読書。最後の二行目まで騙される。『イニシエーション・ラブ』

イニシエーション・ラブ
スポンサーリンク

物件探しの傍ら時間があるので色々本を読んでいます。今日も読書の日記です。

人に勧められて読んでみました、イニシエーション・ラブ。

読んでみたら普通の恋愛小説。舞台は昭和の1980年代。電話とかテレホンカードだし、彼女の家に行くのも住所を頼りに探すという、少し昔の設定です。今やったらスマホがあるのになー!!って思っちゃう。

読み進めていくとまぁ普通に面白いかなぁという感じ。



話もフィナーレ、最後の二行目。



ん( ? _ ? )

え?あれ?どういうこと??

急いで前のページを読み返す。



ん?なに?なに?

でも分からない(笑)ネットで調べてようやく理解σ(^_^;)

むむむ、完全に騙されてた(笑)まさかこんな話だったとはΣ(・д・ノ)ノ

という感じになります。

くれぐれも結末は調べず、最後の二行は絶対に見ずに、読んでみてください☆オススメです^ ^

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ふふふ( ̄∀ ̄)これは読んだ人にしかあじわえないのです。笑
    もみのり子さんも是非騙されて下さい(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)