不動産購入前に知っておきたい「旧耐震基準」と「新耐震基準」の違い

旧耐震基準と新耐震基準の違い

中古不動産を購入するときの注意点として、旧耐震基準と新耐震基準があります。

購入予定の建物の設計の基準が、旧耐震基準なのか新耐震基準なのかで耐震性能に大きな差があります。

素人が建物をぱっと見て耐震性能が十分かどうかなんて判断するのは難しいですが、実は簡単に判別する方法があります。

建築確認日が1981年6月以降であること

これさえ確認できれば、基本的に新耐震基準で建てられた建物ということが分かります。

物件探しの際に耐震性能を気にするときは、まずは建築確認日を確認しておきましょう。

では、旧耐震基準と新耐震基準ではどれくらいの耐震性能の差があるのでしょうか。具体的にこの記事で解説していきます。

建物の旧耐震基準と新耐震基準の違い

建物は法律で定められた耐震基準を満たすように設計されています。

耐震基準は大きく分けて「旧耐震基準」と「新耐震基準」があります。

  • 旧耐震基準:震度5強程度の揺れでも建物が倒壊せず、破損したとしても補修することで生活が可能な構造基準
  • 新耐震基準:震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準

出典:不動産用語集:R.E.Words

旧耐震基準では震度5程度の地震で建物が倒壊しないように、一方、新耐震基準では震度6強〜7程度の大地震で建物が倒壊しないように設計されます。

最近では震度5程度の地震は珍しくありません。旧耐震基準では、震度6以上になってくると倒壊の恐れもあるので安心して住めませんよね。

ですので、震度6強〜7の大地震でもなんとか耐えてくれる新耐震基準の建物を選ぶのは重要になってきます。

注意
新耐震基準の建物だからといって絶対に倒壊しないというわけではありません。

もう少し詳しく知りたい方は、こちらのサイトが参考になります。

参考 早分かり!耐震性の目安SUUMO

少し難しいですが、技術的な話はこちらのページが参考になります。

参考 建築基準法の耐震基準の概要国土交通省

耐震基準の違いによる建物倒壊率の差

新旧の耐震基準の違いによって、実際の地震での建物の倒壊率に大きな違いがあります。

記憶に新しい熊本地震での建物の倒壊率をみてみましょう。

熊本地震での新旧の耐震基準の違いによる建物被害の違い

出典:国土交通省

熊本地震での建物の倒壊率は次の通りです。

  • 旧耐震基準の倒壊率:28.2%
  • 新耐震基準の倒壊率:8.7%

旧耐震基準の建物では3割近くの建物が倒壊していますね。一方新耐震基準の建物の倒壊率は1割を切っています。

地震で建物が倒壊すると復旧にもお金がかかりますし、なにより命にも関わってきます。

耐震基準の違いだけで実際に倒壊率に差が出ているので、新しく物件を買うなら新耐震基準の建物を選んだ方が良いことが分かります。

建築確認日が「1981年6月1日」以降であることを確認しよう

旧耐震基準は1981年6月1日に改正されているので、それ以降に建築を開始した物件は新耐震基準を満たしていることになります。

ここで、1つだけ注意点があります。

新耐震基準を満たしている建物は「築年月(完成日)」ではなく「建築確認日」で確認すること

建物が新耐震基準を満たすかどうかの建築確認は着工前に行われます。

そのため、1981年6月1日以降に完成した建物でも1981年6月1日以前に建築確認した建物は旧耐震基準の可能性があります。

インターネットでは建築確認日までは掲載されていないので、築年数で物件探しをすることになります。その場合、次のポイントを確認しましょう。

  • 築年月は1981年6月以前のものは避ける
  • 築年月が1981年6月に近い物件は更に詳しく確認しておく
MEMO
旧耐震基準の物件だからといって賃貸に出してはいけないわけではありません。ただ、新耐震基準の物件を選んだ方がもしもの場合に大家さん側にも訴訟のリスクは小さくなります。

地震により建物が倒壊したときの大家さんの責任の考え方はこちらのサイトが参考になります。

参考 地震で借家が倒壊したら、大家さんの責任?Leagalus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)