洗面所のクッションフロア貼り。

fc2blog_20131112032013412
スポンサーリンク

洗面所のクッションフロアの貼り替え日記です。

fc2blog_20131112030039de9

壁紙交換が完了し、古い床材を撤去した状態です。ここにクッションフロアを貼っていきます。

床の寸法を測る

まずは床の寸法を測って新しいクッションフロアのサイズを決めます。

fc2blog_20131112030246cb1

幅は171cm。

fc2blog_20131112030324e5b

縦は115cm。

床の形はドアのところで凸凹出てたりするので一番長くなるところで測りましょう。新しいクッションフロアは床の形に合わせてカットしていくので、のりしろ分を考えて大きめに用意する必要があります。今回は180cm×125cmでカットすることにします。

新しいクッションフロアを必要サイズにカットする

今回、洗面所用のクッションフロアには大理石調の白いものにしました。コーナンで100cmで1300円です。(幅は180cm)

fc2blog_201311120306387c9 fc2blog_201311120308367d0

通常売っている幅が180cmですので、幅はそのまま使用できます。

fc2blog_20131112030924452

必要なサイズ125cm分を測ってカットします。

fc2blog_201311120310325b1

はさみで適当にカットして下さいね。メモリも付いているのでだいたいまっすぐにカットできます。

fc2blog_201311120311170d5

カット完了しました。

クッションフロアを洗面所に仮置きする

カットしたクッションフロアを洗面所に敷きにいきましょう。

fc2blog_20131112031233073

新しいクッションフロアは床のサイズより少し大きめですので、仮置きした後に床の端のラインに合わせてカットしていきます。ですので、床の四方にカットするのりしろがあるように仮置きします。

fc2blog_20131112034204a06

今回はタイル調のクッションフロアですから、タイルの縦横のラインが部屋の縦横と平行になるように位置調整します。お風呂場の入り口でタイルの四角形を崩さないように上手く調整しました。

クッションフロアを床の端のラインに合わせてカットする

クッションフロアを仮置きしたら、余分なところに切れ込みを入れてカットしていきます!

fc2blog_2013111203152026d

この辺が角っこかな~と予想して、これより上は余分なところだからカット!という感じです。床の端のラインにクッションフロアを押し当てると余分な部分が分かります。

fc2blog_20131112031633d1e

少しずつカットしていけば、そんなに失敗することはありません。

fc2blog_20131112031740ae2

ひたすら余分な部分をカットしていくだけです。

fc2blog_20131112031833e34

だいぶ進んできました^^

fc2blog_2013111203185500a

角っこはこんな感じです。

fc2blog_201311120319194e1

カットされたクッションフロアたち。

fc2blog_20131112032013412

カットが完了しました☆目安として、クッションフロアが突っ張らないくらいまでカットします。

うりゃー!っと一気にカットすると、こんな感じで失敗します(笑)

fc2blog_20131112032125d43

でも、これくらいなら許容範囲。のちのちシリコンコーキングをするので隠せます。

床に専用のボンドを塗って貼り付ける

クッションフロアのカットが完了したらボンドを塗っていきます。

fc2blog_20131112032931a2b

クッションフロア専用のボンドです。大きなヘラがあるとボンドを塗るときに便利です。

それではボンドを塗っていきましょう〜。

fc2blog_2013111203235259b

まずクッションフロアを半分めくって、見えている床にボンドを塗ります。

fc2blog_20131112032417131

残りの半分同様に、クッションフロアをめくって、出てきた床にボンドを塗ります。

fc2blog_20131112032511367

のり付け完了~☆はみ出たボンドは濡れ雑巾で綺麗に拭いておきましょう。

ボンドを塗ってクッションフロアを貼り付けた後、床を撫でて空気を押し出します。僕はいつも足でやっています。最後に手で表面を撫でてみてデコボコしたところがなかったらOKです。

ボンドを乾燥させる

fc2blog_20131112032559f6a

ボンドの乾燥に1日おきましょう〜。その間は他の作業をしてましょう。だいぶ良い感じになってきましたね^^

最後に床の端のラインをシリコンコーキングする

最後の仕上げ、シリコンで床の端のラインをコーキングします。ちなみにこの作業はしてもしなくてもどっちでも良いです。

fc2blog_20131112033204b98

シリコンとコーキングガン。今回は白色のシリコンを使用しました。

fc2blog_20131112033255801

シリコンが入る幅を3ミリくらい見越してマスキングテープします。

fc2blog_20131112033343795

シリコンを注入して、

fc2blog_20131112033422924

シリコンをならしていきます。僕は指でならしちゃいます。

クッションフロアカットで切り過ぎたところもこれで隠れます!

fc2blog_20131112033458972

⬇︎

fc2blog_20131112033517552

いい感じに隠れましたね☆

fc2blog_20131112033601b6f

こないだ幅木を加工したところはこんな感じになりました。

シリコンコーキングが終われば完成で~す☆

ビフォーアフター

fc2blog_20131112030039de9

⬇︎

fc2blog_20131112033634d44

だいぶ良い感じになりました^^

以上、クッションフロア貼り替え日記でした。おしまい。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 順調に仕上がってますねー。
    一度、自宅の浴室脱衣場のCFを自分で貼ってみて練習してみたいと思います。
    入居が始まった貸家ですが、浴槽に人が入ると重みで浴槽が沈んでコーキングが割れた、というクレームが入りました。
    そんなことになる巨漢は入居者にいなかったのですが、浴槽がやわなのか?
    業者さんに調べてもらいます。

  • バーダックさん、いつもありがとうございます^^
    ようやくクッションフロアが貼れました☆
    まだ浴室とキッチン等々が残っていて、11月中完成は厳しそうになってきました・・(笑)
    重みで浴槽が沈むなんてあるんですねぇ。大きな改修にならなければよいですが、ちょっと心配ですね><

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)