ドアクローザーの交換。リョービ取り替え用ドアクローザー。

ni0000909792
スポンサーリンク

ずっと気になってた玄関扉のドアクローザー。

何が気になるかというと、玄関扉のドアクローザーが全く機能していないんです。こちらが物件3号のドアクローザー。

fc2blog_20140204015458bb6
普通、玄関扉の内側にあると思うのですが何故か外側についています。しかもなんか安物そう。。後から付けた感たっぷりです(ー ー;)

そして、肝心のドアクローザー機能。

ドアを開けて放置すると、ゆっくり閉じて来ます。

しかし途中で停止。

しばらく待つと…バタン!

もう全く機能していません(泣)

よく見てみるとドアクローザーの部品とドアのてっぺんが接触しているようです。相変わらず素人仕事が目立つ物件3号です。(僕も素人ですがきっちりしてるつもり!)

というわけで交換でーす。初チャレンジ!

ホームセンターで店員さんに相談すると、どうやらこれでいけそう。

リョービ 取替え用 ドアクローザー

fc2blog_2014020412072319a
ビバホームで6780円。結構高いなぁ。

ドアクローザー取り付けのための寸法計測

交換には寸法が合ってないといけませんから、必要な寸法をあらかじめ測っておきましょう。

  • 本体取り付け部分の穴位置の長さ(縦×横)
  • 本体取り付け位置とドアの上側サッシまでの距離
  • ドアのサッシの固定部分の穴位置の長さ
fc2blog_20140204235350350

fc2blog_201402041209092cb
ここを測ってみて寸法許容範囲内であれば交換できます。ちなみに右開き、左開きのドアどちらにも対応してます。便利ですねぇ☆

さぁ取り付けていきますよ!

ドアクローザーの取り付け準備、ドアサッシ(枠)側の穴あけ

まず商品の内容物はこちら。

fc2blog_2014020412401953d

サッシ側の穴は4つ必要です。今回の物件では一つ足りないので穴を開けます。商品も穴の不足を想定しており穴あけ用の部品も入っています。アルミ製なので結構簡単にあけれらるようです!

写真のような付属の穴あけ用のネジが入ってます。ドライバーでグリグリねじ込みます。

fc2blog_20140205001806ddc

穴があきました。アルミって結構簡単に空くもんなんですね~。

fc2blog_2014020412390592f

穴が四つになりました。これで部品の取り付けができるようになりました☆

ドアのサッシ(枠)側部品の取り付け

次に部品を取り付けていきます。

fc2blog_20140204124038d16

サッシ(枠)側取付部品がこんな感じで可変式。

fc2blog_20140204124106c76

パカっと開きます。

fc2blog_20140204124121180

このように可動式なので、ある程度のサイズにも対応できるようになっています。便利なもの考えますねぇ^ ^助かります。

元々の穴と先ほどあけた穴(4つ)に合わせてネジで取り付けます。

fc2blog_201402041242289bb
取り付きました!

ドア側の部品の取り付け、土台部品とレール部品

次にドア側の取付です。土台となる部品です。

fc2blog_20140204124343103

上の部品がレール部品、下の長方形の2つが土台部品です。真ん中の小さい部品はそれら2つの部品の固定に使用します。

まず、長方形の土台部品の取り付けです。これも元々開いていたドアの穴に合わせて取り付けます。

fc2blog_2014020412441648f

ネジで固定です。

fc2blog_201402041244453e5

どの穴を使うかは、サッシと本体取り付け穴の長さで決まるようで、説明書に従います。左右二つの土台部品を取り付けました。

fc2blog_20140204124505d50
次にレール部品を取り付けます。

fc2blog_201402041245330ce
さっき取付けた土台部品にでっぱりがあって、そこにはまります。

fc2blog_20140204124612c3f
取り付けは、サッシに取付けた部品の軸が写真に示す矢印マークの間に入る位置に付属の固定用部品で固定します。

fc2blog_20140204125018a72
固定しました。

fc2blog_20140204125037fba

これでドア側の部品の取り付けが完了しました。

本体部品の取り付け

最後に本体部品の取り付け!ごっついです。

fc2blog_20140204125116fd9

取付の前にちょっと組み立てます。

fc2blog_20140204125143956

アーム部品がありますので、これを本体部品にはめ込んでネジで固定します。

fc2blog_20140204125214dcd
fc2blog_20140204125228029

これで本体部品の準備が完了しました。

さぁ取り付けますよ!

先ほどドアに取付けた土台部品には写真のような引っ掛かる爪があります。

fc2blog_2014020423544994d

本体部品の裏側には爪と引っ掛る棒があります。

fc2blog_201402042355112af

土台部品の爪と本体部品の棒が引っ掛かるように取り付けます。

fc2blog_201402041256045fd

引っ掛かるのは写真の右側部分だけなので、その反対側(左側面)をネジで固定します。

fc2blog_20140204125629cf0

だいぶ出来てきましたね!

今こんな状態です。ドア側の土台と本体部品を取り付けただけで、まだサッシ側部品と本体部品は接続していません。

fc2blog_20140204125659d7e

次に、サッシ側の部品と本体部品のそれぞれの部品から出ている二つの棒を接続します。

fc2blog_2014020412573238d

このときサッシ側の棒がネジ式になっておりクルクル回すと長さ調整できるので、ドアと平行になるように取り付けます。

fc2blog_2014020413000203c

今取り付けた接続部分をネジで固定します。

fc2blog_20140204130025864

最後に本体下のボルト部分をキャップをはめ込んで、

fc2blog_20140204130044fd9

とりあえず完成です~!!

fc2blog_2014020413011285b

試しに開けてみる。

fc2blog_20140204130134d02

おお、勝手に閉まる!(☆ロ☆)

fc2blog_20140204130157b46

そして、動きがめちゃ滑らか~☆やっと普通のレベルになった!

ドア停止位置の最終調整

しかしこのドアクローザーには、まだ素晴らしい機能があったのです!

自分の好きなドアの角度で開けたまま、この部分をガッチリ閉めると…

fc2blog_201402042359270bc
なんとストッパーいらずで止まるんです!

fc2blog_201402050000392f4

もちろん軽い力で引くと動き出して閉まります。

え?普通やんって?

いやいや、自分で組み立てると、この機能は感動ものなんです!!ドアクローザーってすごい!って思っちゃうんです。

残念ながらこの感動は伝わらなさそうですね(笑)

おしまい。

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • ドアクローザー交換の記事は少ないので参考になりました!
    うちの物件のドアクローザーにはストッパー機能が無いので、
    ドアの前に物を置くか、スリッパ等をドアのすきまにかませて
    閉まるのを防いでいますが、不便なんですよねー。

  • かなりスタイリッシュなドアクローザーになりましたね☆
    こうやってDIYしていると物件への愛着がどんどん沸いてきますよね。沸きすぎてちょっとやりすぎちゃったりもありますが(笑)

  • バーダックさん、こんにちは^ ^
    ドアクローザーの取り付け記事ってあんまりないかなーと思って書いてみました☆
    こんな感じなんだ〜と思って頂けると嬉しいです!
    ストッパーも実は素人工事のモノが付いていまして、やはりしっかり機能しません(笑)
    でも今回のドアクローザーでストッパーがあって解決しました☆
    こういう商品ってホント素敵ですよね♪考えて作ってくれた会社に感謝です!

  • 大家の孫さん、こんにちは^ ^
    そうなんです!至る所やりたい事が多くて困ってます(笑)費用対効果なんてないものもやってると思いますσ(^_^;)
    だいぶ愛着沸いちゃってます☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)