トイレのウォシュレット(温水洗浄便座)を自分で取り付ける方法【後付けでも簡単に設置・交換可能】

温水洗浄便座の交換のアイキャッチ

この記事では、トイレのウォシュレット(温水洗浄便座)を自分で取り付ける方法を解説しています。

これまで貸家4軒のうち、ウォシュレットのなかった3軒で取り付けしてきましたが、とても簡単に設置できました。

ウォシュレットの取り付けは専門技術も必要なく、費用も本体代の1万5千円ほどで後付で設置できます。

  • 初心者でも取り付け可能
  • 費用は1万5千円〜

この記事に詳しいDIYでの取付方法をまとめたので参考にしてみてください。

ビフォーアフター

Before

トイレの温水洗浄便座の取付DIYリフォーム-ビフォー

After

トイレの温水洗浄便座の取付DIYリフォーム-アフター

この記事で分かること
  • トイレの温水洗浄便座をDIYで取り付ける方法
  • リフォームに必要な資材・道具
  • リフォーム費用と作業時間の目安

ウォシュレット(温水洗浄便座)を取り付ける前のトイレの便座

トイレの温水洗浄便座の取付DIYリフォーム-ビフォー

今回交換する予定のトイレの便座です。

平成3年築の貸家のトイレですが、タイル張りで汚れていてあまり気持ちの良いものではありません。

元々取り付いていた便座はフタ付きのただの便座なので、今回新しくウォシュレット(温水洗浄便座)を取り付けていきます。

MEMO
ウォシュレットという名称はTOTOの登録商標です。LIXILならシャワートイレ、パナソニックならビューティートワレです。一般名称は「温水洗浄便座」です。

 

ウォシュレット(温水洗浄便座)を取り付けるために用意したもの

温水洗浄便座|Panasonic ビューティトワレ

今回取り付けるパナソニックの温水洗浄便座(ビューティトワレ)

今回取り付けるパナソニックの温水洗浄便座(ビューティトワレ)の内容物

内容物
  • 温水洗浄便座
  • 分岐用の給水ホース(黄色のホース)
  • フレキ管(銀色の管)
  • 便座固定部品2本(白色の棒)
  • パッキン
  • 給水ホース固定具(右下端の灰色のもの)

今回購入したパナソニックのビューティトワレ(温水洗浄便座)です。近くのビバホームで13800円くらいでした。

注意
今回の記事で取り付けた温水洗浄便座の型番はDL-EF10-CPです。リンク先では新しい型番のものを表示しています。

ウォシュレット(温水洗浄便座)を取り付けるための道具

ウォシュレットの取り付けでは既存の水道管を取り外すのでモンキーレンチが必要です。

また水道の元栓を閉めるためにドライバーも使用しました。水道管によっては手で閉められるものもあるので、ご自身のトイレの水道管を確認してください。(元栓で閉める場合は不要。)

水道管を取り外したりする際に水がこぼれてくることがあるので、ぞうきんも用意しておくと良いです。

 

ウォシュレット(温水洗浄便座)を自分で取り付け・設置する方法

リフォーム手順

注意
温水洗浄便座を使うためには電源が必要です。事前にトイレに電源コンセントがあるか確認してください。ない場合は電気屋さんにコンセントを増設してもらいましょう。
STEP1
止水栓を閉じる

温水洗浄便座を取り付けるために止水栓を閉じる

取付作業では水道管を分解するので水道を止める必要があります。止水栓をマイナスドライバーで時計回りに回せば水が止まります。
MEMO
タンクの近くに止水栓がなければ元栓で止めてもOKです。
STEP2
古い水道管の取り外し

温水洗浄便座を取り付けるためにトイレタンク横の古い水道管を取り外す

温水洗浄便座に水を送るために、古い水道管をモンキーレンチで外して付属の分岐付きの水道管に交換します。

水道管取り外し時は雑巾を当てる

残った水が出るかもしれないので雑巾を当てながら作業すると良いです。

壁側の水道管も取り外す

壁から出ている止水栓側もモンキーレンチで分解します。

温水洗浄便座を取り付けるためにトイレタンク横の水道管を取り外した状態

古い水道管が取れました。止水栓を閉めているので水は出ません。
STEP3
分岐用の給水ホースの取り付け

ウォシュレット(温水洗浄便座)に付属している分岐用給水ホース

分岐用の給水ホースを取付ます。使用する給水ホースとパッキンは付属品です。

給水栓にパッキンを置く

パッキンを止水栓の上に置いて分岐用の給水ホースを取り付ていきます。

分岐用給水ホースの取り付け完了

ホースの向きを決めたらモンキーレンチで固く締めましょう。
MEMO
ホースの向きは温水洗浄便座に取り付けやすい方向に向けて下さいね。(大体左側にしておけばOK)
STEP4
新しい水道管(フレキ管)の取り付け

トイレタンク横に取り付けるフレキ管

新しく取り付けるフレキ管(フレキシブルに曲がる水道管)です。フレキ管とパッキン2つ、これらの部品も付属品です。

分岐用給水ホースの上にパッキンを置く

パッキンを止水栓側の接続部分の上に置きます。

分岐用給水ホースにフレキ管を仮接続する

フレキ管を止水栓に装着します。ここではまだ手で軽く閉めただけの仮止めです。

分岐用給水ホースにフレキ管を仮接続した状態

フレキ管を止水栓側の水道管に取り付けました。

フレキ管をトイレタンク側の水道管の入り口に合わせる

フレキ管を曲げて上側のトイレタンクの入り口接続部に合わせます。

トイレタンクの接続部分にパッキンを取り付ける

フレキ管の形状を決めたら、接続部分にパッキンを入れます。

フレキ管をモンキーレンチで固定する

モンキーレンチで締め付けます。

フレキ管をモンキーレンチで固定する

止水栓側もモンキーレンチで締め付けます。

フレキ管の取り付け完了

これでフレキ管の装着が完了しました。ここまで来たらもう仕事はほとんど終わりです。
MEMO
モンキーレンチで締め付ける際は一気に締め付けずに、止水栓側・タンク側を交互に少しずつ締めていきましょう。
STEP5
給水ホースと温水洗浄便座の接続

温水洗浄便座の裏に給水ホースと接続

分岐させた給水ホースを温水洗浄便座に接続します。給水ホースの接続先は温水洗浄便座の裏側にあります。

温水洗浄便座の裏に給水ホースを接続

給水ホースをズボッと差し込みます。

給水ホースの固定部品

給水ホースを差し込んだら、給水ホースと温水洗浄便座を固定する部品で固定します。

給水ホースの固定部品の取り付け

固定部品はカチッとはめ込んで固定します。

給水ホースの固定部品の取り付け完了

給水ホースを温水洗浄便座に固定できました。
STEP6
温水洗浄便座の固定部品の取り付け

温水洗浄便座取付部品

温水洗浄便座の固定部品とは写真のような部品です。この部品で温水洗浄便座を便器に固定します。

温水洗浄便座取付部品

まず下側の固定部品をくるくる回して外しました。

温水洗浄便座取付部品を便器に差し込む

便器の後ろの穴へスポッと入れます。

温水洗浄便座を便座に固定する部品を差し込んだ様子

横から見るとこんな感じです。下側から固定部品を取り付けます。

ウォッシュレット(温水洗浄便座)取付部品の固定

固定部品は手でクルクル回してしっかり取り付けます。
STEP7
温水洗浄便座の取り付け

温水洗浄便座取付部品に温水洗浄便座を差し込む

温水洗浄便座を便器の上に置き、固定部品が温水洗浄便座に入っていく位置を合わせます。赤い矢印の下のところに固定部品が入る穴があります。

温水洗浄便座取付部品に温水洗浄便座が差し込まれた様子

温水洗浄便座を動かして固定部品にはめ込みます。

温水洗浄便座の位置調整

前後調整できるので上手く位置調整して下さい。
STEP8
電源を接続する

電源への接続

最後に電源とアースに接続します。
ウォシュレット(温水洗浄便座)の取り付け完了

ビフォーアフター

Before

トイレの温水洗浄便座の取付DIYリフォーム-ビフォー

After

トイレの温水洗浄便座の取付DIYリフォーム-アフター

トイレのリフォームでは、ウォシュレットの取り付け以外に壁紙交換(外注)やクッションフロアの貼り付けをしました。

あわせて読みたい

タイルの上にクッションフロアを貼る方法はこちらの記事に詳しくまとめています。

トイレの床にクッションフロア施工のアイキャッチトイレのタイル床の上にクッションフロア(CF)を貼り付ける方法【DIYリフォーム】

リフォームに使用した資材・道具の一覧

使用資材 説明
使用道具 説明

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • 温水洗浄便座:14000円

作業時間

  • 取り付け時間:30分程度

 

 

まとめ|ウォシュレット(温水洗浄便座)は30分で簡単に後付け可能

ウォシュレット(温水洗浄便座)はDIYでも簡単に30分程度で簡単に取り付けられます。

費用も本体代の1万5千円ほどなのでお手頃価格。ぜひDIYの取り付けにチャレンジしてみてください。

 

あわせて読みたい

トイレのリフォームでは、「トイレットペーパーホルダーの取り付け」や「クッションフロアの貼り付け」も行っています。ぜひご覧ください。

トイレットペーパーホルダーの取り付けのアイキャッチトイレットペーパーホルダーの取り付け・交換方法|TOTOワンタッチ紙巻器編 トイレの床にクッションフロア施工のアイキャッチトイレのタイル床の上にクッションフロア(CF)を貼り付ける方法【DIYリフォーム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)