日本政策金融公庫で不動産購入資金の借入審査の流れ

日本政策金融公庫での借入するときの流れ(フロー)

この記事では、日本政策金融公庫で不動産購入資金を借入するとき流れを自分の経験をもとに解説しています。

はじめての融資も追加融資も基本的な流れは同じです。追加融資などでは最短2週間ほどで融資実行してくれます。

日本政策金融公庫での借入の流れを掴んでどんどん融資を利用していきましょう!

日本政策金融公庫での借入の流れ(6STEP)

  • STEP1
    借入申し込み

    借入申込書に必要事項を記入し日本政策金融公庫に申し込みます。

    借用申込書

    (出典:日本政策金融公庫ホームページ

    ▽ 借用申込書のダウンロードはこちら

    参考 各種書式ダウンロード日本政策金融公庫

     

    申込方法には「支店窓口で提出」「郵送」「インターネット受付」があります。

    ▽ インターネット受付はこちら

    参考 事業資金 お申込受付日本政策金融公庫
    MEMO
    • インターネットで申し込む場合
      申し込み後、日本政策金融公庫から必要書類についての連絡があります。
    • 窓口で申し込む場合
      最寄りの支店で申し込みます。「創業計画書」を一緒に持っていくと次回の面談に必要な書類などスムーズに話ができます。

    創業計画書は「日本政策金融公庫の書式」でも「自分で作成したもの」でもどちらでもよいです。

    ▽ 創業計画書のダウンロードはこちら

    参考 各種書式ダウンロード日本政策金融公庫

    おーき

    僕ははじめての融資の際、創業計画書を持参して日本政策金融公庫の窓口で申し込みしました。

    注意

    追加融資の場合は創業計画書は不要です。

  • STEP2
    必要書類の提出

    借入に必要な書類を日本政策金融公庫に提出します。必要な書類は日本政策金融公庫から指定されます。

    MEMO

    日本政策金融公庫から要求された書類以外にも、面談時の事業説明に役立つ資料は一緒に提出すると良いです。

    おーき

    僕は想定家賃や修繕費の根拠となる資料を集めて一緒に提出しました。

    ▽ 僕が実際に提出した資料の一覧はこちら

    日本政策金融公庫で借り入れする際に必要な書類日本政策金融公庫での借入申込で実際に使用した16種類の必要書類
  • STEP3
    面談

    日本政策金融公庫で面談をします。

    日本政策金融公庫

    面談時間は30分〜1時間程度です。事業を始める動機や事業計画について説明します。

    おーき

    服装はスーツがよいとの情報もありますが、僕は私服で行きました。

    ▽ 実際に面談で受けた質問内容はこちら

    融資日本政策金融公庫の新規開業資金の面談!受けた質問と返答内容 融資日本政策金融公庫で追加融資の面談!受けた質問と返答まとめ
    注意

    追加融資では面談がない場合もあります。

  • STEP4
    融資決定

    融資が決まると日本政策金融公庫から契約書類が送られてきます。

    融資決定後に受け取った書類

    契約書類に借入条件(金利・返済期間等)が記載されています。

    ▽ 僕が借入したときの実際の融資条件はこちら

    日本政策金融公庫での借入実績(融資金額・金利・返済期間)日本政策金融公庫での借入実績(金利と返済期間)まとめ。中古一戸建3件分の融資条件を公開!

    契約書類に記載された必要書類を返送します。

    • 借用書
    • 印鑑証明書
    • 物件の契約書 等
  • STEP5
    融資実行

    融資の契約書類の返送後、3営業日ほどで自分の口座にお金が振り込まれます。

  • STEP6
    返済開始

    返済計画に従って銀行口座から引き落としが始まります。据置期間を設定している場合は、その間は金利分のみ支払いになります。

まとめ:日本政策金融公庫での借入フロー

借入申込から融資実行まで一連の流れを書きましたが、実際は電話で質問があったり追加資料の提出を求められたり、メールでやり取りすることもあります。

僕の場合、はじめての融資では1ヶ月半、追加融資では2〜3週間ほどで完了しました。

▽ 僕が日本政策金融公庫で借り入れしたときの体験談はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)