IR法案、衆議院通過。今後の大阪に期待。

%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%8e%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
スポンサーリンク

IRの推進法案がようやく衆議院を通過しました。残るは参議院、なんとか可決されると良いですね。

(NHK NEWS WEB) 2016/12/06 カジノ含むIR法案 衆議院本会議で可決 民進党など退席

議論が尽くされていないなどの報道もありましたが、大阪では何年も前からIRの誘致活動をしていましたから、ようやくといった印象です。

当時、IRの候補地として大阪の夢洲が有力視されていました。夢洲は大阪のUSJのさらに海側にある埋立地です。

%e5%a4%a2%e6%b4%b2

(ロイター) 2014/05/12 カジノ進出は大阪のみ、米ラッシュが50億ドル投資へ

当時カジノ事業者側が「大阪のみに関心を持っている」「インフラを含めて5000億円投資する準備ができている」とまで言ってくれていました。

そこからいつまで経ってもIR法案が前進しなかったものですから、ビジネスチャンスを逃していないか心配です。

5000億円ってもの凄い額ですよね。本当に大阪にIRが来たら観光がさらに栄えそうです。

もしそうなったら大阪にアパートほしいなぁ。今後人口減少でアパート運営が厳しくなっても、観光が強いところなら民泊転向できそうですしね。

そもそもIRって何?

さてIRって何?って人のために少し解説。

IRとはIntegrated Resortの略でカジノを含む統合型リゾートのことです。

統合型というのは、リゾートの敷地内にホテルやショッピングエリア、国際会議場などいろんな施設が集まっているからです。そしてその敷地のほんの数パーセントの場所にカジノのエリアがあります。

代表的なのがシンガポールのマリーナベイサンズ。一回行ってみたらIRに対するイメージがガラッと変わると思います。

シンガポールのマリーナベイサンズ

僕は去年の5月ごろ旅行で行きました。

img_0241

地下鉄の駅がホテルまで直結してます。今やシンガポールのシンボル的な建物になったこのホテル。

img_0323

見たことないですかね、このホテル。屋上にプールがあります。SMAPがここでCM撮影してましたね。このホテルに宿泊すると屋上のプールに入れます。

img_0269

ホテルからショッピングモールまで地下でつながっています。

img_0267 img_0273

ここでショッピングしたり食事をしたりできます。ショッピングでは高級なお店ばかりで僕には手が出ません。

ホテルのすぐ横に植物園もあります。

img_0318

一見謎な感じのエリアですが(笑)。

img_0320

他にもでっかい国際会議場もありました。とにかく広いスペースにいろんな施設があります。その中の一つがカジノです。

img_0274

ここが生まれて初めて行ったカジノだったのですが、ビクビクしながら入りました。年齢制限があり怖そうな警備員の方に身分証をチェックされます。駅前のパチンコとは大違いです。

カジノではサイコロの賭け事をやってみたのですが、500円賭けたらいきなり4000円になりました。僕はそこでやめてそそくさと退場しました(笑)。

IR法案でカジノカジノと言われていますが、実際は敷地のほとんどがカジノ以外のリゾート施設です。こんなリゾート施設が、大阪の目と鼻の先の場所にできたらその効果はすごいだろうなぁと期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)