【DIY】リビングの壁紙張り替えレポート(リフォームの流れ・必要道具・費用まとめ)

僕の運営する貸家(物件2号)のリビングの壁紙をDIYで張り替えする日記です。

初めて壁紙を張り替える人が分かるように、壁紙の張り替えに必要な道具やリフォームの流れ、そして実際にかかった費用をまとめました。

僕自身、一件目の貸家に続き今回が張り替え2度目の全くの素人ですが、案外綺麗に仕上がります。業者さんにお願いするとお金もかかるので、ぜひDIYでチャレンジすることをお勧めします。

リフォーム前のリビングの壁紙の様子

物件2号リビングの壁紙1(リフォーム前)
物件2号リビングの壁紙2(リフォーム前)
物件2号リビングの壁紙3(リフォーム前)

張り替え前の壁紙は全体的に黒っぽく汚れています。特に冷蔵庫の背後だったところはとても黒くなってますね^^;

この古い壁紙を剥がして新しい壁紙を貼っていきます!

壁紙張り替えに必要な材料と道具

使用する材料

使用する材料説明
【のり付壁紙】
裏面にのりのついた壁紙
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【ジョイントコーク】
壁紙の端面の仕上げ材
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【パテ】
下地補修用(必要な場合)
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら

貼り付ける壁紙はネットで壁紙屋本舗さんから購入しています。30m×幅1mで6980円なので1mあたり240円くらいです。

購入するとこんなロール巻で送られてきます。生のりがついているのでビニールで密封されています。

壁紙屋本舗の壁紙

壁紙屋本舗ではたくさんの柄の壁紙から選ぶことができます。種類がありすぎて悩みますが、どんな部屋にしたいか想像しながら選ぶのは楽しいです^^

使用する道具

使用する道具説明
【なでバケ】
壁紙を貼ったあと空気を押し出す
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【地ベラ】
壁紙をカットするときに定規のように使用する
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【竹ベラ】
壁紙の端を押さえつけて型をつける
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【ジョイントローラー】
壁紙を圧着する
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【カッターナイフ】
壁紙をカットする
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら

壁紙の張り替えにはこれらの道具が必須です。

これら必要な道具と壁紙がセットになった「初心者セット」があるので、僕が初めて壁紙を張り替えた時はこの初心者セットを購入しました。

今でもこの初心者セットの道具たちは愛用しています。

壁紙張り替えにかかった費用

使用した壁紙30m

今回リビング10.5帖の壁の張り替えで壁紙30m分使用しました。

  • 使用した壁紙30m:6980円

(道具は持っていたので道具代は含んでいません。)

DIYでの壁紙張り替えレポート

古い壁紙を剥がす

まずは古い壁紙を端の方から手でビリビリ剥がします。

古い壁紙を剥がしている様子

壁紙が古くてカピカピになっていたからか、めくるとすぐにちぎれてしまい中々剥がせませんでした。

剥がれにくい壁紙はスクレーパーという道具を使うと便利です。

下地の補修(必要な場合)

壁紙を剥がしたあと、下地に段差がある場合はパテなどで平らになるように補修します。

今回は特に目立った段差もなく僕自身そこまで気にしないので、下地の補修はしませんでした。

壁紙の貼り付け

大まかな作業の流れとしては、

  1. 壁紙を貼る場所の長さを測る
  2. 少し長めに壁紙を切る
  3. 壁紙を貼り付ける
  4. 壁紙の端をカットする
  5. 2枚目の壁紙を1枚目に重なて貼り繋ぎ目を2枚重ねてカットする
  6. 壁紙と壁の境目をジョイントコークで仕上げる

こんな感じです。では壁紙を貼っていきましょう。

① 壁紙を貼る場所の長さを測る

まず壁紙を貼る場所の長さを測ります。

必要な壁紙の長さを計測

貼る場所の長さは55センチでした。用意する壁紙は少し長めの60センチくらいあれば十分でしょう。

② 少し長めに壁紙を切る

必要な長さの壁紙を準備

購入した壁紙から必要な長さ+5cm余分にカットします。先ほど55センチでしたから今回は60センチ切り取ります。

裏面ののり側のフィルムには5cm間隔の目印があり、定規などで長さを測らなくても良いので便利です☆

必要な壁紙の長さで切断

③ 壁紙を貼りつける

必要な壁紙を用意したら裏側のフィルムを上半分だけ剥がします。ここではまだフィルムを全部剥がしません。

壁紙の裏面のフィルムを上半分剥がす様子

ここで壁紙の位置を考えながら貼り付けていきます。

  • 上下数センチ余分が出るように貼る
  • 左右(この場合右側)も数センチ余分が出るように貼る
あえて端に余分が出るように壁紙を貼るのは、貼り付け後に壁の端に合わせてカッターナイフでカットするためです。

左右の水平を見ながら壁にペタっと貼り付けます。

壁紙を仮貼りした様子

ここではフィルムを上半分だけ剥がしていたので、上の方だけで壁にくっついた状態です。

貼り付けを失敗しても何回でもやり直せます。周囲にのりが付いても生のりなので雑巾で拭いたらすぐ綺麗になるので大丈夫です。

次に、ハケで表面を撫でて中の空気を外に出します。

壁紙の中の空気をなでバケで押し出す様子

上半分が終わったら、残りのフィルムを剥がして下半分の壁紙も同じようにして貼り付けます。

④ 壁紙の端を切断する

壁紙を全面貼り付けたら、端の部分を竹べらで押さえて切断用に型をつけていきます。

壁紙の端を竹ベラで押さえつける様子

角の処理は下の写真のようにに折り畳んで型をつけます。

壁紙の角の処理
  1. まず右端に合わせて折り目をつけて横に折りたたむ
  2. 右端を折りたたんだまま上側の端に合わせて下に折りたたむ

上下横の折り目を付けたら、地ベラで押さえて余分な壁紙をカットします。

余分な壁紙を地ベラを使ってカット

これでようやく壁紙一枚分が完成です!

壁紙一枚貼り終えた様子

⑤ 2枚目の壁紙を1枚目に重なて貼り繋ぎ目を2枚重ねてカットする

1枚目を貼り付けたら、その横に2枚目を貼り付けていきます。

2枚目の壁紙は、1枚目と少し重ねて貼ります

2枚目の壁紙を貼り付けた様子

5センチくらい重なれば良いです。不安であれば長めに重ねて貼り付けてください。

左右の壁紙の重なり

こんな感じで少しだけ重ねて貼り付けています。

2枚目の上下の端をカット

先に2枚目の壁紙の上下の端をカッターでカットしています。

次に大事な重なり部分の処理です。

左右の壁紙が重なっている真ん中あたりを2枚重ねたまま上から一気に切ります。

2枚重ねて壁紙を切断

カットが終わると切り離された手前の壁紙がペロンと取れます。

不要な壁紙を除去(手前)

まだ裏側にも壁紙が残っているので、すこし壁紙をめくって取り除きます。

不要な壁紙を除去(裏面)

最後はローラーで少しコロコロ押さえて出来上がりです。

壁紙をジョイントローラーで圧着

つなぎ目は2枚重ねて切ったのでぴったり一致します。

2枚貼るとこんな感じに仕上がりました。

2枚目の壁紙を貼り終えた様子

あとは同じことの繰り返し。どんどん横に貼っていきます!

壁紙を続けて横に貼っている様子

⑥ 壁紙と壁の境目をジョイントコークで仕上げる

壁との境目にジョイントコーク

すべての壁紙を貼り終えたら、壁紙の端をジョイントコークで仕上げれば完成です。

ビフォーアフター

ビフォー

物件2号リビングの壁紙1(リフォーム前)
物件2号リビングの壁紙2(リフォーム前)
物件2号リビングの壁紙3(リフォーム前)

アフター

まとめ:DIYで壁紙張り替え

壁紙の張り替えはDIYで案外簡単にできます。ただ、壁紙剥がしから貼り付けまで丸一日かかったので結構根気のいる作業でもあります。

しかしリビングの壁紙張り替えで6980円って考えるととても安い!!張り替えると見違えるほど綺麗になるのでオススメします。

初心者の方はこちらの初心者セットでぜひチャレンジしてみてください!

壁紙のみの購入はこちら。(今回使用した商品)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)