ギフト券チャージで1000円もらおう

キッチンパネル「セラール」をDIYでタイル壁の上に貼り付け施工する方法

タイル壁の上にキッチンパネルをDIYで貼り付ける方法

この記事では、キッチンのタイル壁にアイカ工業のキッチンパネル「セラール」をDIYで貼り付ける方法を解説しています。

キッチンパネルの切断には、通常マルノコという電動工具を使用するので、これまでちょっと怖くて敬遠していました。

しかし「プラスチックカッター」を使えば手作業でもカットできることを知り、今回チャレンジしてみました!

手作業になるので多少の労力と時間がかかりますが、プラスチックカッターでも十分きれいに仕上げることができます。

  • 材料代3万円〜
  • マルノコ不要で施工可能

これからキッチンパネルのDIYに挑戦する方に向けて、作業の流れや自分で工夫した点をまとめました。

参考になれば幸いです。

ビフォーアフター

Before
キッチンのタイル壁にキッチンパネルセラールをDIYで貼り付ける前の様子
After
キッチンのタイル壁にキッチンパネルセラールをDIYで貼り付けたあとの様子

今回キッチンパネルを貼り付けるキッチン(台所)のタイル壁

タイル壁の上にキッチンパネル「セラール」を貼り付け施工する前の様子
キッチンパネル「セラール」を貼り付け予定のキッチン(台所)

今回キッチンパネルを貼り付けるキッチンのタイル壁です。

タイル自体はそれほど汚れていないのですが、見栄えを良くするために今回はじめてキッチンパネルを施工することにしました。

今回のキッチンパネルの貼り付け前に、キッチン台やレンジフードの交換リフォームを済ませています。

キッチンパネルを貼り付ける先の空洞部に取り付けた土台となる木材
空洞部分に木材を設置①
キッチンパネルを貼り付ける先の空洞部に取り付けた土台となる木材
空洞部分に木材を設置②

今回、冷蔵庫設置スペースを確保するためにキッチン台と吊戸棚を短くしたので、キッチンパネルの背面に土台となる木材も取り付けました。

 

キッチンパネルの貼り付けに用意したもの

キッチンパネル|アイカ工業「セラール」

アイカ工業のキッチンパネル「セラール」
アイカ工業「セラール」(梱包状態)
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」(開封後)
アイカ工業「セラール」(開封後)

今回購入したキッチンパネルは、アイカ工業の「セラール」というものです。一般名称はメラミン不燃化粧板といいます。

詳しくはアイカ工業のホームページに解説されています。

参考 メラミン化粧板アイカ工業

燃えにくいプラスチックの一種なのですが、実際どんな材質なのか分かるように断面の写真を撮ってみました。

アイカ工業のキッチンパネル「セラール」断面の様子
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の断面の様子。

断面を見ると、表面は白くつるつるですが内部は黄色い毛羽立ったような感じになっています。

  • 表面はガラスのような硬い材質
  • 内部は石膏ボードのような材質

表面はガラスのように硬く傷がつきにくいので加工が難しいです。通常のカッターナイフではなく、プラスチックカッターを使うと切れ込みを入れることができます。

内部のプラスチックは石膏ボードみたいな粉末を固めたような材質なので、紙やすりでも簡単にごりごり削れて粉末状になります。

ですので、プラスチックカッターで表面に綺麗に切れ込みを入れれば電動工具なしでも切断可能です。

サイズのラインナップは次の3種類あります。

  1. 935mm×1855mm(3×6)
  2. 935mm×2455mm(3×8)
  3. 935mm×2755mm(3×9)

ホームセンターで購入したときの価格は、3×6サイズで6480円、3×8サイズで7980円でした。

色や柄の種類は、石目調からタイル調などたくさんあります。

アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の柄のラインナップ
出典:アイカ工業

詳しくは、アイカ工業のホームページをご覧ください。

参考 セラール ラインナップアイカ工業

今回購入したキッチンパネルは石目調(FAS1843ZMN)の柄です。

キッチンパネル専用接着剤・両面テープ

アイカ工業のキッチンパネル「セラール」専用接着剤 アイカエコエコボンド
アイカエコエコボンド
キッチンパネル仮止め用両面テープ
仮止め用両面テープ

キッチンパネルの貼り付けには専用接着剤と両面テープを使用します。専用接着剤はすぐに固まらないので、両面テープを使うことで接着位置を固定します。

アイカ工業から専用接着剤と両面テープが発売されていますが、両面テープは似たような市販のものでも良いと思います。

キッチンパネルの貼り付けに用意した道具


  1. プラスチックカッター
    キッチンパネルの切断に使います。
  2. 長いものさし
    キッチンパネルの切断に使います。
  3. コーキングガン
    キッチンパネルのつなぎ目などのコーキング処理に使います。
  4. 電動ドライバー
    キッチンパネルの穴あけに使います。
  5. ホールソー
    キッチンパネルに水栓やガス管用の穴をあけるのに使います。
  6. 紙やすり
    キッチンパネルの切断面の仕上げに使います。

 

キッチンパネルの切り方のコツ|プラスチックカッターで切る方法

プラスチックカッターを使うと、電動のマルノコを使わずにキッチンパネルを切断できます。

色々試行錯誤した結果、自分なりのきれいにカットする方法をまとめておきます。

キッチンパネルの表面に切れ込みを入れる
キッチンパネルの表面にプラスチックカッターで切れ込みを入れる
キッチンパネルの表面にプラスチックカッターで切れ込みを入れます。
MEMO
内部の黄色い粉が出るまで何度も切れ込みを入れます。
キッチンパネルの裏面にも切れ込みを入れる
キッチンパネルの裏面にプラスチックカッターで切れ込みを入れる
裏面にも同じ様に切れ込みを入れます。
MEMO
表面と同様、内部の黄色い粉が出るまで切れ込みを入れます。
切れ込みを当て木をしながら折り曲げる
キッチンパネルの切れ込みに当て木をする
切れ込みのすぐ手前に当て木をします。
キッチンパネルの切れ込みに当て木をする
当て木を押さえながらバキッと折り曲げます。
キッチンパネルの切断完了
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」断面の様子
キッチンパネルをきれいに切断できました。

きれいに折り曲げるポイントは次の通りです。

キッチンパネルを切るコツ
  1. 表面と裏面の両方に切れ込みを入れる
  2. 内部の黄色い粉が出るまで切れ込みを入れる
  3. 折り曲げるときは必ず当て木をする

ネットで色々調べてみると、裏面に切れ込みを入れずに折り曲げてる方もいるようですが、案の定、切断面がデコボコになります。

また当て木をせずに折り曲げると、パネルが局所的に歪むのでガラス部分にヒビが入ったりします。

試行錯誤の結果、上の3つを守ると長いパネルの場合でもきれいに切断できました。

OKI
OKI

では、実際にキッチンパネルの貼り付けリフォームの方法を解説します。

 

キッチンパネルをタイル壁の上にDIYで貼り付ける方法|アイカ セラール施工例

リフォーム手順

施工箇所の採寸・パネルの割当を決める
キッチンパネルを貼り付ける場所を採寸し必要なパネル数を調べる
施工場所を採寸し、必要なキッチンパネルの枚数を決めます。

パネルの割当で気をつけるポイントは、切り欠き(角)を作らないことです。

セラール施工説明書の切り欠き部の解説
出典:セラール施工説明書

切り欠きを作ってしまうとひび割れなどの原因となります。なるべく長方形の板を組み合わせて貼り付けるパネルを割り当てます。

今回、必要なパネルの枚数を調べると次の通りでした。

  1. 「3×8のパネル」を左右に二分割して使用
  2. 「3×8のパネル」を上下に二分割して使用
  3. 「3×6のパネル」を上下に二分割して使用

「3×8のパネル」を2枚、「3×6のパネル」を1枚購入することにします。

注意
キッチンパネルの周囲(上下左右)には、シリコンコーキング分の隙間(3mm)を考慮して大きさを決めましょう。
水栓やガス栓を取り外す
キッチンパネルの貼付け前に水栓やガス栓を取り外す
キッチンパネルの施工前に水栓を取り外します。
注意
ガス栓については、ガス会社さんに依頼して取り外してもらいましょう。
キッチンパネルに罫書きする
キッチンパネルの切断箇所に罫書きをする
必要な寸法を測ってキッチンパネルに罫書きをします。
MEMO
セラール表面に貼られている保護フィルムは剥がさずに、上からボールペンなどで罫書きます。
プラスチックカッターで切れ込みを入れる
キッチンパネルの化粧面にプラスチックカッターで切れ込みを入れる
キッチンパネルの表面(化粧面)にプラスチックカッターで切れ込みを入れます。
キッチンパネルの裏面にプラスチックカッターで切れ込みを入れる
裏面にも同じように罫書きをして切れ込みを入れます。
キッチンパネルをプラスチックカッターで切れ込みを入れたときに出る黄色い粉末
内部の黄色い粉末が出るくらいしっかり切れ込みを入れます。
切れ込みを入れるときのポイント
  1. 表面・裏面の両面に切れ込みを入れる
  2. 切れ込みの深さは、内部の黄色い粉末が出るくらい

OKI

裏面に切れ込みを入れずに折り曲げると、端面がガタガタになってします。
キッチンパネルを折り曲げる
キッチンパネルに当て木をして折り曲げる
切れ込みの線の手前に必ず当て木をします。
キッチンパネルに当て木をして折り曲げる
端の方から徐々に曲げていきます。
キッチンパネルに当て木をして折り曲げる
全体に曲げぐせが付いてきたらバキッと折り曲げます。
キッチンパネルに当て木をして折り曲げた様子
キッチンパネルをきれいにカットできました。
折り曲げるときのポイント
  1. 切れ込み線の手前に必ず当て木をする
  2. 端の方から少しずつ全体に曲げぐせをつける
  3. 全体に曲げぐせが付いたら折り曲げる
切断面をヤスリで仕上げる
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の端面をヤスリがけ
凸凹がある場合は、紙やすりを木片などに付けて削ります。
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の端面をヤスリがけした様子
ヤスリがけすると切断面がキレイになります。
水栓・ガス用の穴をあける
キッチンパネルの穴あけに便利なホールソー
水栓やガス栓用の穴あけにはホールソーが便利です。
ホールソーで穴あけする前に小さな穴をキッチンパネルに開ける
穴をあけたいところにあらかじめ細いドリルで下穴をあけておきます。
キッチンパネルにホールソーで穴をあける
下穴をガイドにしてホールソーで穴あけします。
ホールソーでキッチンパネルにあけた水栓用の穴
ホールソーでキレイに穴あけできました。

水道管やガス管用の穴あけにはホールソーを使うのがオススメです。プラスチックカッターでもなんとかくり抜くことはできますが、仕上がりが全然違います。

ホールソーで穴あけしている様子を動画に撮影してみました。

OKI

ホールソーは普通の電動ドリルがあれば使えるのでぜひ試してみてください。
MEMO
今回使用したホールソーは直径35mmのものです。
コンセント用の穴をあける
セラール施工説明書によるキッチンパネルにコンセント用の穴をあける方法
出典:セラール施工説明書

コンセント用の穴など切り欠き(角)を作る必要がある場合は、次の注意点を守って加工します。

切り欠きを作るときの注意点
  1. 直径12mm以上のドリルで角を作る
  2. カット後の端面は必ずサンドペーパーで平滑にする

OKI

今回僕はコンセント用の穴は作らなかったので、施工説明書部分を引用掲載しておきます。
両面テープを貼り付ける
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」に両面テープを貼り付ける
キッチンパネルの裏面に両面テープを貼り付けます。(タイル側に貼っても良いです。)

両面テープは接着剤が固まるまでの仮止めの役割を持っています。また、重ね張りすることで凸凹面の調整にも使用します。

両面テープは次のルールに従って貼り付けます。

両面テープ貼り付けルール
  1. 両面テープの短手方向の間隔は300mmあける
  2. 外周の接着剤塗布用に30mm分スペースを確保する
  3. 両面テープの重ね張りによるデコボコ調整は4mmまで
注意
今回の施工ではパネルの裏面に両面テープを貼りましたが、施工説明書ではタイル壁側に貼る指示になっています。
専用接着剤を塗る
セラール施工説明書による接着剤の塗り方
出典:セラール施工説明書
キッチンパネルの裏面に専用接着剤哀歌エコエコボンドを塗る
専用接着剤はコーキングガンを使って塗っていきます。

専用接着剤は次のルールに従って塗ります。

専用接着剤を塗るときのルール
  1. 接着剤の高さは4mm以上
  2. 両面テープの高さより3mm以上高く塗る
  3. 外周などの端部は直線、内部は波状に塗る
  4. 3×8のパネル1枚につき専用接着剤2本使用(不陸2mm基準)
  5. 施工後10分以内に貼り付ける
キッチンパネルを貼り付ける
キッチンパネルをタイル壁に貼り付ける様子
上下左右に3mmの幅を残すように、キッチンパネルを所定の場所に貼り付けます。
キッチンパネルの貼り付けは周囲に3mm分のスペースを開ける
キッチンパネルをp下に挟み込むと貼り付けやすいです。
パネルを貼り付けるときの注意点
  1. 両面テープ部分を押さえて接着する(接着剤部分は押さない)
  2. パネル周囲(上下左右)にシリコンコーキング用の幅を確保する

注意
端面用に見切り材を加工する
キッチンパネルの端には見切り材を使用する
断面が見える端部には見切り材で目隠しします。
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の見切り材
今回使用したプラスチック製の見切り材です。
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の見切り材をカットする
必要な長さ分だけカッターなどでカットします。
見切り材を取り付ける
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の見切り材に専用接着剤哀歌エコエコボンドを塗る
見切り材にもパネルと同じ専用接着剤を塗ります。
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の見切り材を貼り付ける様子
見切り材を使う部分に取り付けます。
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」の見切り材とパネルを取り付けた様子
キッチンパネルを貼り付けするときに一緒に見切り材も取り付けます。
シリコンコーキングで仕上げる
キッチンパネルのシリコンコーキングに使用した防カビ剤入りのシリコン
水回りなので防カビ剤入りのシリコンを使用します。
キッチンパネルにマスキングテープを貼った様子
シリコンコーキング用にマスキングテープを貼ります。
キッチンパネルの隙間にシリコンコーキングをした様子
シリコンコーキングするととてもきれいになりました。
注意
セラール表面にシリコンを塗布する場合はプライマー(JW-900N)を使用します。
水栓・ガス栓を取り付ける
キッチンパネル施工後に水栓を取り付ける
最後に水栓・ガス栓を取り付けます。
注意
ガス栓の取り付けはガス会社さんに依頼しましょう。
キッチンパネルの貼り付け完了

ビフォーアフター

Before
タイル壁の上にキッチンパネル「セラール」を貼り付け施工する前の様子
After
アイカ工業のキッチンパネル「セラール」をタイル壁に貼り付け施工した様子

Before
キッチンパネル「セラール」を貼り付け予定のキッチン(台所)
After
キッチンパネルの隙間にシリコンコーキングをした様子

リフォームに必要な資材・道具の一覧

外観リンク

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • キッチンパネル(3×8:2枚):7980円×2 = 15960円
  • キッチンパネル(3×6:1枚):6480円
  • 専用接着剤(6本):800円×6 = 4800円
  • 両面テープ(5巻):400円×5 = 2000円
  • シリコンシーラント(3本):1500円×3 = 4500円
  • マスキングテープ(8巻):700円
  • 合計:34440円(5.16m2施工)
    →平米単価:6700円/m2

作業時間

  • パネルの加工貼り付け:8時間
  • シリコンコーキング:2時間

 

まとめ|キッチンパネルはマルノコがなくても切断・リフォーム可能

キッチンパネルの化粧面にプラスチックカッターで切れ込みを入れる
キッチンパネルをタイル壁に貼り付ける様子

今回はじめてキッチンパネルをDIYで施工してみました。プラスチックカッターでできるか不安でしたが、なんとかきれいに仕上げることができました。

マルノコを使えばもっと作業時間も短く簡単にできると思います。

価格も材料代だけで3万5000円ほどととてもお手頃で、見た目がとってもきれいになったので大満足です!

プラスチックカッターならマルノコを使うのが怖い方でも施工できるので、是非チャレンジしてみてください。

あわせて読みたい

このキッチンのリフォームでは、キッチン台やレンジフードも交換しています。詳しくはこちらをご覧ください。

セクショナルキッチンをDIYで簡単に交換する方法キッチンの流し台・ガス台・吊戸棚をDIYで交換・取り付けする方法|古いコンロ台やシンクは自分でも簡単に取り替え・設置可能 レンジフードの換気扇をDIYで取り付け・交換する方法キッチンのレンジフードと換気扇をDIYで交換・取り付けする方法|自分でも簡単設置!

キッチンパネルと同じように、浴室タイル壁の上にパネルを貼るリフォームもしています。こちらもぜひご覧ください。

アルパレージのアイキャッチ浴室タイル壁の上にバスパネル「アルパレージ」をDIYで貼り付け施工する方法|古いタイル張りのお風呂を自分で断熱リフォーム&リメイク

2 COMMENTS

アバター osomatsu70

お久しぶりです。

私もセラールは2回ほど施工したことがあります。

1回目は、普通のカッターでやりましたが、
二度とやりたくないです。

2回目は、丸鋸買ったので、丸鋸でやりましたが、
丸鋸使うと元には戻れません。。。。

ちなみに
ガス栓は資格がいると思います。DIYで外したらまずくないですか?

私は、ガス栓の上下でパネルを分割しました。
ご参考まで

返信する
おーき おーき

osomatsu70さん、コメントありがとうございます^^

2回目は丸ノコで施工されたんですね。そっちのほうが簡単なのは分かっているのですが、やはりちょっと怖い気持ちもあります(笑)

ガス栓はいつもお世話になっているプロパンガス屋さんに相談したら、無料で取り外しと取り付けをしてくれました^^
ただ今回の場合は、取り外さなくてもちょうどパネルつなぎ目のど真ん中だったので、結果的に左右から挟み込む形になりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)