中古一戸建の税金はいくら?物件1号の固定資産税・都市計画税

物件管理

物件1号賃貸開始!大家さん1年生になりました」の記事でようやく賃貸開始した物件1号の固定資産税・都市計画税の納税通知書が届いていました。

築30年近い中古一戸建の固定資産税・都市計画税はいくらくらいなのでしょうか?

物件1号の固定資産税・都市計画税

物件1号の固定資産税・都市計画税

物件1号の固定資産税・都市計画税:41200円

なかなかの額を請求されますね。家賃を頂いているのでそこからの支払いです。

固定資産税と都市計画税の納税は初めてです。どうやら支払い方法は「一括払い」「4期の分割払い」のどちらかを選べるようです。

課税額の基準となる物件の評価額は、

  • 土地:223万円
  • 建物:200万円

となっていました。合計で423万円です。

融資では評価額の6〜7割と色んな本に書いてあるので、この物件を担保にしたら2~300万円くらいしか借りれないのかな?その辺はまだまったくわかりません。

まとめ

物件1号の固定資産税・都市計画税は4万1200円でした。これから毎年4万円ほどの税金を支払う必要があります。

物件購入の際の収支シミュレーションには必ず含める必要がありますね。

さて物件1号の税金はこれだけではありません。不動産取得税がまだ来てないんですよね。こちらは一体いくらになるのでしょうか。

物件管理中古一戸建の税金はいくら?物件1号の不動産取得税

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)