知れば知るほど面白い、銀行・紙幣の起源。無から価値を生み出す錬金術。

スポンサーリンク

銀行・紙幣の起源って知れば知るほど色々面白いですね。ちょこっとご紹介します。

(※あくまで僕の理解の範囲内のお話です。参考程度にどうぞ。)

物々交換から通貨での取引へ

現在、世界で利用されている紙幣とコイン。昔は物々交換での取引が主流でした。しかし、通貨の考案により取引がスムーズに行えるようになりました。

お弁当を買うのに、

「この牛一頭と交換してくれ!!おつりはそこのテーブルと椅子で!!」

なんて言われても不便ですからね(笑)。大きな商品や日持ちしないモノなんて大変です。そこで編み出されたのが通貨です。まず最初に主流となったのが金貨や銀貨などのコインですね。

物々交換では取引するときは同じ価値(双方納得できるもの)の商品同士で交換しますが、商品の代わりに、実際に価値のある希少な金貨や銀貨などを用いるようになったわけです。

これにより商品を持たなくても取引ができるようになりました。コインってすごく便利ですね。

金貨から『金の預り証』で取引へ

そこから時代が進みます。

人って色々考えるわけです。質の悪い金貨を作ったり、ちょこっと金をすり減らしたり。一般人には金の質なんて分かりませんから困ったもんです。

ということで、金の職人さんに鑑定してもらって金庫番に預けるようになります。その証明として『金の預り証』を発行します。

するとどうでしょう、取引する時にわざわざ金貨を渡さなくても『金の預り証』を渡せば済みますね。

「金貨10枚分の預り証で、家を売ってくれー!」

売り主は受け取った金の預り証を金庫番に持っていけば、いつでも金貨を受け取れるので取引に応じます。

こうして『金の預り証』での取引が始まりました。これが紙幣の起源と言われています。

『金の預り証』の取引が始まるとどうなるか

さて、市場では『金の預り証』での取引が盛んになり、次第に人々の信用を得るようになります。預り証を金庫番に持っていけばいつでも金と交換できますから、価値の裏付けがあると信じられているわけです。

すると、金庫番が預かっていた金は眠ったままになります。

人はすぐに悪いことを考えます。

おや?

金庫番は考えます。

「手元に金がいっぱいある。人々が一斉に引き出しにくることはない。てことは、さらに『金の預り証』を発行しても大丈夫なんじゃないのか?」

こう考えた金庫番は、金を預けていない人にも預り証を発行して利子をつけて貸し出しましました。

これが大当たりで大儲け。だって何もないところから『金の預り証』を発行できるんですから。

なんかずるいですよね。でも初めは誰も気づきません。なぜならみんな『金の預り証』を金に交換しないんですから。

中世のヨーロッパで発達したこのシステム、これが銀行の始まりと言われるもので金庫番をしていた人々は銀行家と呼ばれていました。

持っている金以上に『金の預り証』を発行する。無から価値を生み出しそれを貸し出すことで金利収入を得る。まさに錬金術ですね。

ん、これって詐欺なのでは?(笑)。

知れば知るほど面白い、銀行・紙幣の起源のお話でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)