掃除のしやすいコードレス掃除機の選び方。マキタのコードレス掃除機に大満足!

マキタのコードレスクリーナー
スポンサーリンク

今日は不動産ネタではありません。

最近、マキタのコードレス掃除機を買ったのですがとっても便利ですね。リフォームのお掃除にも使えそうです!とても気に入ったので、今回調べた事をまとめておきます。

IMG_4811

普通の掃除機だと、始めに電源ケーブルを引っ張り出してようやく掃除開始。また違う部屋に行くときは電源を抜きに行って、新しい部屋で電源に差し込んだりと無駄作業が多いです。

コードレス掃除機だとそんな面倒な手間はありません。掃除中もドアや壁などの角に掃除機が引っかかったりもしません。

あまりにも手軽なので、しょっちゅう部屋の掃除をするようになりました^^

種類の多いコードレス掃除機選びにひと苦労

今回、初めてコードレス掃除機を探してみたのですが、たくさん種類がありとても迷いました。

他にもたくさんあるのですが、種類が多すぎて何を基準に選んだらいいのか、初めはサッパリ分かりませんでした。

かといってGoogleで検索しても、アフィリエイト目的の内容の薄いサイトばっかり。情報の取捨選択が大変でした。

参考になったサイト

ちなみに参考になったサイトは以下の二つでした。

コードレス掃除機マニアの比較サイトでは、ほとんどのコードレス掃除機について細かく性能や機能について写真付きで解説してくれていて良かったです。

工具の専門店 KPTでは、マキタの製品の機能の比較が分かりやすかったです。マキタ製品を購入する場合は、こちらで確認すれば良いと思います。

最終的に選んだのは電動工具メーカー マキタのコードレス掃除機

いろんな情報の中から自分なりに基準を決めて、最終的に選んだのがこちら。

これ、大手家電メーカーではなく電動工具メーカー製です。

僕も初めは大手家電メーカーの製品で探していました。でもよくよく調べてみると、掃除にこれは最低限必要でしょ!っていう大事なポイントが抜けていたりしたんです。

そこで、コードレス掃除機選びの際、最低限押さえておいた方が良いポイントをまとめておきたいと思います。

気にするべきは『重さ』じゃなく『モーターの位置』

コードレス掃除機ではモーターの位置がとても重要です。このモーターの位置で掃除のしやすさが全然違います。コードレス掃除機はモーターの位置で大きく2種類に分かれます。

モーター位置が先っぽのタイプ

IMG_4750

モーター位置が手元のタイプ

IMG_4747

仮に両方とも同じ重量だったらどっちが使いやすいんでしょうか。これは手でコードレス掃除機を持ち上げた時の事を考えればすぐに分かります。

モーター位置が先っぽのタイプ

モーターが先
先っぽが重いので、支えるのに大きな力が必要です。

モーター位置が手元のタイプ

モーターが手元
先っぽが軽いので、小さな力で支えることができます。

単純な計算で、手元からモーター位置までの距離が3倍違えば、必要な力も3倍違います。

掃除をするとき、必ずと言っていいほど掃除機を持ち上げますよね。そのとき、モーター位置が手元にある方が軽く動かすことができます。

あまりイメージの湧かない方は、一度家電量販店で試してみることを強くお勧めします。モーター位置が先っぽのタイプは本当に使いにくいです。

結論

モーター位置が手元にあるコードレス掃除機を選ぼう。

掃除機のヘッド(先っぽ)の大きさにこだわろう

次に大事なのがコードレス掃除機のヘッド(先っぽ)の大きさです。掃除のしやすさにダイレクトに効いてきます。

大きいヘッド

IMG_4767

小さいヘッド

IMG_4818

掃除していたら普通に分かることですが、大きいヘッドは狭いところに入らないので掃除しにくいですよね。

IMG_4814

ヘッドの大きさは、性能や見た目のデザインだけを見ていると案外見落としてしまうところなので要注意です。

そんな僕もコードレス掃除機を探し始めた当初、見落としていました(笑)。

SHARPのFREEDというコードレス掃除機のデザインが好みだったのですが、家電量販店で実際の製品を見てびっくり。

自立ができるというSHARPのコードレス掃除機

IMG_4776
IMG_4756

・・・なんですか、このでっかいヘッドは?

自立できるのが特徴らしいですが、こんなに大きいヘッドは掃除の邪魔にしかなりません。収納時は壁に立てかけておけばいいだけですしね。

たまたま隣にいた主婦らしき女性のお客さんが手に取って一言。

「あ、これはないわー。」

さすが主婦の方はよく使うから分かるんでしょうね。持った瞬間に言ってたので思わず笑ってしまいました(笑)。

結論

掃除機のヘッド(先っぽ)はなるべく小さいものを選ぼう。

掃除機のヘッドの回転ブラシの役割を知ろう

最近の掃除機ってほぼ間違いなく掃除機のヘッドに回転するブラシが付いていますよね。この役割ってなんなんでしょうか。

回転ブラシのヘッド

IMG_4752
ヘッドの中に回転するブラシがあり、床をブラシで叩いてゴミやホコリを取り除きます。主にカーペットなどの繊維の床に対して効果を発揮します。

ノーマルヘッド

IMG_4823
ヘッドの内部にブラシはなく、床に落ちているゴミを吸引するだけのヘッドです。フローリングであればこちらでもOK。

回転ブラシのヘッドの方が、ゴミも良く取れるしカーペットにも使用できて便利です。ただフローリングの掃除であれば、絶対に必要なものではありません。フローリングで床をブラシでこすらないと取れないゴミってそんなにないですしね。

結論

回転ブラシは主にカーペット用。フローリングの掃除なら回転ブラシはなくても大丈夫。

連続使用時間だけじゃなく充電時間も確認しよう

コードレス掃除機の生命線が連続使用時間です。連続使用時間が短いと掃除の途中に充電することになります。

しかし、連続使用時間だけ見ていると落とし穴にはまります。実はメーカーによってフル充電までの充電時間が全然違うんです。

連続使用時間と充電時間の一覧

製品名・型番 メーカー 連続使用時間  充電時間 参考元
FREED (EC-SX200)  SHARP 約8分(強)、約10-20分(自動) 80分 製品HP
FREED2 (EC-SX210) 約8分(強)、約10-30分(自動) 80分 製品HP
RACTIVE Air (EC-A1R) 約8分(強)、約30分(標準) 80分 製品HP
トルネオ (VC-CL300) 東芝 約8分(強)、約8-20分(自動) 300分(5時間) 製品HP
iNSTICK (HC-VXF30P) 三菱 約10分(強)、約20分(自動) 90分 製品HP
Dyson V8 Absolute ダイソン 約40分 300分(5時間) 製品HP
CL141FDRFW マキタ 約20分(強)、約40分(標準) 22分 製品HP

充電時間をみて愕然としました。

東芝のトルネオやダイソンのV8って一回の充電に5時間もかかります。これって致命的ですよね。掃除の途中で充電が切れたら、数時間何もできなくなるということですから。

一方、シャープ製品の充電時間は1時間強、マキタ製品はなんと約20分。万が一掃除中に電池が切れてしまっても、ちょっとの時間で復帰できます。

東芝のトルネオ、ブロアー(送風)機能があっていいな!って思っていたら、こんなところに欠点がありました。トホホ。

結論

連続使用時間だけじゃなく、フル充電までの充電時間も確認しよう。

充電池の取り外しができるのは、実はとてもメリット

え、充電池って取り外すの?って思うかもしれません。でもこれが実は大きなメリットなんです。コードレス掃除機の充電方法は大きく分けて2つあります。

充電池内蔵タイプ

IMG_4763 2
充電池が掃除機本体に内蔵されています。充電時は本体に電源ケーブルを差し込んで充電します。

充電池外付タイプ

IMG_4761
充電池は外付けで取り外すことができます。充電時は専用充電器で充電します。

初めは内蔵でも外付けでもどっちでも良いかな?と思うかもしれませんが、実際に使用する時のことを考えてみましょう。

 外付け充電池は連続使用時間の短さを解決できる

充電池内蔵タイプは充電池の交換ができません。電池が切れたらそれでおしまい。

一方、充電池外付けタイプの場合、充電池をもう一つ買えば単純に連続使用時間は2倍になります。これでコードレス掃除機の短所である連続使用時間の問題は解決されます。

東芝のトルネオは、充電時間が5時間な上に充電池の交換もできないなんて、もう目が当てられませんね。

一方、シャープやマキタのコードレス掃除機は充電池を取り外しできるので、連続使用時間が短いと思ったら、予備の充電池を購入したら即解決です。

充電池内蔵の場合は充電中掃除機を仕舞えない

東芝のトルネオは掃除機本体に電源ケーブルを接続して充電します。クローゼットの中にコンセントなんて中々ありませんから、充電中は掃除機をクローゼットに仕舞えず、5時間部屋に置きっぱなしになります。

頑張って電源ケーブルをクローゼットの扉の下に通して、クローゼット内で充電する方法もありますが・・・ちょっと微妙ですよね。

IMG_4829

取り外し可能な充電池だと専用の充電器に取り付けるだけなので、充電中スペースも取らず便利です。

結論

充電池の取り外しのできるコードレス掃除機を選ぼう。予備の充電池で連続使用時間の延長もできる。

まとめ

以上、まとめると『コードレス掃除機選びでこだわるべきポイント』は以下の5つ。

  • モーターの位置が手元側にある
  • 掃除機のヘッドは小さいものを選ぶ
  • ヘッドの回転ブラシはフローリングでは必須ではない
  • 連続使用時間だけでなく充電時間を確認する
  • 外付け充電池の方が何かと便利

この基準を現在発売されている代表的なコードレス掃除機に当てはめてみます。

製品名・型番 メーカー 判定 コメント 製品ページ
FREED (EC-SX200)  SHARP ✖️ ヘッドが大きいのでNG 製品HP
FREED2 (EC-SX210) ✖️ ヘッドが大きいのでNG 製品HP
RACTIVE Air (EC-A1R) 特に問題なし 製品HP
トルネオ (VC-CL300) 東芝 ✖️ 充電時間が5時間なのでNG 製品HP
iNSTICK (HC-VXF30P) 三菱 特に問題ないが少し重い・・ 製品HP
Dyson V8 Absolute ダイソン ✖️ 充電時間が5時間なのでNG 製品HP
CL141FDRFW マキタ 特に問題なし 製品HP

最終的に以下の2つに絞りました。

RACTIVE Air (SHARP)

RACTIVE Air

(参考元:シャープのホームページ)

CL141FDRFW (マキタ)

CL141FDRFW

(参考元:マキタのホームページ)

どちらもモーター位置は手元側、ヘッドも小さく充電池も外付けです。充電時間も短く実用的です。

この2つを比較すると、ヘッドに回転ブラシがあるRACTIVE Airに軍配があがります。見た目のデザインも良いですしね!

しかし家電量販店で実際に試してみると、RACTIVE Airは強運転時にキィィィィンという不快な音が鳴りました。

この作動音がとても不快だったので、僕は最終的にマキタのコードレス掃除機を選びました。

最終的に選んだマキタのコードレス掃除機

マキタのコードレス掃除機にもたくさん種類があります。工具の専門店 KPTのサイトでよく比較してから自分にあった製品を選びましょう。僕の場合、選ぶ基準はこれだけ。

  • 消耗品を使いたくないので、紙パックではなくカプセル式
  • 電源は、トリガータイプ(トリガーを引いた時だけ電源が入るタイプ)ではなく、指の疲れないON/OFFのスイッチタイプ

価格は2万円ほどでした。

マキタのコードレス掃除機 CL141FDRFW

IMG_4716

届いたダンボールはとても小さく、本当に掃除機が入っているの?というくらい軽かったです。

組み立て

IMG_4781

製品はパーツに分かれて梱包されているので自分で組み立てる必要があります。

まずは電池の装着。一番手元側に重い電池を取り付けます。

IMG_4783 IMG_4785

カチンとスライドさせて取り付けます。

次にフィルターの取り付け。内部の吸引口の部分にフィルターをかぶせます。

IMG_4786 IMG_4788

フィルターを取り付けたら、カバーを取り付けます。

IMG_4791 IMG_4792

カバーは回しながら取り付けます。この状態だとハンドクリーナーです。車の掃除とかにも使えます。

普通の掃除機のようにするには、パイプとヘッドを接続するだけです。

IMG_4799 IMG_4802

これで完成!コードレス掃除機の出来上がりです。

IMG_4804

スイッチはON/OFFタイプ。吸引力は強/弱を選べます。強でも20分持続するので、僕は強しか使っていません。吸引力は十分すぎるほどで足りないとは感じませんでした。

充電器はこちら。

IMG_4825

デザイン性は全くありません(笑)。ザ・工具用って感じの充電器ですね。

充電器を電源と接続し、充電池を取り付けると音が鳴って勝手に充電が始まります。

IMG_4826 IMG_4827

赤色のランプが充電中。充電中は排気のファンの音がずっと鳴っています。

IMG_4829

充電が終わると音が鳴ってお知らせしてくれます。なぜか音を変更できる機能もあります。知らないうちに嫁さんが勝手に変えていました(笑)。

フル充電まで約20分!これはとても良かったです。

唯一の欠点は、ゴミが捨てにくいところです。

IMG_4788

カバーを外すと水色のフィルターに埃がついたままなので、ゴミ捨て作業中に埃が周囲に落ちそうなんですよね。そう考えると紙パック式も良いかもしれませんね。

掃除がとにかく手軽にできます

IMG_4806 IMG_4813

普通の掃除機と比べると劇的に掃除が手軽になります。コードレス掃除機を買ってからは、ちょっとした髪の毛を見かけただけで掃除するようになり、ほぼ毎日使うようになりました。嫁さんも大満足のようです^^

元々持っていた普通の掃除機は使わなくなってしまったので、リサイクルショップに売ってしまいました。

皆さんも良い買い物してくださいね〜。

おしまい。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • マキタのレビュー ありがとうございます。ずっと気になっていたんですよね。
    どうせならインパクトドライバーとセット(バッテリーを合わせたい)で買いたいんですが、電圧なんかで悩んでいました。18vは完全なプロ仕様、とはいえ、12V以下はパワーが。。。 で14.4Vを狙ってました。

    ちなみに我が家では、ルンバさんに頑張ってもらっています。

    ルンバ+マキタで普通の掃除は出来ますね。。。
    (今はほぼルンバのみ)

    コード付きは物件掃除用にしてます。

    • osomatsu70さん、コメントありがとうございます^^

      お家ではルンバが掃除してるんですね!うちは物が多いのでルンバはダメそうです^^;
      マキタのコードレス掃除機、とても良かったですよ。吸引力も十分ですし、掃除機も進化したなぁ〜って感心しました。

      僕も物件掃除はコード付きの安〜いコーナンの掃除機です(笑)。こんどからコードレス掃除機にしようかなーと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)