【DIY】案外簡単な表札の取り外し

この記事では、表札を簡単に取り外せたときのことを日記にしています。

インターネットで表札の外し方を調べてみると「素人には無理」「壁を傷つけてしまう」などネガティブ情報ばかり。

でも自分でチャレンジしてみると案外簡単に取れました。

表札の取り外し方はそれぞれのお家で異なりますが、接着剤によっては簡単に取れる場合があります。

入居者さんから表札の取り外しのご要望

「古い表札を外してくれませんか?」

貸家を始めて2ヶ月。入居者さんから表札の取り外してほしいと要望がありました。

古い表札の上からプレートでも貼ってくれるかなーなんて軽く思っていたのですが、きちんととしないといけませんね。

さて表札なんて外した事がないので、急遽ネットで調べます。

表札は通常接着剤でくっ付いているようです。しかし「とても硬くて素人には無理」とか「バールで強引にやると周りの壁が壊れる」とか、ネガティブな情報ばかり・・。

ホームセンターでは取り外し+取り付け工賃で1万円。むむむ、高いなぁ。

とりあえず、自分でやってみよう!!

ということで手持ちの工具で外せないか試してみることにしました。

表札の取り外しにチャレンジ!

表札の周りのふちを金づちとノミでコンコン叩いてみると

IMG_1608_convert_20120611003556

ん?なんか柔らかい。

よくよく見るとうちの貸家(物件1号)の表札は、ネット情報のようなカチカチの硬い接着剤ではないようです。

ノミでグリグリすると表札の周りの接着剤がとれました。

このあと壁が傷つかないように当て木をして、バールを使ってテコの原理で力を入れると

IMG_1610_convert_20120611002912 IMG_1613_convert_20120611002956

パカっと取れました!

IMG_1618_convert_20120611003647

取り外した後、壁に残った接着剤を綺麗に取り除いて終了です。

まとめ:案外簡単な表札の取り外し

ネット情報では表札の取り外しは難しいとのことでしたが、自分でやってみると案外簡単に取れました。

今回のケースは稀だと思いますが、簡単に取れるケースとして参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)