読書。『まずは100万円で一等地の空き家を買いなさい』

まずは100万円で一等地の空き家を買いなさい
スポンサーリンク

読書の日記です。名古屋駅の高島屋の本屋さんをブラブラしていたら、加藤ひろゆきさんの新しい本があったので久々に買ってみました。

最近は自分の大家さんスタイルができてしまったからか、不動産関連本はほとんど読まなくなっていました。でも加藤さんの本は過去の著作でも読んでいて面白かったので今回久々に買いました。

まだ一軒も物件を持っていなかった頃に比べて、本に書いてあるような感覚にだいぶ近くなりました。

最初の一年は、できるだけたくさん物件を見て、目を養おう。最初のうちはインターネットで図面を取り寄せていたが、だんだん図面を取り寄せなくてもわかるようになる。見に行く物件も、よほどでないと見に行かなくてもわかるようになる。

自分の物件探しを始めた頃を思い返せば、今だと問い合わせしないような物件を何件も不動産屋さんに問い合わせしていましたね。

今では、これまでに物件視察で現地に何度も行ったため、場所の良し悪しがGoogleMapでわかるようになりました。物件の所在地から「ああ、あそこは雰囲気も悪いし道も狭いし微妙だなぁ」という感じ。

やっていることもまさにこの通りでした。

勤め人が終わってからの夜に物件を検索していた。そして土日は物件を見に行く。物件を買ってからの土日はリフォームをした。

それをバカみたいに繰り返す。それだけだ。

加藤さんの文章はなんかやる気を出させてくれるといいますか、後ろから背中を押してくれるのが良いですね。頑張ろう!という気持ちになります。

今回の本の内容は対談スタイルが多かったですが、皆さん各々いろんなやり方で物件を増やしているようでした。もっと古い一戸建で築40年の物件とかを安く貸し出す感じでしょうか。

それに比べ僕のやり方は平成築と少し若めでちょっと高め(笑)。こういうところに性格が出るんでしょうね。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 最近は戸建に興味が出てきました。
    現在は高止まりしている一棟物件ですが、金融情勢が変わって融資が出にくくなると、
    途端に買える人が少なくなって、売却できなくなります。
    その前に一棟物件は高値で処分して利益確定して、処分しやすい戸建にシフトしていくのも
    ありかも、という考えです。
    今なら利回り7~8%くらいでも売れますからねー。

  • バーダックさん、いつもコメントありがとうございます^^

    住宅ローンの金利も最近は下げ止まって上がりそう、というニュースもちらほら見るようになりました。銀行の融資姿勢が変わると買える人が少なくなりますもんね。

    確かに戸建は処分しやすいですもんね!利回り7~8%で売れるんですか(@ロ@;)

    僕の戸建も12%とかだったら売れるんですかねぇ〜。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)