日本政策金融公庫で500万円の融資決定!返済期間9年6ヶ月

融資

日本政策金融公庫の新規開業資金の面談!受けた質問と返答内容」の記事で面談を受けたあと、日本政策金融公庫から電話がありました。

お願いしていた融資が通ったとのことでした!今回物件2号の購入資金として借入した条件ををまとめておきます。

日本政策金融公庫の借入金額・返済期間・金利の詳細

  • 借入金額:500万円(①300万円 + ②200万円)
  • 返済期間:9年6ヶ月(114回うち据置期間2ヶ月)
  • 固定金利①:初めの2年が1.8%、3年目以降2.3%
  • 固定金利②:初めの2年が2.2%、3年目以降2.7%
  • 返済方法:元金均等返済
  • 月々の元金返済:45000円

特例制度の適用があり初めの2年間は金利-0.5%になるようです。固定金利ですが金利も低いですね。

融資審査書類を送るときに一緒に入れておいたお手紙効果があったかもしれません。また父の連帯保証人の影響も大きかったと思います。

ちなみに家の担保価値は全然足りませんでした。

貸家の一軒家では担保価値がつきにくい

担当者の方によると、

  • 持ち家なら担保価値は固定資産税評価額の半分くらい
  • 賃貸に出していると担保価値はさらに半分くらいに下がる

とのことでした。これだと物件1号の固定資産税評価額が400万円程度なので、貸家1軒でようやく100万円分くらいの担保価値です。

担保の評価ってなかなか厳しいんですね。

まとめ

懸念していた物件2号の購入資金の目処がようやく付きました。

借入の申込から1ヶ月と2週間弱で融資が決定しました。一時は一戸建の賃貸経営には融資してもらえないかもと思いましたが、なんとか借り入れできてよかったです。

8月31日が物件2号の決済日なので、残りの書類を用意して準備を進めます!

 

取引物件2号の取得完了!残金決済と鍵の引き渡し

2 Comments

okita926

コメントありがとう!!
そうなんです、思ってたより全然評価してくれませんでした。
今年もう一軒買いたいけど、厳しいかも??

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)