キッチン(台所)まわりの壁の隙間をDIYでシリコンコーキングする方法

キッチン奥のシリコンコーキング

この記事では、キッチン(台所)まわりのシリコンコーキングをやり直す方法を解説しています。

カビで黒ずんだり、油汚れで黄ばんでしまった古いシリコンコーキングのやり直しは、わざわざ業者さんに頼まなくても次のポイントを押さえておけば綺麗に仕上げられます。

  • 古いシリコンはしっかり除去する
  • コーキングするときには必ずマスキングテープを使う

僕自身、誰にも教わらずにはじめてDIYでやってみましたが、案外綺麗に仕上がるものです。

費用も工具代含めて2千円程度でできるので、ぜひチャレンジしてみてください!

ビフォーアフター

Before

作業前の黄ばんだ古いシリコンコーキングの様子

After

シリコンコーキングをやり直した後の様子

この記事で分かること
  • キッチン(台所)まわりのシリコンコーキングの方法
  • リフォームに使用した資材・道具一覧
  • リフォーム費用と作業時間の目安

 

作業前のキッチン(台所)まわりの壁の隙間の黄ばんだシリコンコーキング

作業前のシリコンの様子

作業前のシリコンの様子

今回の作業場所は平成3年築の貸家(物件3号)のキッチン。

遠目からでも分かるくらい油汚れやカビなどで黄ばんでいます。せっかくのシステムキッチンの白さがもったいないですね。

作業前のシリコンの様子

シンク裏のシリコンコーキング拡大写真

作業前のシリコンの様子

コンロ裏のシリコンコーキング拡大写真

更に近づいて見てみると黄ばみの汚れだけじゃなく、そもそもシリコンコーキングが綺麗に直線になっていないんです・・・。

中古で購入した一戸建ですが、流石に新築当初からこの仕上がりはないと思うので、前所有者がDIYでシリコンコーキングしたんでしょう。

マスキングテープを使うとこんな風にはならないのにな・・・と思いつつも、気を入れ直して新しくシリコンコーキングをしていきます。

キッチン(台所)まわりの壁の隙間をシリコンコーキングのために用意したもの

シリコンシーラント・マスキングテープ

コーキングするシリコンには色んな種類があります。今回は白色の防カビ剤入りの「シリコンシーラント」を選びました。

シリコンコーキングでは「マスキングテープ」を使用すると、まっすぐきれいに仕上げられます。「箱ティッシュ」はシリコンを均したときに余分なシリコンを拭き取るために使用します。

シリコンコーキングに必要な道具

シリコンコーキングするためには、先ほどのシリコンシーラントのカードリッジを「コーキングガン」に装着して使います。ホームセンターなどで1000円ほどで売っています。

「カッターナイフ」は古いシリコンの除去用、「はさみ」はマスキングテープのカット用です。

 

キッチン(台所)まわりの壁の隙間をDIYでシリコンコーキングする方法

リフォーム手順

STEP1
古いシリコンにカッターナイフで切れ込みを入れる

古いシリコンにカッターで切れ込みを入れる様子

古いシリコンにカッターナイフで切れ込みを入れます。なるべく壁に垂直にカッターの刃を入れましょう。(キッチン台側はなるべく水平に)
注意
壁のタイル表面は硬いのでめったに傷つきませんが、キッチン台側など傷つきやすい素材の場合は慎重にカッターナイフで切れ込みを入れましょう。
STEP2
切れ込みを入れた古いシリコンを引っ張って取り除く

シリコンを除去している様子

カッターナイフで上手く切れ込みが入っていると、古いシリコンを手で引っ張るとビヨーンと気持ち良く取れます。
STEP3
残ったシリコンを丁寧に除去する

カッターでシリコンを除去したあとの様子

残ったシリコンもカッターナイフでカリカリ削って根気よく取ります。

古いシリコンを除去した様子

古いシリコンをきれいに除去しました。

おーき

古いシリコンを綺麗に除去するために1時間ほどずっと削っていました。

 

STEP4
マスキングテープを貼る

マスキングテープの貼り付け

マスキングテープの様子

シリコンコーキングするところにマスキングテープを貼ります。マスキングテープを貼る幅は1cmくらいです。中心から5mmくらいのところに両側を貼っていきます。

マスキングテープがないところをシリコンが覆うので、仕上がりをイメージしながら幅を決めてください。

注意
マスキングテープをしないと綺麗な直線に仕上がりません。必ずマスキングテープを貼ってください。
STEP5
シリコンを注入する

シリコンシーラントとコーキングガン

シリコンの注入には、コーキングガンとシリコンシーラントを使用します。

シリコンコーキングの様子

マスキングテープの間に、にゅーっとシリコンを注入していきます。

シリコン注入完了

シリコンを注入しました。
MEMO
キッチンは水仕事をするので、シリコンシーラントには防カビ剤入りがおすすめです。
STEP6
シリコンを均す

シリコンを指で均す様子

シリコンをヘラなどで均します。僕は指でやっています。均した面がそのまま仕上がり面になるので角に沿って丁寧になぞりましょう。

シリコンを指で均した後

ヘラや指に付いた余分なシリコンは適宜ティッシュなどで拭いて、なんどもシリコンを指で均していきます。
注意
あんまり強くなぞるとシリコンが取れすぎてしまうので注意してください。そのときは再度シリコンを注入して再チャレンジです。

 

STEP7
マスキングテープを剥がす

マスキングテープを剥がしている様子

シリコンが固まる前にマスキングテープを剥がします。
MEMO
シリコンの端面が綺麗になるように、中心から外側に少し角度をつけながらはがすとよいです。
STEP8
固まるまでしばらく放置する

シリコンコーキング後の様子

シリコンが固まるまでしばらく放置します。数時間経つと表面から固まってきます。完全に固まるまでは触らないようにしましょう。
シリコンコーキングのやり直し完了

ビフォーアフター

Before

作業前の黄ばんだ古いシリコンコーキングの様子

After

シリコンコーキングをやり直した後の様子


Before

作業前のシリコンの様子

After

シリコンコーキング後の様子

 

リフォームに必要な資材・道具一覧

使用資材 説明
使用道具 説明

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • シリコンシーラント:400円
  • コーキングガン:600円
  • マスキングテープ:400円
  • 合計:1400円

作業時間

  • シリコンコーキング作業:2時間(乾燥時間は除く)

 

 

まとめ:シリコンコーキングのやり直し(打ち直し)はマスキングテープ必須!

汚れて汚くなったシリコンは新しくやり直す(打ち直す)ととてもきれいになります。

古いシリコンの除去とマスキングテープの貼り付けに時間が取られますが、真っ直ぐビシッと綺麗なシリコンコーキングができるようになります。

費用もそんなにかからないので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

あわせて読みたい

キッチンのリフォームでは、この他にキッチンパネルの貼り付けやレンジフードの交換などいろんなDIYリフォームをしています。

こちらの記事にキッチンのDIYリフォームをまとめているので、ぜひご覧ください。

キッチン(台所)のDIYリフォーム事例集キッチン(台所)のビフォーアフター!DIYリフォーム事例集

4 COMMENTS

アバター バーダック

キッチンのコーキングをやり替えると見違えるのですよねー。
自分でもやらないといけないのですが、古いコーキングを
落としたり面倒なことがあるのでつい、見送りがちになります。

返信する
アバター 管理人おーき

バーダックさん、こんにちは^ ^
そうなんですよね。古いコーキングの除去が手間で中々手をつけていませんでした。今回ようやく重い腰をあげました(笑)
でもやっぱりやると印象が変わってスッキリ気持ちいいですね〜☆

返信する
アバター コロビビ

 新しくなっただけでなく、なんてコーキングの仕上げが美しいのでしょう!!
1時間カリカリやった分の苦労が成果となって表れていますね。
すばらし~

返信する
アバター 管理人おーき

コロビビさん、こんにちは^ ^
古いコーキングの除去が大変でしたが、やった甲斐がありました☆
カリカリするのは変に几帳面な性格に合っているのかもしれません(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)