角に沿って丁寧になぞりましょう。

    シリコンを指で均した後

    指に付いた余分なシリコンは適宜ティッシュなどで拭いて、なんどもシリコンを指で均していきます。

    注意

    あんまり強くなぞるとシリコンが取れすぎてしまうので注意してください。そのときは再度シリコンを注入して再チャレンジです。

  • 手順6
    マスキングテープを剥がす

    マスキングテープを剥がしている様子

    シリコンが固まる前にマスキングテープを剥がします。

    剥がすときは、シリコンの端面が綺麗になるように、中心から外側に少し角度をつけながら剥がすとよいです。

  • 手順7
    固まるまでしばらく放置する

    シリコンコーキング後の様子

    シリコンが固まるまでしばらく放置します。

    数時間経つと表面から固まってきます。完全に固まるまでは触らないようにしましょう。

  • シリコンコーキング完成

ビフォーアフター

作業前のシリコンの様子

ビフォー①シンク奥

シリコンコーキング後の様子

アフター①シンク奥


作業前のシリコンの様子

ビフォー②コンロ奥

シリコンコーキング後の様子

アフター②コンロ奥

リフォームに必要な資材・道具

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • シリコンシーラント:500円
  • マスキングテープ:50円

作業時間

  • シリコンコーキング作業:2時間程度(シリコン硬化時間を除く)

 

 

まとめ

シリコンコーキングをやり直すと見違えるほど綺麗になります。

コンロ奥など油汚れが落ちない場合は、シリコンコーキングで綺麗にしてもよいと思います。

価格も材料代なら1000円しませんしね。ぜひ挑戦してみてください。

▽ この貸家のキッチンでは、レンジフードやシングルレバー混合栓の交換もしています。ぜひご覧ください。

キッチン横のシリコンコーキングキッチン横と壁の隙間をDIYでシリコンコーキングする方法

4 Comments

バーダック

キッチンのコーキングをやり替えると見違えるのですよねー。
自分でもやらないといけないのですが、古いコーキングを
落としたり面倒なことがあるのでつい、見送りがちになります。

返信する
管理人おーき

バーダックさん、こんにちは^ ^
そうなんですよね。古いコーキングの除去が手間で中々手をつけていませんでした。今回ようやく重い腰をあげました(笑)
でもやっぱりやると印象が変わってスッキリ気持ちいいですね〜☆

返信する
コロビビ

 新しくなっただけでなく、なんてコーキングの仕上げが美しいのでしょう!!
1時間カリカリやった分の苦労が成果となって表れていますね。
すばらし~

返信する
管理人おーき

コロビビさん、こんにちは^ ^
古いコーキングの除去が大変でしたが、やった甲斐がありました☆
カリカリするのは変に几帳面な性格に合っているのかもしれません(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)