【DIY】トイレのタイル床の上にクッションフロアを貼って見た目一新!貼り付け施工レポート

この記事では、トイレのタイル床の上にクッションフロアを貼るDIYリフォームをレポートしています。

タイル床は冷たいし掃除しても清潔感はイマイチ。タイル床を本格的に変えようと思うと費用も手間もかかります。

クッションフロアを貼り付けるだけなら手間もそんなにかからず、費用はわずか4000円(材料代)。悪くなったらまた張り替えれば良いですしね。

古家にそこまで費用かけてもお金がもったいないので、今回DIYで簡易的にクッションフロアを貼り付けることにします。

リフォーム前のタイル床のトイレ

fc2blog_20130929234653fd8

リフォームの前の貸家(物件3号)のトイレです。汚れているし変なシールも貼ってあるし、これでは気持ち良く用が足せませんね!

今回はここにクッションフロアを貼って見た目を一新していきます!

今回貼り付けるクッションフロア

fc2blog_201309292253367b0

長さ1mあたり1300円ほどです。とても安いですね☆

リフォームに必要な資材と道具リスト

使用資材一覧

使用資材説明
【クッションフロア】
クッションフロア
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【クッションフロア用接着剤】
クッションフロアの接着
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【シリコンシーラント】
隙間のコーキング用
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【マスキングテープ】
コーキングのマスキング用
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【セメント】
排水口まわりの傾斜の修正用
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【養生テープ】
排水口のマスキング用
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら

使用道具一覧

使用道具説明
【はさみ】
クッションフロアの切断用
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【カッターナイフ】
クッションフロアの切断用
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【コーキングガン】
シリコンコーキング用
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【クシ目ごて】
接着剤の塗布
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら
【左官ごて】
セメント用(必要な場合)
icon-arrow-circle-right 詳細はこちら

リフォーム費用と作業時間の目安

リフォーム費用

  • クッションフロア:1300円(1m分)
  • 接着剤:2000円
  • シリコンシーラント:400円

作業時間

  • 加工・貼り付け時間:4時間程度(接着剤の乾燥時間は除く)

DIYでトイレのタイル床にクッションフロア貼り付けレポート

① 排水口周辺の傾斜修正

fc2blog_2013091810470839a

タイルの床は水が流れやすい様に排水口に向かって傾斜を持っています。

明らかに傾斜が分かる排水口のところだけ傾斜を修正します。

今回はセメントで埋め立てることにしました。

fc2blog_2013091810510262d

セメントが中に入っていかないように排水口にテーピングします。

fc2blog_20130918105131757 fc2blog_2013091810534680a

セメントをコネコネして傾斜がなだらかになるように均します。

fc2blog_20130918105438757

できあがり。

fc2blog_20130929224408bc4

乾燥するとこんな感じになりました。

② トイレの床の採寸

必要なクッションフロアの大きさを知るためにトイレの床のサイズを測ります。

採寸箇所

  1. 横幅
  2. 奥行き
  3. 便器前の長さ
fc2blog_20130929224616d3c

横幅70cm・奥行き110cmでした。必要なクッションフロアのサイズは少し大きめに考えて120cm×80cmあればよいでしょう。

fc2blog_20130929224921e6e

便器前の長さは48cmでした。この寸法も後ほど使用します。

③ クッションフロアの準備

fc2blog_201309292251164ec

買ってきたクッションフロアを120cm×80cmのサイズにハサミで切ります。

fc2blog_201309292253367b0

次に、便器前の長さ48cm+5cmくらいを手前に残して、中心の目地に沿って切っておきます。

上の写真でいうと、メジャーのある写真下が便器手前、切れ目のある写真上が便器の奥の部分になります。

便器の奥の部分のカットした切れ目は、便器背後で合わせて接着することになります。

そのためカッターナイフで綺麗に切る必要があります。

今回はタイル調の素材なので、タイル目地でカットすると接着するときに切れ目を隠すことができます。

④ クッションフロアの位置決め

クッションフロアの下準備が出来たのでトイレに持ち込みます。

fc2blog_2013092922554048c

カッターで真ん中を切ってあるので、便器部分で左右に分かれます。

まずは手前(入り口側)からクッションフロアの位置を決めていきます。

fc2blog_2013092923041371a

クッションフロアのタイル柄とトイレのタイル目地が平行になるように揃えます。

クッションフロアのサイズは縦横ともに少し大きめに切ってあるので、縦横全ての辺で少しずつ余分が残るように位置調整します。

この余分な部分はのちのちカットしていきます。

⑤ クッションフロアの加工

クッションフロアの位置を決めたら、便器の前のクッションフロアに切れ目を入れながら奥の方へクッションフロアを押し倒していきます。

fc2blog_20130929231213b7f

クッションフロアを便器に当ててみて、明らかに不要な部分に切れ目を入れていきます。

不要な部分とは、便器の淵よりもクッションフロアが内側に入る部分です。
fc2blog_201309292315427ba

少しずつ切れ目を入れていくと、写真のようにクッションフロアが便器の淵に沿って折り曲げれるようになります。

ここではギリギリは攻めずにまだ余裕を持たせておきます。

fc2blog_20130929231835fcd

たくさんの切れ目を入れて便器の淵の曲線に合わせています。

クッションフロアが便器の形にカットされてくると、クッションフロアを便器奥まで倒し込んでいけるようになります。

fc2blog_20130929231953273

便器の後ろでは、中心の切れ目がまだピッタリ合っていません。

fc2blog_201309292324336c1

便器まわりが少し形付いてきたら、左右の余分な部分も少しずつカットしていきます。

角っこも少しずつ余分な部分に切れ込みを入れて形を合わせていきます。

fc2blog_2013092923251068b fc2blog_20130929232529d7f

少しずつ明らかに不要な部分だけカットしていきます。

どんどん不要な部分をカットしていきます。

fc2blog_20130929232601099

便器まわりもだいぶ無くなってきました!

fc2blog_2013092923354123f

便器の背後の真ん中の切れ込みも合うようになってきました。

fc2blog_201309292336306f0

はじめに中心の目地で切った切れ目はちゃんとあります。

fc2blog_20130929232926444

最後は壁の淵に合わせてカットします。

fc2blog_20130929232950071

だいぶ綺麗になってきましたね!

fc2blog_20130929233011f81

便器まわりも仕上げカットに入ります。

fc2blog_201309292330284ff

ようやくクッションフロアのカット完了!!

仕上げの感覚としては、クッションフロアがどこにも突っ張らないように仕上げています。

⑥ 専用接着剤で貼り付け

クッションフロアのカットが終わったら、クッションフロア専用接着剤で貼り付けていきます。

今回使用した接着剤はこちら。接着剤を伸ばすのにクシ目ごてがあると便利です。

クッションフロアの貼り付けでは、便器の奥側・手前側と2回に分けて塗っていきます。

fc2blog_201309292332057e4

まずは奥から接着剤を塗布していきます。

fc2blog_20130929233755d0b fc2blog_20130929233855ba0

接着剤はたっぷり使い、ヘラで塗り残しがないようにしっかり塗りましょう。

接着剤の説明書きに『塗ったあと少し時間を置くように!』と記載があったので、半面全体に塗って15分位放置しました。

15分後、クッションフロアを貼り付けます。

fc2blog_20130929234047354

貼り付けといっても、ここではクッションフロアを被せただけです。

残りの手前の半面にも同じようにします。

fc2blog_201309292341381c2

接着剤を塗って、

fc2blog_20130929234155bbe

貼り付けしました。

最後にクッションフロアと床面が密着するようにクッションフロアを上から圧着します。

空気が中に残らないようにローラーなどでコロコロ密着させましょう。僕は足でも踏みまくってます。

雑巾で端っこに漏れた接着剤を綺麗に拭き取ります。

fc2blog_20130929234301f77

便器背後のカットされた中心のつなぎ目も分からなくなりました。

今回タイル床に直接クッションフロアを貼り付けているので中々乾燥しません。乾燥に数日間はかかると思います。(トイレは使えます。)

⑦ シリコンコーキングで仕上げ

接着剤が乾いたら、最後にシリコンコーキングでクッションフロアの端面を仕上げます。

fc2blog_20140224084829f5d

トイレに座ってみると、床に目線が行った時に隙間の接着剤が目に付きます。

fc2blog_20140224085051400 fc2blog_20140224085108c5f

このままでも良いですが、綺麗に仕上げたいので端面をシリコンコーキングします。

まず、マスキングテープでクッションフロアの端面を全てマスキングします。

fc2blog_20140224085151508 fc2blog_2014022408521559e

シリコンがクッションフロアの上に数ミリ乗るくらいの幅でマスキングしています。

マスキングが終わったらシリコンコーキングをしていきます。

fc2blog_2014022408543525e fc2blog_2014022408545692f fc2blog_201402240855298ec

シリコン注入自体は数分で終わります。

次に注入したシリコンをならしていきます。僕はいつも指でならしてます。

fc2blog_201402240856383df fc2blog_20140224085848c24 fc2blog_20140224085948c32

最後にマスキングテープを剥がします。

マスキングテープに付いたシリコンが周囲に付着しないように注意しましょう。

fc2blog_201402240901432c2 fc2blog_201402240902024df fc2blog_201402240902394f6

マスキングテープをはがしたあと、気になるところを指で調整して終了です。

ビフォーアフター

ビフォー

fc2blog_20130929234653fd8

アフター

物件3号20160227094450.jpg

シリコンコーキング前の写真です。

拡大写真

fc2blog_201402240902394f6

まとめ:DIYでトイレのタイル床の上にクッションフロアの貼り付け

タイルの壁があるのにタイル調のクッションフロアを貼って失敗したかな?と思ったのですが、タイル幅が違うのにも関わらず案外マッチしました。

クッションフロアはそこそこ厚みがあるので、タイル目地の凸凹もあまり気になりません。

かかった費用は4000円程度

これで床が綺麗になるなら十分です。裸足でも歩けるようになりました!

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 便器を外した方が楽に作業が進むと思います
    配管のメンテもできるしたいした手間ではないですよ
    試してみてください

  • masiaさん、コメントありがとうございます^^
    便器はまだ外したことがないのですが手間ではないのですね!機会があったらやってみたいと思います☆
    全部自己流なのでアドバイス頂けると大変助かりますm(_ _)m

  • 写真が一杯で分かりやすい解説有り難うございます。
    クッションフロアはこうやって張るんですね。
    やはり両面テープより、ボンドが良いのでしょうね。
    直接合わせてカットするんですね、私は新聞紙が何かで型紙を取ってからだと思っていました。
    清潔感のあるトイレになりました。
    お疲れさまです。
    次はどこが綺麗になるのかワクワクしますね。
    頑張って下さい。応援しています。

  • もみのり子さん、おはようございます^ ^
    クッションフロア貼りはデカイ工作をしてるような感覚で楽しいです☆
    接着は両面テープよりボンドの方がしっかりすると思います。
    機会があればチャレンジしてみて下さいね。
    少しずつ家が綺麗になってきました。頑張りまーす!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)