現役大家が選ぶ!不動産投資の初心者が読むべきオススメ本5選

不動産投資初心者向けのおすすめ本

この記事では、不動産投資を始めたい初心者の方に僕がこれまで読んだ不動産投資の本の中から、特におすすめの本5冊紹介しています。

不動産投資は投入資金が大きいので、変な物件を買わないように購入前にとにかく知識武装することが重要です。

僕自身、不動産投資を始める前は、通勤時間から会社の休み時間、自宅での余暇時間まで常に読書をしていました。

当然、会社の飲み会なんて参加しないので、同期の中でも一人浮いた存在になっていました。

Amazonの購入履歴を見ると、大量の本の購入履歴が残っています。不動産投資に関連する本だけでも100冊以上、購入費用は総額10万円を超えていました。

中には全く役に立たなかった本もあれば、今でも手もとに残している本があります。

今回、その手もとに残している本5冊を紹介します。

もちろん古い本なので、今と当時では状況が異なるので直接そのまま使えるものとは限りません。しかし不動産投資の考え方や必要な知識は十分今でも通用すると思います。

ぜひご覧くださいませ。

現役大家が選ぶ不動産投資初心者におすすめしたい本5選

①まずはアパート一棟、買いなさい!(石原博光さん)

僕が不動産投資をしよう!と決めたきっかけがこの本でした。

金持ち父さん貧乏父さんシリーズの本を読んだものの、

「考え方は理解できたけど、じゃあ具体的にどうすればいいの?」

とモヤモヤしていたとき、名古屋駅の高島屋の本屋さんでたまたま見つけました。

自己資金300万円用意して利回り20%のアパートの購入を繰り返し家賃収入1000万円を目指す本です。

この本を読んだとき、ようやく不動産投資で不労所得を増やしていく道筋が見えました。

今でこそこのような高利回りのアパートはなかなか見つかりませんが、不動産投資に関する基礎知識がたくさんつまっています。

何年も前の本なのでもちろん情報が古いことはありますが、それを上回るくらい不動産投資の基本を学ぶことができるオススメの一冊です。

おーき

Amazonなら旧版を無料で14ページ読めます!

関連書籍はこちら

 

②「金持ち大家さん」になる! アパート・マンション成功投資術(浦田健さん)

この本は、不動産投資の基本的な知識を幅広くまとめてくれている教科書的な本です。

不動産投資の種類から、メリット・デメリット、融資や税金に関する知識などなど、不動産投資をする上で必要最低限の知識が盛りだくさん書かれています。

積算評価やデッドクロスなどの用語を聞いて「なにそれ?」という人は、浦田健さんの本をひと通り読むことをおすすめします。

おーき

Amazonなら無料でなんと44ページも読めます!

関連書籍はこちら

 

③ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営(加藤ひろゆきさん)

この本を読み始めたとき、

「あ・・・ハズレ本に当たったな。」

とそっと本を閉じそうになりました。

だって一人称が「ワタクシ」、部屋数のことを「6気筒(6部屋の意味)」、3台駐車可能のことを「3P可能姉妹」なんて書いてあるんです。

でも内容は衝撃的でした。

一戸建を数十万円で買ってDIYで直して貸す、というやり方で物件を増やしています。

当時、一戸建ってそんな安く買えるんだ!ってびっくりしました。

独特な文章も読み進めているとなんだか面白くなってきて、読みながらニヤニヤしてしまう、そんな変わった本です。(ファンになる人も多いと思います。)

僕自身、中古一戸建で大家さんを始めてみよう!と思ったきっかけがこの本でした。読むと中古一戸建を買ってペンキを塗りたくなりますよ。

少額から始めたい!DIYに興味がある!という方にオススメの一冊です。

おーき

Amazonなら無料で10ページ読めます!

関連書籍はこちら

 

④サラリーマン大家さんのための絶対失敗しない物件選び(藤山勇司さん)

この本は競売物件の買い方について詳しく書かれている本です。

僕自身、過去に何度か競売にもチャレンジしたことがあります。(残念ながら買えませんでしたが笑)

競売自体は最近では参入者も多く、昔ほど物件を安く仕入れできる訳ではないので初心者向きではありません。

ただ、この本では競売のこと以外に物件選びの基準など参考になる情報が書かれています。

この本で書かれていた「実質利回りの簡単な推算式」は今でも物件探しのときに使用しています。

ぜひ読んでみてください。

 

関連書籍はこちら

 

実質利回りの簡単な推算式については、こちらの記事でも詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

 

⑤元手300万円で資産を永遠に増やし続ける方法(松田淳さん)

この本は、300万円程度の古家を購入してDIYでリフォームして高利回り物件を作り上げていく手法を解説しています。

「賃貸需要」を特に重要視して、需要があるなら再建築不可でもどんどん購入して物件を増やしています。

賃貸需要は「HOME’S 見える!賃貸経営」などでネット上でも大まかなものは調べられますが、この本では実際に現地に行って、周辺アパートの入居率を電気メーターなどから更に詳しく調査しています。

手間がかかって人がしないようなことをして、他の人が持っていない情報を集めに行く行動力がすごいと思いましたね。

元手資金があまりなく少しずつ規模を拡大したいという人におすすめです。

おーき

Amazonなら無料で15ページ読めます!

不動産投資を始める前にとにかくたくさん本を読もう

今回紹介した本のどれか1冊でも読んだことがあるでしょうか?

昔の本ならAmazonで1円で売っていたりするので、配送料込みで実質数百円程度です。数百円で他の人の経験を知れるのなら、これほど良い自己投資はありません。

古い本でも不動産投資の基本的なことは変わりませんしね。

最低限の知識を持った上で、そのときそのときの不動産市場や融資事情、自分のステージに合わせて投資スタイルを決めればよいです。

たくさんの本を読むと一棟もの、区分マンション、戸建など色んな投資スタイルに触れられます。その中から「これなら自分にでもできそう!」という方法をぜひ見つけてください。

まずは1冊読んでみようという人には「まずはアパート一棟買いなさい!(著:石原博光)」から始めてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)