ふすまの貼り替えに初挑戦!

%e3%81%b5%e3%81%99%e3%81%be%e3%81%ae%e8%b2%bc%e3%82%8a%e6%9b%bf%e3%81%88%ef%bc%91
スポンサーリンク

今回初めてふすまの貼り替えをしました。ふすまの貼り替え方法をネットで調べると、

  1. ふすまの木枠を外して角に折り込んで貼る方法(正攻法)
  2. 壁紙のように上から貼って木枠のところで切ってしまう方法(簡易な方法)

がありました。今回初めてなのでなるべく手間なく終わらせたいなーと思い、まずは簡易な方法から試してみることにします。

簡易な方法で試した結果

壁紙のように貼る方が楽なので、まずはその方法で貼ってみることにしたのですが・・・

moblog_68b35d36

見事に失敗しました~(ToT)

エアコンの風が直接当たっていたためか、急激に乾燥して水分を含んだ紙が縮んで下地の紙ごとごっそり破れてました。

ふすま貼り替えの教訓:ふすまを乾燥させるときはエアコンに注意しましょう

リフォーム手順

木枠の分解

moblog_68b35d36

まずは木枠の分解からです。ふすまの木枠は組み木のようになっています。ハンマーで叩いてはずします。

moblog_ae2b456d

木枠をハンマーでトントン叩くと、木枠がずれることにより内部のねじ山との引っ掛かりが外れて分解できます。

moblog_35b7f76a

全て木枠を外しました。これで分解は完了です。

下地補修のために茶チリ紙を貼り付ける

次に下地になる茶チリ紙というものを貼ります。今回下地が破れてしまっているのでこれで補修します。

moblog_88004ced

紙の縁にだけ糊をつけて貼っていきます。

moblog_98ce5564

ふすま1枚で茶チリ紙6枚使用しました。

moblog_725db106

これで下地補修が完了です。

ふすま紙の貼り付け

のりを塗ったふすま紙をふすまに貼り付けます。今回使用したふすま紙はこちら。

2枚入りで800円なのでふすま1枚400円です。このふすま紙はのりで貼るタイプです。ベージュに白とパールの露草の模様が入っていて高級感がるのでこれを選びました。

のりを塗った後15分ほど放置してふすま紙に水分が馴染むまで待ちます。水分を含んでいるので貼り付けてもしわしわですが、乾燥すると縮んでピンっとなるので大丈夫です。

moblog_e6cf611f

ふすま紙をふすまに貼り付けた後は、刷毛で空気を押し出します。しわしわなので空気が入っているかわかりにくいので、しゃっしゃっと適当に表面を撫でるだけです。

のりもホームセンターで売っているような障子・ふすま兼用ののりを水で溶いてペンキのローラーで塗っています。

ふすま紙を貼り付けたら一晩乾かして、分解していた木枠を取り付けてふすま紙の貼り替えは完了です。こちらの作業は写真を撮り忘れました^^;

ふすまの引き手の交換

ふすまの引き手も新しいものに替えます。

引き手は1個75円。安いですね。

まず、ふすまの引き手取り付け部分にカッターナイフで切れ込みをいれます。引き手取り付け部分には円形の引き手用の穴があるので手で触ると分かります。

moblog_a92666c9

引き手部分に切れ込みをいれたら、新しい引き手をはめ込んで付属の釘を打っておしまい。

moblog_ae1576d9

引き手を取り付けたらふすまの貼り替え作業は完了です!

ビフォーアフター

ビフォー

moblog_8f1567b1

アフター

moblog_baf5226b

ふすまを貼り替えただけで部屋の印象がだいぶ印象が明るくなりました!

ふすまの貼り替えにかかった費用(ふすま1枚あたり)

  • ふすま紙:400円
  • のり:300円
  • 引き手:75円
  • 茶チリ紙:130円

ふすま1枚の材料代は大体1000円くらいでした。ただ、今回ふすま紙の交換をしてみて思うこと・・・・

『業者に任せた方が楽(笑)』

おしまい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)