トイレのタイル床の上にクッションフロア(CF)を貼り付ける方法【DIYリフォーム】

トイレの床にクッションフロア施工のアイキャッチ

この記事では、トイレのタイル床の上にクッションフロア(CF)をDIYで貼る方法を画像付きで解説しています。

トイレのタイル床は冷たいし掃除しても清潔感もなんだかイマイチ・・・。タイル床を壊してリフォームするのは大掛かりだし費用も高く付きますよね。

そんなときはクッションフロアをタイルの上に直接貼ると、ひんやり感も緩和され清潔感も一気に良くなります。

貼り付ける手間も費用も実はそんなにかかりません。

  • 費用はわずか4000円(材料代)
  • 作業も大きな図工感覚でOK!

材料代がとても安いですし、クッションフロアの貼り方はとても簡単!ぜひ試してみてください。

 

ビフォーアフター

Before

クッションフロア貼付け前のトイレのタイル床

After

シリコンコーキング前

 

この記事で分かること
  • トイレのタイル床の上にDIYでクッションフロアを貼り付ける方法
  • リフォームに必要な資材と道具
  • リフォーム費用と作業時間の目安

 

今回の記事はトイレのタイル床のリフォームですが、トイレのタイル壁もリフォームしたい!という方には、タイル壁の上に貼れる「キッチンパネル」や「バスパネル」があります。興味のある方ははこちらの記事もご覧ください。

 

DIYリフォーム前のタイル床のトイレ

DIYリフォーム前のトイレの様子

DIYリフォームの前のトイレのタイル床です。

今回の作業場所は、平成3年築の貸家(物件3号)のトイレ。上の写真は物件購入時の様子ですが、タイル床にゴミや汚れがたまってあまり綺麗ではありません。

さすがにスリッパ無しで入る勇気はありませんね。

タイル床は冬場はひんやり冷たいし、汚れたり濡れていると清潔感もないし、これでは気持ち良く用が足せませんね!

今回はここにクッションフロアを貼って、見た目も清潔感も一新していきます!

トイレのタイル床の上にクッションフロア(CF)を貼るために準備したもの

タイル床の上に貼り付けるテラコッタ柄のクッションフロア(CF)

クッションフロア(テラコッタ柄)の裁断

クッションフロアは通常のものでOK!

今回購入したタイル床に貼り付けるクッションフロアです。通常のクッションフロアをそのまま使用します。タイルの上に貼るからといって特別なものは必要ありません。

柄はテラコッタ柄のクッションフロアを選びました。長さ1mあたり1300円ほどです。とても安いですね!

 

クッションフロア(CF)専用接着剤(ボンド)

クッションフロアの張替えに使用する道具と接着剤

クッションフロア(CF)専用接着剤(ボンド)も通常のものでOK!

タイルの上にクッションフロアを貼り付けるには「専用接着剤(ボンド)」か「両面テープ」を使用します。

タイル専用のものというわけではなく、通常のクッションフロア専用接着剤を用意しました。下地がタイルなので乾きが悪いですが、結論としては時間が経てば乾燥して固まるので大丈夫でした。

使用量は「250〜300g/m2なので、トイレの広さなら1kgのものがおすすめです。

 

クッションフロア(CF)を貼るための道具


①はさみ」や「②カッターナイフ」はクッションフロアの加工用、「③クシ目ゴテ」は接着剤塗布用です。

④コーキングガン」や「⑤左官ゴテ」は、最後の端面処理や排水口の埋め立て用なので、必要な人だけ準備しましょう。

 

特にクッションフロアの貼付けで便利な道具は「③クシ目ゴテ」です。

クシ目ゴテは、先端形状がクシ状のギザギザになっているので、塗るときに接着剤をいい感じで床に残しながら全体に広げられます。

MEMO
両面テープでクッションフロアを貼り付ける方はクシ目ゴテも不要です。

 

トイレのタイル床の上にクッションフロア(CF)を貼り付ける方法

リフォーム手順

STEP1
作業前に清掃する

作業前にタイル床を清掃しておきましょう。クッションフロアが接着しやすいように、取れる汚れはなるべく綺麗にして乾燥させておきます。

STEP2
タイル下地を調整する(必要な場合)

トイレの排水口

タイル目地の凸凹が大きい場合はパテなどで目地を埋めておきましょう。

おーき

今回は目地の凸凹が気にならなかったので下地調整はしませんでした。
STEP3
排水口まわりの傾斜を修正する
トイレの排水口のマスキング

セメントが入り込まないようにテーピング

トイレの排水口の埋め立て(乾燥後)

セメントで傾斜修正後

タイル床は通常、水が流れやすいように排水口に向かって傾斜を持っています。

クッションフロアを貼り付けたときにあからさまに傾斜があると見栄えがあまり良くないので、傾斜の大きいところだけセメントなどで緩やかにしておきましょう。

 

STEP4
トイレの床サイズを採寸する

トイレの床の寸法を測定

必要なクッションフロアの大きさを調べるために、次の3つの長さを測ります。

採寸結果
  1. 床の横幅:70cm
  2. 床の奥行き:110cm
  3. 便器前の長さ:48cm
STEP5
クッションフロアをカットする

クッションフロア(テラコッタ柄)の裁断

クッションフロアを床のサイズより少し大きめの「120cm×80cm」にハサミなどでカットします。

クッションフロアの裁断

入口側から「48cm+5cm」を残して奥側を中心の目地に沿ってカッターナイフでカットします。
MEMO
タイル柄の場合、タイル目地でカットすると接着するときにきれいに切れ目を隠せます。
STEP6
クッションフロアの位置を決める

クッションフロアの仮置き

裁断したクッションフロアをトイレの床に仮置きします。カッターで奥側の真ん中を切ってあるので、便器部分で左右に分かれます。

クッションフロアの位置決め

まずは手前(入り口側)からクッションフロアの位置を決めます。クッションフロアのタイル柄とトイレのタイル目地が平行になるように揃えます。
MEMO
クッションフロアは少し大きめに切ってあるので、縦横全ての辺で少しずつ余分が残るように位置調整します。

 

STEP7
クッションフロアを床の形に合わせて加工する

クッションフロアの加工1

クッションフロアを床と便器の形に合わせて切っていきます。

クッションフロアの不要な部分に切れ込みを入れる

クッションフロアを便器に当て、明らかに不要な部分に切れ目を入れます。

クッションフロアの加工2

便器まわりが型どられると、クッションフロアを奥の方へ押し倒せるようになります。

クッションフロアの加工4

左右の壁際もすこしカットしました。ポイントは一気にカットし過ぎないことです。

クッションフロアの加工5

角っこも少しずつ余分な部分に切れ込みを入れて形を合わせていきます。

クッションフロアの加工6

角が見えてきましたがまだここでは仕上げず、余分を残したままにしておきます。

クッションフロアの加工7

便器まわりをもう少し細かく切れ込みを入れて、便器の曲線を型どっていきます。

クッションフロアの加工8

便器の背後の真ん中の切れ込みも合うようになってきました。

クッションフロアの加工9

はじめに中心の目地で切った切れ目はぴったり合うようになります。

クッションフロアの加工10

壁の淵を仕上げていきます。

クッションフロアの加工11

便座まわり以外のカットが完了しました。

便器まわりのカットの仕上げ

便器まわりも仕上げカットに入ります。

クッションフロアの加工完了

ようやくクッションフロアのカット完了です。
MEMO
仕上げの感覚としては、クッションフロアがどこにも突っ張らないように仕上げています。
STEP8
専用接着剤でクッションフロアを貼り付ける

クッションフロアの接着剤の塗布1

通常のクッションフロア専用接着剤を使用します。便器の奥側・手前側と2回に分けて塗っていきます。

クッションフロアの接着剤の塗布3

便器の奥側に接着剤を塗って15分放置します。

クッションフロアの接着剤の塗布5

残りの手前の半面にも同じように、接着剤を塗って15分放置します。
注意
接着剤を塗ったあとはすぐに圧着してはいけません。製品の注意書きに従って放置時間を確保しましょう。
MEMO
クッションフロアの接着は両面テープより接着剤の方がしっかりくっつくので、接着剤をお勧めします。また接着剤を伸ばすには「クシ目ゴテ」があると便利です。
STEP9
クッションフロアを圧着する

クッションフロアの接着剤の塗布4

クッションフロアと床面が密着するように上から圧着します。端っこにはみ出た接着剤は雑巾などで綺麗に拭き取ります。
MEMO
空気が中に残らないようにローラーなどで密着させましょう。

 

STEP10
クッションフロアのつなぎ目にシーム液を注入する

クッションフロアのつなぎ目にシーム液を注入する

クッションフロアのつなぎ目部分にシーム液を注入します。
MEMO
シーム液はクッションフロアを溶かして接着させるので、つなぎ目があってもしっかりくっつけることができます。
STEP11
接着剤を乾燥させる

シリコンコーキング前

タイル床に直接クッションフロアを貼り付けると中々乾燥しませんが、乾燥するまでしっかり待ちましょう。
MEMO
接着剤の乾燥中でもトイレは使用できます。

あわせて読みたい

作業の途中で温水洗浄便座をDIYで取りつけました。詳しくはこちらをご覧ください。

温水洗浄便座の交換のアイキャッチ30分で簡単取り付け!トイレの温水洗浄便座をDIYで取り付ける方法
STEP12
シリコンコーキングで仕上げ
注意
シリコンコーキングはしてもしなくてもどっちでも良いです。端面が気になる場合は、シリコンコーキングすると綺麗に仕上がります。

シリコンコーキング前(便座まわり)

トイレに座って床を見ると隙間の接着剤が目に付くので、クッションフロアの端面をシリコンコーキングで仕上げます。

マスキングテープの貼り付け(便座まわり)

マスキングテープでクッションフロアの端面を全てマスキングします。
MEMO
クッションフロアの上にシリコンが数ミリ乗るくらいの幅でマスキングしています。

シリコンを注入1

コーキングガンでシリコンを注入します。

シリコンを指で均す

注入したシリコンをならしていきます。僕はいつも指でならしてます。

シリコンコーキング完了(便座まわり)

マスキングテープを剥がしてシリコンコーキング完了です。
MEMO
マスキングテープに付いたシリコンが周囲に付着しないように注意して剥がしましょう。

あわせて読みたい

シリコンコーキングのやり方はこちらの記事で詳しく解説しています。

キッチン奥のシリコンコーキングキッチン(台所)まわりの壁の隙間をDIYでシリコンコーキングする方法
完成

 

ビフォーアフター

Before

クッションフロア貼付け前のトイレのタイル床

After

シリコンコーキング前

 

リフォームに必要な資材と道具

使用資材 説明

 

使用道具 説明

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • セメント:300円
  • クッションフロア:1300円
  • 接着剤:1800円
  • シリコンシーラント:400円
  • シーム液:600円
  • 合計:4400円(材料代)

作業時間

  • 排水口の傾斜修正:30分
  • クッションフロアの加工:2時間
  • 貼り付け時間:30分
  • シリコンコーキング:30分
  • 合計:3時間半(乾燥時間除く)

 

まとめ:タイル床の上でも普通にクッションフロアを貼ればOK!

タイル床では素足で入れなかったトイレも、クッションフロアを貼ることで気持ちよく入れるようになりました。

クッションフロアはそこそこ厚みがあるので、タイル目地の凸凹もあまり気になりませんでした。

かかった材料代は4000円程度。これで床が綺麗になるなら良いですよね。

ぜひ挑戦してみてください。

 

今回のリフォーム以外にもトイレで行ったリフォーム(温水洗浄便座の取り付けなど)はこちらのページに一覧でまとめています。ぜひご覧ください。

トイレのDIYリフォーム事例集トイレのDIYリフォーム事例集

 

あわせて読みたい

トイレのタイル床だけでなくタイル壁もリフォームしたい!という方には、タイル壁の上に貼れる「キッチンパネル」や「バスパネル」があります。

「キッチンパネル」や「バスパネル」はキッチンや浴室以外にも使用できる資材ですので、見た目を変えたい方にはおすすめのリフォームです。

タイル壁の上にキッチンパネルをDIYで貼り付ける方法キッチンパネル「セラール」をDIYでタイル壁の上に貼り付け施工する方法 アルパレージのアイキャッチ浴室タイル壁にバスパネル『アルパレージ』をDIYで貼り付け施工する方法

8 COMMENTS

アバター masia

便器を外した方が楽に作業が進むと思います
配管のメンテもできるしたいした手間ではないですよ
試してみてください

返信する
アバター 管理人おーき

masiaさん、コメントありがとうございます^^
便器はまだ外したことがないのですが手間ではないのですね!機会があったらやってみたいと思います☆
全部自己流なのでアドバイス頂けると大変助かりますm(_ _)m

返信する
アバター もみのり子

写真が一杯で分かりやすい解説有り難うございます。
クッションフロアはこうやって張るんですね。
やはり両面テープより、ボンドが良いのでしょうね。
直接合わせてカットするんですね、私は新聞紙が何かで型紙を取ってからだと思っていました。
清潔感のあるトイレになりました。
お疲れさまです。
次はどこが綺麗になるのかワクワクしますね。
頑張って下さい。応援しています。

返信する
アバター 管理人おーき

もみのり子さん、おはようございます^ ^
クッションフロア貼りはデカイ工作をしてるような感覚で楽しいです☆
接着は両面テープよりボンドの方がしっかりすると思います。
機会があればチャレンジしてみて下さいね。
少しずつ家が綺麗になってきました。頑張りまーす!

返信する
アバター おもちぶそく

タイル床にクッションフロアを貼ろうと思っています。
接着剤のほうがしっかりつくのは分かるのですが、
剥がす時大変ではないかと心配です。
後の掃除とか・・・
小さなハギレに両面テープを貼って試したところ、
剥がれてきそうになかったので両面テープでいこうかと
思っています。
いけるかな?ですけど。
便器を外すというのは素人には難しそうですね・・
底冷えするタイル床がだいぶん解消されるのでは
と期待しています。
掃除も楽になりますしね!

返信する
おーき おーき

おもちぶそくさん、コメント頂きありがとうございます!

剥がすときのことを考えると確かに両面テープの方が剥がしやすいですし、接着剤も残らないので良いかもしれません。
クッションフロア専用の両面テープもホームセンターで売られていると思うので探してみてください。

クッションフロアにすると、タイル床に比べるとひんやり感はましになると思います。
スリッパなしでもトイレに入れますし、掃除もとてもしやすくなりますよ^^

返信する
アバター おもちぶそく

何とかできあがりました!
1日かかりませんでした。
両面テープでも大丈夫でした。
新聞紙で型紙を取ってから張り付けましたが、
どうしても誤差が出て隙間が・・・
職人さんはさすがです。
でもタイルからの冷えがおさまり、雰囲気も明るくなりました。
大変だったけどやって良かったです。
写真でお見せできないのが残念ですが、自分でやると
安くつくし仕上がり後の達成感が味わえますね!

返信する
おーき おーき

おもちぶそくさん、コメントありがとうございます^^

クッションフロアのリフォームをされたんですね、お疲れ様でした!
やはりタイルよりもクッションフロアのほうが冷えも収まって良いですよね^^
自分で仕上げたら達成感ありますよね、綺麗に仕上がると僕はいつもニヤニヤしてます笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)