浴室の壁面塗装。

fc2blog_20131202014535de3
スポンサーリンク

物件3号の浴室の壁がカビで薄暗いので塗装で綺麗にします。

塗装前の浴室のセメント壁

fc2blog_201312020201098fd fc2blog_20131201230913955

カビが生えていると余計薄暗く感じますね^^;カビを除去しても良いのですが、またカビが生えると結局同じ感じになるので明るい色に塗装しようと思います。

まずは養生シートでペンキが付着したら困るところを覆います

塗装中ペンキが飛んでも大丈夫なように、塗装するところ以外は養生シートでしっかり覆いましょう。

fc2blog_20131201233054d99

養生にはいつもテープ付きのビニールシートを使っています。テープで貼り付けた後、ビニールシートを広げられるのでとても便利です!

fc2blog_201312012332121c9

ペンキが付いて困るところを全部ビニールで覆っておきます。細かいところは布テープでマスキングしましょう。

fc2blog_20131201233312b0a

入り口の扉も浴槽にもペンキがかからないように全部ビニールで覆いました。これでようやく塗装できますね☆

ペンキの準備

fc2blog_20131202014446a54

ペンキに使う道具たち。広範囲を塗るためのローラーと細かいところを塗るための刷毛を用意しました。

次にペンキの色のチョイスです。

fc2blog_20131202014431f2c

物件3号の浴室はタイル張りで寒い印象があるので、暖かい感じにしたいなぁということで、ソフトアイボリーという色にしてみました。ビバホームで3000円ほど。

fc2blog_20131202014506ec6

ペンキは水溶性なので水で少し溶かして準備しておきます。

ローラーに延長棒を付けて塗っていきます

fc2blog_20131202014535de3

まずは天井から塗っていきます。黒い部分が一気に綺麗になっていくのが楽しいです♪

fc2blog_201312020146114cd

天井一面塗り終えました。

ペンキ塗りの時の注意点ですが、返り血ならぬ返りペンキを結構浴びます。服や顔にもペンキがつくので、僕は100均の雨ガッパにゴーグルを付けて完全武装で作業しています(笑)しっかり顔も服も防御して作業しましょう〜。

続いて側面も塗っていきます。

fc2blog_20131202014733626

残り右側の壁面のみとなりました。

fc2blog_20131202014832bdc

全面塗り終わりました。全部で3時間くらいかかったと思います。

fc2blog_20131202015049f0a

最後に養生を撤去して完成です!

ビフォーアフター

fc2blog_201312020201098fd

⬇︎

fc2blog_20131202015049f0a
思ってたより黄色っぽくなったけど満足です(。-∀-。)特に特別な技術も必要なく、端っこや細かな塗り残しがないかなど気にしながら塗ったら綺麗に仕上がります。

おしまい。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ほんと温かい感じになりましたね。
    100均の雨合羽…なるほどですね。
    今までボロタオルを被ってやってました。
    すっごく参考になります。 

  • コロビビさん、こんばんは^ ^
    雰囲気が少し暖かくなりました☆床がタイルなので裸足だとやっぱり冷たいですけどね(~_~;)
    100均雨ガッパ安いのでオススメですよ〜!夏は蒸れますけどね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)